« 紅葉のアルゴンキン 4 | トップページ | カナディアンロッキーの黄葉とアルゴンキンのカエデの紅葉を訪ねて 結び »

2011/11/01

さようなら アルゴンキン

ナイアガラオンザレイクへ の巻

キラニーロッジを後に6時間掛けてナイアガラオンザレイクに移動する。
Img_3976
途中G8が行われたハンツビルに立ち寄る。
それでは続きを読むをクリックして下さい。

Img_3988
そこにはトムトムソンの絵が飾られて居たが本物ではない。
G8各国首相がそれぞれの色の絵の具の付いた絵筆を持ちペイントした絵だ。因みにこの時の日本の首相は菅直人。
彼の筆は薄い黄土色で絵の左に飾られて居る。本職が後から加筆して居るんでしょうね、、、
Img_4007
ライオンズルックアウトと書かれた小高い丘に登り紅葉が始まった街並みを見る。生憎の雨だった。
Img_4037
こじんまりとした綺麗な街だった。
途中食い放題の中華で昼食。
『ナニを考えているのだ』今回の旅で唯一非常に腹の立つ出来事だった。これでもかこれでもかと過食を続けていたのにさらに食い放題の店をチョイスするとは。マア味は良かったのが救いだ。
Img_4047
ナイアガラオンザレイクに到着。
ピラーアンド・ポスト が今宵の宿。
Img_4173
レンガの壁や板をふんだんに使ったクラシカルなホテルで伝統があるらしい。
Img_4209
五つ星だ!
Img_4210
エリザベス女王も泊まっているらしい。
Img_4062
街の散策に出かけた。写真のホテルがこの街で最も良いホテルだそうだ。観光馬車が止まっていた。
Img_4085
小さな街ですがとても落ち着いた良い街だ。
Img_4090
こんな可愛らしい店もあった。
Img_4182
ホテルの二階がメインダイニング。
ホテルは缶詰工場を利用して有るそうでこの日も美味しい食事だった。
Img_4224
部屋に戻るとナント“ターンダウン”がしてあった。
照明が落とされ音楽が流れバラの花が添えられ良い香りが漂う。ベッドカバーは外されシーツを折り返しカーテンが閉まり・・・ウ~ン 幸せ・・・何年ぶりに味わっただろうか?そお言えば最近してくれるホテルが無くなってしまった、、、

が、しかし、真夜中1時30分突然モーニングコールが鳴って起こされてしまった。ドウナッテンダ!仕方無く自分の携帯電話でセットし眠り直した。
明日はナイアガラ観光に向かう
※ナイアガラに泊まらずにナイアガラオンザレイクに泊まるとは旅行社もなかなかやるじゃないか。良いチョイスだ。
しかし山が目的だよ、こんな贅沢な旅をしていて良いのかい?

つづく


« 紅葉のアルゴンキン 4 | トップページ | カナディアンロッキーの黄葉とアルゴンキンのカエデの紅葉を訪ねて 結び »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

町の雰囲気も落ち着いていて素敵ですね。
そしてクラシカルなホテル、重厚でステキ、五つ星 豪華ですねぇー。^^
テレビでクラシカルなホテルばかりを紹介している番組を時々見ては
いいなぁ~とため息を付いていますが、今日も ため息 です。^^
話は変わりますが、アルバム徐々に更新されていますね。
幾つか、拝見させていただきました。
富士山、どのお写真も美しく、静岡県にお住まいのよし坊様が羨ましいです。
アルバムの完成も楽しみにしております。

クラシカルなホテルは落ち着いて良いですね。アメリカンはチャラチャラしてどうも落ち着きません。

アルバムはその通りでして、ただ今再構築中です。
大変な量の中から拾い出すのでそれだけでも大変です。
昔のことは何だったか?固有名詞も出て来ませんし特に国内はごちゃごちゃで頭の中が整理付きません。

このブログだけ拝見すると、山歩きのツアーではなく 「超リッチな観光ツアー 」だと思うでしょうね。
そして逆目線で考えて、「山小屋に泊るばかりが 山歩きのツアーではない」と教えていただきました。

大山に登って、宿坊で精進料理、、、それでも体重が増えて 「なんでやねん」と思っている私には よし坊様のツアーは危険すぎます。(笑)

写真はとてもクリアーで、それぞれの雰囲気をうまく表現した 暖色、寒色の使い分け、、、すごいです。

shinmama様
大山登山の疲れは取れましたか?

特にターンダウンは癒される上に心に残るリッチ度を提供してもらいました。
山ツアーなのにロイヤルロードグレードのようでした。

色とは直接関係ないのですが外国に行くと必ず国旗が掲揚されています。
日本は何故無いのだ?
議事堂すら立っていない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/53102945

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら アルゴンキン:

« 紅葉のアルゴンキン 4 | トップページ | カナディアンロッキーの黄葉とアルゴンキンのカエデの紅葉を訪ねて 結び »