« 岩岳山 | トップページ | ペット検査 »

2012/05/30

コアジサシ

Akb40034
川鵜が休んでいる杭の先に水しぶきが二つ。
何かな〜

コアジサシがダイビングして魚を取っています。
コマ続きの連写です。
Akb40073

Akb40074

Akb40075
翡翠を撮っている反対側の池で繰り広げられていました。
しかし遠〜〜〜くて、、、220ヤードぐらい有りそうです。
Koajisasi1
思い切りトリミングしていますがレンズ(428)のお陰でなんとか見られる。

« 岩岳山 | トップページ | ペット検査 »

」カテゴリの記事

コメント

鳥初心者の私にもコアジサシはわかります。
なーんて偉そうに書きましたが、テレビで以前、浜名湖大橋の浜辺に毎年 渡ってくる
コアジサシを見たことがあるからです。^^;
うん? テレビで放映してたのはアジサシ?いや!コアジサシ??
コアジサシとアジサシは別の種類ですか??お恥ずかしい、、、、、(><)
コアジサシ 水しぶきをあげ 結構ダイナミックな動きをするんですね。
これは なかなか 興味深く面白いです。^^

ニャン様
アジサシも同じ仲間でしょうね。
海で群れて居る所を見る事が多いようですが真水の魚も取るんですね。
僕も詳しい事は知りません。
翡翠より格段と大きいですから見つければ撮れると思いますよ。

先日 釣りに行ったときに、 釣り糸を垂れて ぼけーーーーーっとしていると
真っ黒い「鵜」が 潜って 魚をくわえて上がってきて
また潜って 魚をくわえて上がってきて、、、
私の釣り糸は ピクリとも動かないのに、、、。
「鵜飼い」が なぜ行われるようになったのか 理解できた気がしました。(笑)
翡翠 も 鵜 も そして「コアジサシ」も みんな釣りのプロですね。

shinmama様
鵜は厄介者でして、あらいざらい飲み込んでしまい魚が取り尽くされてしまいます。
しかも大量に飲み込んだ時は重さで飛び上がる事が出来なくなります。
そうすると飲んだ魚を吐き出して身を軽くしてから飛ぶんです。
困り者ですよ!!
鵜飼いに使われる鵜は海鵜で(なぜ海鵜を使うのか知らないですが)川や湖で見かけるのは川鵜です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/54819208

この記事へのトラックバック一覧です: コアジサシ:

« 岩岳山 | トップページ | ペット検査 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ