« 紅葉のアルゴンキン 1 | トップページ | 紅葉のアルゴンキン 3 »

2011/10/24

紅葉のアルゴンキン 2

ハードウッド ルックアウトトレイルの巻

キラニーロッジには電話がない。昨夜ツアコンのSさんに各部屋モーニングノックをしてもらうようにお願いして就寝した。ハッと気がつくと7時15分。6時半のノックはドウナッテンダ~。
大急ぎで顔を洗いカヌー乗り場に向かう。何故なら7時からカヌーの講習会があるからだ。
Img_2041
時すでに遅く講習済みの面々がカヌーを操って沖に出ていた。
それでは続きを読むをクリックして下さい。

ツアコンのSさんと同部屋のH嬢は大遅刻でノコノコとやって来た。ナニ?2時間の時差を修正するのを忘れた?ドジコン添乗員顛末記という本を読んだ事を思い出す。が、決してドジコンとは言いませんからご安心を。ただし、この話で旅の終わりまで笑えるね(^_-)-☆
Img_2064
朝見るとメインダイニングは森の中に囲まれた瀟洒な建物だ。朝食も美味しかった。朝から前菜・主食・デザートと続く。体重管理が大変だ。
Img_2076
今日の天気予報が出ていた。曇りで雨も降る?オイオイオイ、、、
Img_2103
トレイルヘッドに付いた。ゴウケさんがルートの説明をしている。
Img_2106
オ~ッと。いきなり始まったアルゴンキンカラーだよ!
※拡大出来ます
Img_2124
珍しくもありませんがキツツキの突いた跡。
Img_2145
紅葉の中にドップリと浸かって歩く。
Img_2148
苔むした樹にメープルが。。。
Img_2170
最初のビューポイントに到着。湖があってこその景観だ。
※拡大出来ます
Img_2171
各国の人達と共有するも良い。
Img_2184
トレールが続く。
Img_2194
初心者コースらしく様々な人が歩く。
Img_2199
まるでメープル街道。
Img_2205
どうやら一周回ってきたようだ。
初めは青い丸が目印で帰りは白丸が目印と教わる。
Img_2216
駐車場に到着した。休憩など全て含めて1時間。景色を楽しむに人にはちょうど良いかもしれないが歩くのが目的の人には短すぎ。
Img_2226
ロッジに戻る途中眼にした水上飛行機。遭難者などが出ると此所から飛び立つのだそうだ。
Img_2242
この地に魅せられ絵を描き続けたトムトムソンの絵があるミュージアムや
Img_2278
カヌーで奥まで入る人達の出発点に立ち寄った。世界各国語が飛び交っていた。

昼食の為ロッジに戻った。
Img_3811
ロッジのほぼ中心
Img_2900
オフィス兼メインダイニング。
Img_3956
ダイニング
Img_3914
メニューは毎日変わる。何を頼んでも美味かったがボリュームたっぷり。
Img_2876
ダイニングに隣接する厨房と事務所のようだ。
Img_2067
ダイニング横から談話室・ショップに行ける。
Img_3892
談話室 ソフトドリンクは自由に飲める。
Img_3898
プロショップ 
Dscn3790
と言っても地元作家の作品を主に売られていて、一般的なお土産はない。
Img_3794
敷地内に点在するコテージ風建物
Img_3805
ボートハウス。
Img_2953
ライフジャケットと櫓が置いてあり宿泊客は自由に持ち出す事が出来る。
Img_2957
ボートハウスにはジュースや炭酸水・水等が置いてあり部屋番号と名前を書いて持ち出せる。最終日払おうとしたら「いりません」と言われた。
Img_3799
どんなゲームをするのだろうか?2レーン?有った。
Img_2907
湖上から見た自分の泊まった部屋。
Img_3736
近づいて見た部屋専用のカヌーと建物。
Img_3757
ベランダからトゥーリバース湖を見る。
Img_3751
部屋はキングサイズのワンベットルームだったが男一人がはみ出したのでシングルユースに成った。様々なタイプの部屋が有るらしい。
部屋にはTVも電話もない。どこからともなく吉幾三の歌が聞こえてきそうだ♪TVも無い 電話もない 携帯電話も通じない オラこんな部屋イヤダ〜オラこんな部屋イヤダ〜♪と。でもこれが良いんです。雑念を振り払い自然に生きる事の大切さを再確認する為には。

昼食後はトレッキング午後の部に続く。

つづく

« 紅葉のアルゴンキン 1 | トップページ | 紅葉のアルゴンキン 3 »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

鳥の声が聞こえない。というのは不思議ですね。
と言うことは、静寂そのものの世界なんでしょうね。^^
今日のブログを拝見しながら私は夢の世界に迷い込んだかのような気になりました。
これだけの大自然があるのですから数日であればテレビも電話も必要としませんね。
ベランダから湖を眺めているだけで、時間があっという間に過ぎていきそうです。
メイプルの真っ赤な紅葉が美しいです。
カヌー残念でしたね、、、、^^; そっか!海外へ行くと時差があるんだ!
ツアコンさんもベテランでしょうに・・・そんな事もあるんですね、、、、、、、、、。

コンニチハ!!!

おしゃれなロッジでうっとりしました。それも一人で・・・・・・・・いいなぁ・・・・・・。
至れり尽くせりなようで、湖を見たり森を散策したり本を読んだりで一週間くらいのんびりしたいですね、体重増は覚悟の上で(^O^) 
前夜のスペアーリブは本当においしそうです。

曇っていたんですね。晴れていたらもっと鮮やかな紅葉景色だったんでしょうがしっとり感がある紅葉も趣があって良いと思います。

ニャン様
朝、鳥の鳴き声で眼が覚めれば如何にも大自然のまっただ中と感じますが朝も昼も全然という訳ではありませんが不思議と聞こえなかったんです。
ベランダでロッキングチェアーに座り本を読んでいる人をカヌーで沖に出た時見かけました。日本人はそれがなかなか出来ないんですよね。セカセカ動き廻っちゃうんです。私もそうですが、、、、

真っ赤はまだまだ続きます。

ごくらくとんぼ様
昨年に続き今回もシングルユースでした。運が良いです。
しっかり食べて運動もしないで居たら太りたい人には天国ですね。
痩せたい人は大変だ!
実は天気予報が良い方に良い方に外れていって良かったんですよ!
この所お天気男になりました。
脳味噌だけは相変わらずノオ天気です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/53029419

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉のアルゴンキン 2:

« 紅葉のアルゴンキン 1 | トップページ | 紅葉のアルゴンキン 3 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ