« ジュビロ戦とパルチャンクラブ | トップページ | 花水木 »

2012/04/30

銀水荘

P4210023 曾ての同業者仲間と稲取の「銀水荘」に行く。
団体旅行華やかなりし頃一世を風靡した旅館など面白くも可笑しくもないと反対したのですが幹事の独断で決められてしまった、、、


P4210001 浜松組・静岡組・沼津組それぞれが車二台に相乗りし先ず向かったのは韮山の「三つ割菊」。
以前このブログにも出しました。高橋蕎麦打ち名人の 翁 で修行した店のご主人。 
P4210003 焼き味噌 中のブツブツは何だ?と言っているヤツがいる。こんな事言うやつと一緒に来ていると思うとヤン成っちゃうよ、、、

もりそば (メニューは もり・田舎・焼き味噌だけ)を食べた。今日は翁で食すよりヤヤ腰が柔らかく感じた。一言くらい感想を言えよこいつら!!と思ってしまうP4210006
幹事でもない俺がソバ屋に案内したり、その後東京ラスクに連れて行ったりと忙しい忙しい。幹事が峰温泉に行く予定というのでその前に「新町の大そてつ」を見せる幹事そっちのけの大車輪だ。
P4210010
樹齢千年以上 昭和五十六年には昭和天皇皇后両陛下がご鑑賞されている。
P4210017
幹事の計画で峰温泉の大噴湯公園に寄る。3月4日にテクモグで来たばかりだが・・・
そして向かったのは銀水荘。7人参加で6人は現役。しかし驚いた事に6人とも組合を脱会して居た。高い組合費を払っていられないのが理由。その一方で「君ら良いよな〜 今回の費用は会社の経費か〜、俺は無収入の上に全額小遣いで払わなくてはならない・・・」
夕食・朝食とも食事処。温かい物は温かく、冷たい物は冷たくと神経を使って出している。
個人客に来てもらおうと懸命の努力をしている事が随所に感じられた。ロビーは全面禁煙でソファーも小グループで座れる様に小分けされている。禁煙フロアーも多い。
帰りには車一台一台丁寧に窓ガラスを拭いてくれた。痛いほど個人客を大事にする気持ちが表れていた。しかし、部屋数の少ない高級宿では洗車してくれる所もあるからなぁ〜、、、

稲取の朝市に寄ってから伊東の道の駅に行く。
P4220041
カジキ を釣った人がいて釣り人の名前と215kgと書かれていた。
P4220044
さて、熱海まで来た。熱海の三大別荘の一つと言われている「起雲閣」。別荘から旅館に成り更に廃業して今は市の所有と成った。
P1000001
館内とお庭を見た。旅館の時代には山本有三・志賀直哉・谷崎潤一郎・太宰治・船橋聖一・武田泰淳などの文豪達に愛されたそうです。
考えるに今旅館を開業すればお客は来ると思うのだが・・・・・
P1000005 さて、その文豪達が好んで通い食べたビーフシチューを食べようと向かったのはスコット。
トロトロによく煮込まれたビーフシチューだった。

さて、次の幹事は「エ?俺?」


« ジュビロ戦とパルチャンクラブ | トップページ | 花水木 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

広島にある 高橋名人の道場で お蕎麦を なんどか食べたことがあります。

やったあ、
初めて よし坊様のブログに出てきた お店との共通点がありました。

あとはメモメモするのみ、、、。なーーーにも知りませんでした。

 稲取銀水荘 には団体旅行華やかなりし時代が通り過ぎ、個人客にシフトし始めたころに行きました。
 夕食に出たアワビが、今まで食べた中で5本の指に入るほど大きかったのが、未だに鮮明な記憶です。
 昨年か一昨年前、露天風呂付きのお部屋が新たにできたそうで、更なる個人客の獲得に期待しているようです。

 なんとか個人客へシフトできたところはいいですが、
 団体用にとにかく広い部屋ばかり作ってしまった宿は、どこも苦戦続きのようですね。
 当地近くの 別所温泉 などは、地形的に大きな旅館を建てられず、低迷していた時期がありましたが、それが幸いし、今ではこぢんまりした温泉としてそれなりの人気が出ているようです。
 なにが功を奏すかわかりませんね。

shinmama様
高橋名人が翁にいた頃は1時間や二時間待ちは当たり前でした。固いばかりで美味くないと言う人も居ますが僕は好きです。
当たり前の人はそろそろ寝ようかと思う時間に起きて蕎麦を引き出す毎日と聞き本格的なソバ屋は大変だ!と思ったものです。

うつきよう様
今回も鮑が出ました。それも二種類。
昔、杏の花見に行き別所温泉の花屋に泊まりました。宿は勿論温泉も良く混浴も二つありましたね。ニャン様が行かれた時は混浴が無くなっていたとは一寸ガッカリですぅ、、、

嘗てのご同業者のお仲間とご旅行、今も交流がおありでよし坊様の人柄の良さが伺えます。^^
しかも次回は幹事ですか?ご苦労様です。
お蕎麦もさることながら焼き味噌の美味しそうな事。香ばしくって好きです。
銀水荘、宿泊したことはありませんが、鮑のお料理が二種類とは羨ましいです。
はい。花屋さん混浴が無くなって私も一寸ガッカリです、、、、、^^;


ニャン様
各種団体も辞め廃業もすると人との付き合いが無くなりボケが早く来ても困りますので誘ってくれる物が有れば何でも付き合ってみようと思って居ります。
花屋の離れは又泊まりたい宿の一つですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/54571748

この記事へのトラックバック一覧です: 銀水荘:

« ジュビロ戦とパルチャンクラブ | トップページ | 花水木 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ