« 万葉の小径と伊東八景・松川湖ウォーキング | トップページ | 清掃登山で日本平へ »

2011/12/16

紅葉狩りとはこの事か!

9p7t9555
 11月28日琵琶湖の湖北に有る「鶏足寺」に紅葉狩りに行く。
今期初めて紅葉狩りと言う語彙を使うに相応しいそれはそれは見事な紅葉に巡り会えた。
※拡大出来ます
それでは続きをお読み下さい。

 AM5時に家を出て上郷SAでゆっくり時間を掛けて朝食。北陸道木之本インターで高速を下り臨時駐車場に駐める。
9p7t9406
先ずは興志漏神社にお参りするのですが早速出迎えてくれた見事な紅葉。
9p7t9435
神社から農道と散策道が繋がり両脇には薬草畑が有る。
9p7t9440
畑の横には薬草・農産物等を売る小屋掛けが有った。
9p7t9442
茶畑の横を通り暫く歩くと前方が真っ赤に染まって居る。
9p7t9451
鶏足寺参道です。赤や黄色に染まった見事なトンネルで、息を呑むほどの美しさです。
参道に落ちた赤い葉は大勢に踏まれ泥まみれ、上も下も真っ赤な写真は撮れませんでしたが9時15分だというのに既にアマチュアカメラマンが大挙して押しかけていました。
※拡大出来ます
9p7t9461
真っ直ぐな道が繋がり
9p7t9466
更に上がって行くと
9p7t9477
鶏足寺が見える。
9p7t9496
振り返って見る。
聞きしに勝る見事な紅葉でブログ繋がりで教えてもらって本当に良かったと思う。
9p7t9511
落ち葉が踏み固められない一郭があった。
9p7t9516
去りがたい気持ちも有るが隣接する石道寺に向かう。
9p7t9529
「石道寺」です。
9p7t9534
斜前から撮りましたが既に観光バスの団体も来て更に賑やかになりました。
9p7t9547
彩り見事な紅葉です。
9p7t9571
辺りには茶園と言うより茶畑と言った方が良さそうですが手入れというか管理の仕方の違う茶畑が有りました。イワレを読むと薬の木として茶の木を植えたとの事でした。
9p7t9586
再び鶏足寺境内に戻った。ドンヨリと曇ったこの日、陽が当たればもう少しマシな色が出るだろうと思うと残念で成らない。
9p7t9596
入口まで戻った。ちょっとした棚田の様な風景も又良い。

365号線を通るこの界隈はいたる所で“江”フィーバー。
9p7t96599p7t9662
イベントや旗がやたら目に付く。
そして、三つ目に向かったのは
9p7t9645_2
京極家墓所「清瀧寺徳願院」です。浅井三姉妹次女「初」の夫19代高次の墓も有りナント檀家はなく京極家だけを守っているのだそうです。
※拡大出来ます
9p7t9636
境内には三重の塔が有りました。
9p7t9641
この写真の左奥が墓所です。

長浜紅葉三名刹巡りでしたが丁度お昼。逆さに廻れば鯖寿司の すし慶 に寄れたのにと思いましたが後の祭り。高速道路のSAで食事。
P1000004
その日は名古屋で一泊。名古屋コーチン・天むす・煮込みうどん・松阪牛に赤福と食べたり買ったりの大車輪で帰静しました。

« 万葉の小径と伊東八景・松川湖ウォーキング | トップページ | 清掃登山で日本平へ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

お見事!本当に美しいです!
いずれのお寺さんも行ったことがありません、、、、、。
滋賀県も奥が深いことを改めて知りました。これは是非是非、来年行かなくては・・・。
それにしても何と言う美しさなのでしょう。何度拝見しても「綺麗!美しい!」の他に
言葉が見つかりませんね。^^
今日は木之元は雪が降っていて木之元から北陸は高速道路が速度制限です。
京都も小雪が舞いました。
今年、私がこの目で見た紅葉より はるかに美しく、この秋一番の紅葉をありがとうございました。^^

ニャン様
アリャリャ・・・まだ行かなかったですか?
ブログとメール繋がりの数人から教えてもらったんですがその内の一人だとばかり思って居りました。
ここ10年ほどの間に急に知れ渡ったらしいです。
謡曲 紅葉狩り♪堪えず紅葉靑苔の地♪を思わず口ずさみながら写真を撮っておりました。
来年は是非行ってみて下さい。
京都は雪でしたか! 寒いですね。

 どの木も年月が経った古い木ですね。
 拝見しているだけで、
 清々しい気持ちになります。
 今年は赤系の色づきがパッとしなかったので、
 こんな素晴らしいモミジにはお目にかかれて嬉しいです。
 すっかり冬枯れの裸木に囲まれてしまっているので、
 目を見張る美しさに感動です。

うつきよう様
未だにあの美しい色に覆われた様を思い出します。綺麗でした。
確かに今年の紅葉は長続きしましたが綺麗な色が出ませんでしたね。
中途半端のまま枯れてしまいました。
今カワセミフィールドでは落ち葉がもの凄い量川に落ちて流れて行きます。
流れ流れて海が汚されるのではないかと心配に成るほどです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉狩りとはこの事か!:

« 万葉の小径と伊東八景・松川湖ウォーキング | トップページ | 清掃登山で日本平へ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。