« 回転寿司に行った、、、 | トップページ | ラーメンと温泉と鰻で静養 テストブログⅡ »

2011/07/19

伊豆半島花&てくもぐウォークに参加した。

Img_8743
実は震災で5月2回6月1回がキャンセルに成って今シーズン初めての「てくもぐ」です。
「しろばんば」の里を巡る天城温泉郷ウォーク と名づけられスタートは伊豆市役所天城湯ヶ島支所で麦茶のサービスを受けて出発。

Img_8754
成就院に合掌し公民館を横に見ながら通過すると湯ヶ島の温泉街に。ハタと気がついた。昨日(8日)東海地方は梅雨明けしたのですが此所で初めて蝉の声を聞いた。例年だと梅雨開け前に蝉が鳴くのに今年はオカシイ。
Img_8759
「湯道」の石像が有ります。この辺りは曾て村人が共同温泉に行く道が繋がっていたのだそうです。
Img_8763
今日9日はうだるような暑さですが狩野川の涼しげな流れにホッとします。
Img_8769
「落合楼村上」です。ヒッソリとした佇まいに伝統と落ち着きを感じます。
Img_8774
此所にも湯道の案内があります。
Img_8787
「出合い橋の女橋」に到着。こんな場所があるとは今の今まで知りませんでした。
Img_8789
続いて男橋です。
Img_8796
狩野川に掛かる吊り橋です。一帯は散策コースに成っていて真夏に涼を求めて歩くにはもってこいの場所です。
Img_8799
農業用水路の横は湯道で、農作業を終えて温泉に向かう村人の姿が想像出来ます。
井上靖の小説「しろばんば」にも共同浴場が出て来ます。
この辺りから頭上を遮るものが無く容赦なく日が照りつけます。
Img_8804
落合楼正面まで来ました。一世を風靡した老舗旅館も倒産し別会社が「落合」の名の下に営業を続けています。
Img_8808
「弘道寺」です。
ハリスが江戸に向かう途中泊まった寺だそうです。
この後あまりの暑さに農業用水を頭から被ったり顔を洗ったりしながらウォーキングを続けました。
Img_8810
おもてなし開場に到着。麦茶・よく冷えた水・梅ジュースの接待。
Img_8819
地元特産のトコロテン(写真)や白いご飯にこれ又特産の山葵を目の前ですり下ろしてご飯に乗せ、冷えた胡瓜に山葵味噌や山葵漬け等々至れり尽くせり。
長野地区の皆様本当に有難う御座います。
Img_8831
勿論、今頂いた物や地元特産品は横で売られております。我が家は根山葵を買ってきました。これで素麺を食べれば美味さ100倍。
さて、人心地尽きました。出発しよう。
Img_8847
茅葺きの古民家が有りました。道案内をしていた少年に聞いて見ると今は住んでいないそうです
が大事に保存しているとの事。
Img_8861
目指す棚田が見えてきました。彼方に見えるは天城山か?
Img_8930
井上靖も見たであろう「荒原の棚田」です。日本の棚田百選に選ばれ風景写真のメッカとしても愛されています。
今日のコース最高地点です。此所からは要所を見ながらゴールに向かいます。
Img_8957
棚田の先に古民家が有り今日のベストポイント。
※拡大出来ます
Img_8974
「しろばんばの文学碑」まで来ました。公園に成っていて井上靖直筆の文字が刻まれた石碑があり目の前の旧下田街道はしろばんば通りと名付けられて居ました。
Img_8995
ゴールしました。とても良いコースでしたが暑い一日でした。欲を言えば田植え直後か収穫の頃なら涼しく歩けただろうと思いました。
Img_9001
役所の半分は東京ラスクの工場と店舗に成って居て無料でコーヒーが飲め試食もふんだんに有り、品物も買えます。店の外に「無料カフェ」と書いてあった謎が解けました。テクモグ参加者は10%割引で買えます。

役所の横で持って来た弁当を食べ向かったのは温泉。
Img_9008
「あやめ湯」
長岡温泉のど真ん中にある温泉です。
P1000002
早朝と午後も1時からと言うのが嬉しいし入浴料300円というのがさらに嬉しい。
休憩室もあるらしい。
P1000003
温泉は無色無臭。小さな脱衣所の奥が湯槽で湯口からコンコンと流れ込んでいる源泉掛け流しの小さな共同温泉です。
湯はすごく熱い(長岡周辺は何所も皆熱い)。
コース良し・接待良し・温泉良し の大満足ウォーキングでした。

参考タイム
伊豆市役所天城湯ヶ島支所9:05→成就院9:19→出合い橋9:35→吊り橋9:42→弘道寺9:54→おもてなし開場(長野多目的集会場)10:28→荒原の棚田10:59→しろばんば文学碑11:50→ゴール12:18(東京ラスク) コース距離約10km

« 回転寿司に行った、、、 | トップページ | ラーメンと温泉と鰻で静養 テストブログⅡ »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52725901

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆半島花&てくもぐウォークに参加した。:

« 回転寿司に行った、、、 | トップページ | ラーメンと温泉と鰻で静養 テストブログⅡ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ