« 牧歌的景色の中で | トップページ | 神秘な景色と花とマキバと »

2011/06/02

ヤマナシの花に会いたくて

Img_7771
さて、気合いを入れてヤマナシの木を見に行こう。
今回最も期待していた樹はこれでヤマナシの木を代表し存在感が有ります。
しっかりと台地に根を下ろし辺りを制し、気高さと気品がみなぎっています。
さらに天狗山・男山を後に控えさせ、折りしも通りかかった赤いトラクターがアクセントを添えた良い一枚が撮れました。願わくば粉塵なのか気象条件か解りませんが抜けが悪い写真です。
※拡大出来ます
それでは続きをお読み下さい

Img_7729
樹の解説は写真で。
最近は樹が弱って保存するのに大変だと聞いています。
Img_7714
他の樹のように全体にこんもり花を付けるのでなく先の方にしか付かないのは老木だからだろうか。
Img_7645
櫻の花にそっくりだと書きましたが形も大きさもそっくり。この様に輪郭がウッスラとピンク掛って居るものと真っ白なのと種類があるようですが遠眼からも全体の色が真っ白に見える樹とややピンク掛って見える違いが解りました。
※拡大出来ます
Img_7838
トラクターとヤマナシの木。運転しているのは日本人ですが手作業や単純作業をして居る人は何所の農場も外国人でした。
Img_7904
電波天文台直横の公園にも樹は有りました。この樹は咲き始めです。
Img_7859
野辺山に来れば此所は外せません。ポッポ牛乳です。
ジャージー牛乳にソフトクリームのトッピングを注文しました。味が濃くてウマカッター!
Img_7865
売店の隣にはお馴染みの光景が・・・

ホテルに行く途中にもヤマナシの木は有ります。
Img_8070
満開です。
農地は雑草が生えないようにビニールで覆ってしまうようです。そして何を植えたのだろうか?
Img_8024
樹の幹はガッシリとして固そうに見えます。
Img_8075
さて、ホテルに到着しました。「八ヶ岳高原ロッジ」は唐松の林に囲まれた瀟洒なリゾートホテルで泊まるのは久しぶりです。
平日でお客さんも少なく静かです。
Hanagoyomi_1
二食税サ込み一人16,000円の最低のプランで泊まっていますので期待はしませんが、紫陽花と名付けらた献立。一の膳~三の膳・甘味と運ばれて来てとびきり美味い訳では有りませんが充分満足。量もこれで充分です。
食後妻は星を見る会に参加。静かに夜は更けて行きました。
つづく
今日の〆の一枚は海ノ口地区の一角にあるヤマナシの木と八ヶ岳。
※拡大出来ます

Img_8408

« 牧歌的景色の中で | トップページ | 神秘な景色と花とマキバと »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725919

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマナシの花に会いたくて:

« 牧歌的景色の中で | トップページ | 神秘な景色と花とマキバと »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ