« フ〜ン?? | トップページ | 温泉と思わぬ落とし穴 »

2012/01/19

矢倉山

 妻にとっては2010年7月以来の山。
その時は矢倉岳(870m)。見事な富士山が見えた。今回登るのは矢倉山311mだ。
運動不足解消と言うより温泉が目当て。
Img_5869
居太和里の湯の隣にある島田のゴミ焼却場脇に駐車場と登り口がある。
全くのアウトローな山で誰にも会わないはずだしクマにでも会ったら大変とクマ鈴を付けて歩き出す。


Img_5878
登山道は良く整備されていた。しかし鳥の鳴き声が全く聞こえてこないのが不思議だ。
Img_5890
緩い登りを汗をかくほどもなく峠に到着。
バラの丘公園から来た道・伊太から来た道と合流する。
Img_5896
竹藪を抜けると右に富士山の見える所が有る。残念、今日は見えなかった。
Img_5898
直ぐ先は頂上。こじんまりしているが綺麗に手が入っている。。地元の有志が日頃から整備してくれているのだ。ご苦労様です。マムシ注意と有った。この季節には出てこないだろうけど止めてくれよ〜!!
Img_5900
頂上には展望が無いが30m南に展望台が有る。
誰にも合わないと思って居たのに地元の登山者が一人いた。
Img_5905
真南に島田の街とさらに先には静岡空港。その又先には御前崎方面が見える。
Img_5910
南西方向に第二東名が見えその先に粟ヶ岳が見える。
バナナを食べながら眺望を楽しんでいると更に二人が来た。
さて、下山しようかと思って居ると更に二人。この二人水も持たずに登ってきた。
何を言いたいのかというと、それ程簡単な山というか日々のウォーキングーコースのようだった。
Img_5935
下山は下りばかりなのに同じような時間が掛かって焼却場迄戻った。
焼却場の駐車場の先に居太和里の湯の建物と千葉山が見えて居る。
登る人もいないだろうと思って居た山が地元の人に愛され登られて居る事が解った。

※この焼却場は震災がれきの受け入れを表明している。地元伊田地区の人は風評被害その他で強く反対している。健康や農産物・林業等地元の人にとっては受け入れがたい気持ちは良く理解出来る。島田市長の受け入れ表明に拍手もしたい。
何とも複雑な思いで見守っている今日この頃です。

つづく

参考タイム
焼却場10:09→峠10:26→頂上10:38 出発10:57→焼却所11:25

« フ〜ン?? | トップページ | 温泉と思わぬ落とし穴 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

 緊張の高い山も良いですが、
 のんびり里山歩きも良いですよね。
 うちのような山奥とも思えませんが、
 熊、いるんですか?

 コダックが経営破綻したそうですね。
 ひと時代の終わりを感じますが、
 写真のお好きなよし坊様も
 感慨がおありなのでは? 

うつきよう様
最近はチョットした里山でも見かけた情報が有り怖いですね。
ポラロイドカメラが欲しいのですが貧乏で買えなかった悔しい思いでが有ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/53766052

この記事へのトラックバック一覧です: 矢倉山:

« フ〜ン?? | トップページ | 温泉と思わぬ落とし穴 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ