« 写真展と しぞーかおでん | トップページ | 大室山 山焼き »

2012/02/17

大室山 山焼きウォーク

Img_6076
 2月12日、てくもぐウォークに参加する。
今回は伊豆急行線開業50周年記念で駅からハイキング共同開催とのこと。
冒頭写真は“さくらの里”。

Img_6033
伊豆高原駅で受付を済ませ サア出発だ。
Img_6046
伊豆高原桜並木が続く。さくらトンネルですっかり有名になったが今は靜か。
Img_6052
一汗かくとホテル伊豆高原に到着。大室山の全容が姿を現し参加者はそれぞれの思いで容姿を眺め一休み。
※拡大出来ます
Img_6063
上り下りを繰り返す。ミカンの木が有り持ち主が「一人一個なら取って良い」と言うので食べてみた。酸っぱかったが水分補給になった。
Img_6067
ふり返ると曾て登った矢筈山が見える。
Img_6070
大室山裏手(西側)の さくらの里に到着。
Img_6073
正面に大室山が構える一郭に陣取り、昼食を食べながら山焼きの始まるのを待つ。
11時半には式典が始まっているはずですがこちらからは見えない。待つ間の寒さは堪えた。
Img_6100
花火が鳴り稜線に白い煙が見える。
すると、ザ〜ともジャ〜とも形容のしがたい音が聞こえてくる。と同時に稜線にコロナのような火が見えた。
Img_6166
正面にも点火された。
【詳しい山焼きの様子と写真は次のブログで】
Img_6202
火は瞬く間に燃え上がっていった。
Img_6214
再びウォーキングに戻る。
Img_6229
山中の道を抜けると長閑な風景に出くわす。“十足(とおたり)の田園風景”と解説がある。
Img_6238_2
伊豆の瞳と呼ばれる一碧湖を半周廻ると
Img_6243
ゴールのおもてなし会場。
Img_6254
おもてなしはお汁粉とお茶。美味しくてお代わりをしてしまったが妻は甘すぎと言っている。
バスで伊東駅までこのイベントに組まれた臨時便に乗る。
Img_6279
温泉は伊東の「あらいのゆ」。
1月の時と同じく総入れ墨が居た。温泉と歓楽街、それに競輪がある伊東では当たり前なのかと思うが気持ち良くはない、、、
Img_6283
伊豆半島西海岸まで走る。内浦は夕闇迫り靜かで綺麗な景色だった。
Img_6288
海岸の脇、三津三叉路の角に立つ「やまや」で夕食。此所は旅館と食堂の兼業だ。
Img_6307
妻の大好物はナマコ。姿を想像してしまいどうしても食べられない私ですが綺麗に盛りつけられていて思わず一切れ食べてみた。美味いとは思わないが食べられる。妻はニコニコしながらビールのツマミにしている。
Img_6312
伊勢海老の定食は刺身でなく焼いてもらった。あまりにも小さな伊勢海老でガッカリしたが美味かった。
Img_6316
妻の頼んだ白子の天麩羅定食。白子は美味いがコロモが厚すぎてせっかくの食材が台無しだった。
この店は海鮮料理の種類と値段も安く気楽に食べるにはもってこいの店ですが居酒屋風で雰囲気はお世辞にも良いとは言えない。

山焼・ウォーキングー・温泉・食事と楽しんだ一日でした。
山焼き編に続く。

参考資料  伊豆高原駅9:40→ホテル伊豆高原10:20→さくらの里11:10 休憩と山焼き1時間15分 →十足1:10→一碧湖1:32 距離11km


« 写真展と しぞーかおでん | トップページ | 大室山 山焼き »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

お久で~~す。
よし坊家のように長距離なら良いのですが私はいま往復30分の距離を速足で歩いてきました。今日は少しランニングを入れてみました。息が切れます(+_+) ハア・ハア・・・・・・

桜トンネルはまだまだですね。私は明日、河津桜に行ってきます。今年はまだ見頃ではないようなので桜餅を食してきます。

ごくらくとんぼ様
ハイ今日は!
続けて居るようで安心しました。健康の元は歩く事ですから。
この所私は一日おきを止めて毎日1時間歩いて居ます。
河津桜ね、去年行かなかったので今年は行こうかと話しています。
いってらっしゃい(^^)/~~~

歩かれた後のお汁粉はさぞや美味しかった事と思います。^^
私も近頃、甘いものをよく食べるようになりました。
西海岸の夕景の美しさにしばし、うっとりです。本当に綺麗ですね。
ナマコとても美味しそうです。男性は苦手な方が多いと聞きますが本当のようですね。
夫は苦手ですが、私もナマコは大好きです。
でも、このナマコ。人類初めて食された方はすごいと思います。^^;
「山焼き編」がとても楽しみです。

ニャン様
お忙しいのに何時も有難う御座います。
出かけておりまして今帰ってきました。反映が遅れまして申し訳御座いませんでした。
さて、お汁粉ですが甘党の僕がメチャクチャ甘いと思ったくらいですから辛党はお代わりなんてもってのほか。
でも、ウマカッタ〜!
同じように思います、初めて食べた人間の勇気。凄いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/53988551

この記事へのトラックバック一覧です: 大室山 山焼きウォーク :

« 写真展と しぞーかおでん | トップページ | 大室山 山焼き »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ