« 霊峰 白山 に登る | トップページ | アア夏休み »

2011/08/29

霊峰白山 Ⅱ

3時10分に眼が覚めてトイレに行くと満点の星。身支度をし、誰と誰が行くのかハッキリしないまま数名が固まりと成って適当に出発する。
途中まで登ると下から「ド~ン・ドンドンドンドンド~ン」と太鼓の音が聞こえた。自分のヘッドランプの明かりを頼りに数珠つなぎになって登る。
Img_9953
頂上の御前峰2,702.2mに着いた。ヘッドランプの明かりでこの写真を撮った。眼下には幾つかの池が確認出来た。

Img_9955
一際明るく輝く所から朝日が昇るのだろうか?
Img_9979_2
槍と穗高が目の前に見える。(トリミング)
Img_9994_2
続く稜線に見えるのは乗鞍。(トリミング)
Img_9996_2
可成り遠方に御嶽山。どれもが赤い空にシルエットになって浮かび上がって見えるのは何とも神々しい。(トリミングして拡大)
今や遅しと日の出の瞬間を待って居ると後で大きな声がした。
Img_0011
最上部に神主さんが立って「皆様お早う御座います」の挨拶と共に神々の宿る聖なる山白山のご神体やイワレ等様々な事を丁寧に説明し、登山者は有り難く拝聴した。
Img_0046
どうやら日の出の時刻です。「皆様一斉に万歳三唱しましょう!」と神主さんの音頭で万歳三唱。不思議な事に霊験あらたかな気持ちになりました。
Img_0100
白山奥宮にお参りして下山する事にしました。
Img_0112
室堂センターと室堂平。周辺に残る雪渓。彼方に白山の御神山の仲間 別山が見えます。
※拡大出来ます
Img_0122
室堂に戻ると稜線から朝日が昇る所でした。ご来光を此所で見る人は今ご来光です。
Img_0130
朝飯前の登頂でしたので6時朝食です。決められたおかずです。食後ポカリを1ポン買ったら300円だった。
Img_0144
クロユリが咲いていると聞きお花畑を散策しました。
Img_0190
群生しています。すごい数が広がって居ました。
Img_0167
ハクサンフウロも乱れ咲きです。
Img_0178
コバイケソウの咲き乱れる先に別山も見えます。建物は室堂センター。
※拡大出来ます
Img_0211
白山に別れを告げる時間です。サア下山しよう。
※拡大出来ます
Img_0236
昨日は雨の中を歩いた弥陀ヶ原が見えてきました。
Img_0239
弥陀ヶ原の中程を歩いて居ます。前方に別山が綺麗に見えます。周りは花*花*花
※拡大出来ます
Img_0242
ハクサンフウロの大群落が広がって居ます。
Img_0245
黒ボコ岩に到着。遠方に別山。昨日の雨とは大違い。足取りも軽い。
今日は此所から観光新道を下ります。
Img_0251
別山を仰ぎ見ながら軽快に下る。
Img_0257
ミヤマダイモンジソウ
Img_0262
タカネマツムシソウ 大輪です。
Img_0269
見渡す限りお花畑とはこの事です。手前に有るのはノリクラアザミかも知れません。
Img_0272
花に見とれて先に進みません。
Img_0275
百花繚乱とはこの事ぞ!女性達のお喋りは果てしなく続きます。
Img_0280
ハクサンシャジンも有りました。今回は花博士が同行して居ますから有り難いですね。次々教えてもらえます。
Img_0284
お花畑の先には殿ヶ池避難小屋が見えてきました。花を見たり写真を撮っているとだんだん隊列がばらけてきます。
Img_0302
タカネナデシコが咲いて居ます。大輪です。
Img_0323
避難小屋の先に岩ゴロの痩せた尾根が見えます。面白そうなコースです。この時間帯は次々に登山者とすれ違います。このコースを登るのはさぞ大変な事でしょう。頑張れ~。
Img_0335
花に満足し景色に満足した隊員のにこやかな顔顔顔。
Img_0353
気がつけばお花畑も終わり景色が変わってくる。
Img_0356
白山禅定道分岐から見た景色で、右の端辺りがゴールかな?と思ってからが長かった~。疲れが出たのか転んだ。転ぶと一挙に体力が無くなる。足が吊って歩くのが大変になった女性メンバーと焦らずユックリ下山を続けた。後方では男性一人が思うように歩けなくなって難儀して居ると情報が入る。
Img_0365
バスの待つ別当出合に到着した。お茶もポカリも飲みきって空だった。水道の水を頭から被って上半身も水浸しのタオルで拭いた。それを見ていた女性メンバー「男性はそれが出来て羨ましい」と言われた。高山植物をたっぷり楽しめたし、事故も怪我もなく全員下山して良かった。
P1000003
温泉は「白峰温泉総湯」
P1000002
ヌルッとしたアルカリの強い好みの温泉だった。
誰だ?間違えて女性更衣室に入ってしまったのは?エ!支部長?バツとして永久に支部長を命ずる!!

温泉周辺の建物に特徴があった。分厚い土蔵作りに板張り。背も高くとても大きい家が並んでいた。

かくして地元では遠足で登るとも言われている白山は侮れない大変な山である事を再認識したのでした。

参考タイム
室堂センター出発3:50→山頂到着4:25(ご来光)下山開始5:13→室堂5:40 下山7:25→弥陀ヶ原7:45→黒ボコ岩7:51→殿ヶ池避難小屋8:43→白山禅定道分岐9:57→別当出合い11:38

« 霊峰 白山 に登る | トップページ | アア夏休み »

山とトレッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

朝焼けに染まる空、雲海、神々しい風景ですね。
この御来光を見たら登山にきっとはまるのでしょうね。
御嶽山、すぐにわかりました。雲の上から望む御嶽山、一生見ることのない出来ないであろう
御嶽山の風景を拝見でき、嬉しいです。ありがとうございました。^^
貴重な高山植物にお花畑も見れて、良かったです。
タカネマツムシソウと言うことは固有種ですか?マツムシソウは京都では絶滅してしまった花だそうです、、、、^^;
お天気にも恵まれ美しい景色、最高の登山でしたね。

ニャン様
ご来光も綺麗に染まる日にぶつかるのはなかなか難しいのでしょうね。
御嶽山は登りたいのですが誘っても山小屋泊まりは嫌がる人ばかりで未だに実現しないんです、、、、
ドンピシャの花の時期で本当に良かったです。
タカネとか御山と付くのが多いですね。僕はあまり深く考えず単純に「高山型」と考えています。大輪だけど背が小さかったり、花が小さいけど背が高かったり、その環境に適合してきたんだろうと思います。
何時も有難う御座います。

よし坊さまのレベルになると、山の名前が先にわかっている、その上で その山の写真を写していらっしゃるのですよね。
私など、数え切れないほど とりあえず写して、帰宅してから必死で山の名前を探すものですから、それはそれは大変で、しかも失敗も多く。

花の名前も同じで、非常に労力を要します。(笑)

それにしても下山しながらの撮影をこれほどきれいに、こなされるとは、、、、 
なにもかにも自分にはできないことばかり、、、、、、、尊敬します。

ご無沙汰をしています。
よし坊さんの身の回りにもいろいろな事件が?あり、大変でしたね!
私たちも ただいま仮住まい中で落ち着きません
パソコンも、12月に新居に入ったら買い換えるつもりでいます。

白山、私たちも行ってきました、(年金者・やまびこ15名)8月2~4日、
ゆとりの2泊3日の山行でした。
帰りに「くろぼこ岩」で雨がひどくなり、観光新道をあきらめました。

ずっとブログは読ませてもらっていますが、なかなかコメントが書けません。
これからも楽しみにしています。

 晴れて良かったですね~。
 ご来光の神々しいこと。
 小屋泊まりをしない私には見ることのできない光景です。
 ありがとうございます。
 クロユリ咲いてましたね。
 ハクサンシャジンのかわいらしさも忘れられません。
 花が一番良い時期にドンピシャですばらしかったですね。
 白山のお花畑はほんとうに見事!
 再び見ることができて幸せです。
 観光新道を下り始めたところでカメラのフィルムが終わってしまって写真がありません。
 見せていただいて完結した気分です。
 白峰温泉のぬるぬる感もとても印象に残っています。
 山良し、温泉良し。
 白山はいいですよね。
 

shinmama様
とんでも無い、山の名前も位置関係もなかなか覚えられません。ましてや花の名前は種類が多すぎて何度教えてもらっても直ぐ忘れて終いますww
shinmama様のように写しておいて後から調べる様な熱心さも有りません。いい加減人生です、、、

我は凡人様
お久しぶりです。アレ?仮住まい?初耳です。我が家と同じで色々お有りのようですね。お会いした時積もる話でもしましょう。
似たような時白山に登ったんですね。しかも二泊。リッチクラブは羨ましいです。新しいお家で新しいPCに成ったら以前のようにブログ再開して下さい。楽しみにお待ちします。

うつきよう様
やっぱり山は晴れて居ないと駄目ですね。お陰様で堪能出来ました。
クロユリがあんなに広範囲に咲いて居るとは夢にも思いませんでした。夜露に濡れて可憐に咲いていました。女性からプレゼントされたいものです。
おっしゃる通り山良し、温泉良しですね。

山好きの父に連れられて白山には何度か登りました
お花畑がきれいで 山ってどこもこんなものかと思っていたので
大人になって他の山にいくつか登って その違いにびっくりしました
修験道みたいなひとがほら貝を吹いている山には未だ出会いません(笑)

実家は見渡すばかりの水田と遠くに連なる山々しか見えない田舎ですが
青い白山連峰をみるとやはりホッとします
よし坊さんの写真から若かりし日の父の姿なども思い出し嬉しかったです
いつも素敵な風景をありがとうございます

コンバンハ!!!
まず立山と同じ地名(弥陀ヶ原・室堂など)があるとは知らなかったので 『えっ!?』 でした。
以前から白山はとても大変な山だと聞いていたので、よし坊さんが八ヶ岳に続いて間をおかず行ってこられた事に驚きました。若さに “お見事!!!” です。

まだ自家用車で乗鞍スカイラインが通れた頃、畳平で日の出を見ました。雲がだんだん赤く染まっていきダイヤモンドの輝きが見えたときは感動しました。

また秋の山景色を待っています。あ~~、楽しみだなあ(^o^)

りるさんコンニチハ。

心配しておりましたよ!長い事ブログが閉まっていて。何事も無ければ良いんですがね。
ご幼少の頃白山に登って居たんですか!良いですね。
福井、富山、石川、の人達から見れば白山と立山は静岡の富士山と同じ様な存在ですもんね。
そして、水田の先に連山を拝する景色の中で育ったとは羨ましいです。

ごくらくとんぼ様
無事のお帰り先ずはお目出度う御座います。アット言うまでしたね。暫くノンビリして下さい。
確かに地名でこんがらがります。神が宿る山は同じような地形と名前が付くのでしょうかね。
自家用車で乗鞍に行かれた頃が懐かしいですね。好きな所に車を駐めて花や景色が堪能出来ました。
今は規制と登山者が多すぎるし、熊だクマだと騒ぎすぎ、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/52554697

この記事へのトラックバック一覧です: 霊峰白山 Ⅱ:

« 霊峰 白山 に登る | トップページ | アア夏休み »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ