« 北海道はデッカイドー 帯広から富良野編 | トップページ | 北海道はデッカイドー 美瑛編その2 »

2012/07/02

北海道はデッカイドー 美瑛編その1

Akb40745
 すっきり綺麗とは言えないが晴れた!
今日はコマーシャルに使われた樹や丘の風景をノンビリと楽しもう。
と言っても今回で4回目。同じ所ばかりと言う無かれ。何度来ても良いし訪れる季節が変われば景色も変わる。それよりなにより雄大な丘の風景にドップリ浸かっていれば気分が癒される。
写真はパッチワークの丘と十勝岳連峰の雄大な景色。
※拡大できます

 

Akb40328
 先ず向かったのは日の出公園。
花は殆ど咲いていないが丘の上から上富良野の街を見下ろした。
広大なラベンダー畑も有るがまったく咲いていない。
Akb40370
かんのファームも花はこれから。
Akb40372
今を盛りと咲いていたのはルピナス。
此所にかぎらず富良野・美瑛の到る所でルピナスが咲いていた。いずれ厄介者に成ってしまうのか?
Akb40378
美瑛駅前通り。綺麗に整備され一直線に伸びた先には丘の風景があった。
Akb40381
美瑛の駅も新しくなったようだ。
目的は駅前の四季の情報館に寄り観光地図とカラー印刷された「あこがれの景色と過ごす休日」をもらうのだ。これはとても重宝した。
Akb40391
丁度 のろっこ号が停車していた。
Akb40413
ぜるぶの丘
あれッ?中心にあるシンボルの木が枯れているようだ。
※拡大できます
Akb40423
ケンとメリーの木 
ケンメリのコマーシャルを見てスカイラインGTに乗るのが夢の時代も有ったな〜
※拡大できます
Akb40451
この周辺からは幾ら見ても見飽きない景色がつづく
Akb40453
セブンスターの木 
平日ですが観光客も多く大声でワメク隣国人も、、、雰囲気が台無しだ、、、それと通路のど真ん中を我が物顔でふさぐな!!
※拡大できます
Akb40472
何所を見ても絵に成る。
Akb40484
親子の木 
子供の木が来る度に生長して大きくなっている。
※拡大できます
Img_0015
Img_5198_2
2003年8月 / 2008年7月 の親子の樹
Akb40505
マイルドセブンの丘 とナマコ林。
※拡大できます
Akb40569
通称パッチワークの道に相応しい景色が続く。
※拡大できます
Akb40581
パフィーの木 
は初めて来た。標識もなく見つけにくかった。尋ねた価値はあった。
※拡大できます
Akb40591 昼食は道の駅で麺類を食す。
せっかく来ているのだからこの地の食材をふんだんに使った料理を食べれば良いのですがあえて食べないのは魂胆がある。
Akb40596
北西の丘展望台 ラベンダーが咲けば見応えがありますが今は、、、
Akb40605
チョット離れたところに見える ザワザワ村(黄土色の壁)はペンションで、全室離れ。丘の真ん中に立つ絶好のロケージョンなのですが夕食が付かない。
此所にも泊まってみたかったのですが妻に却下されました。(拡大した写真で写真は悪い)
Akb40628
見飽きない丘の風景はまだまだ続きます。
Akb40664
ケンメリにソックリの木が有りました。
Akb40724
ジェットコースターの路  は何所までも続く一直線で上り下りを繰り返す。見渡す景色は得も言われぬ快感。
Akb40823
フラワーランド  はバスが沢山来ていたが観光客が見あたらない。どうやらJTB専用の花の温室があるらしく其方に行っていると推察できる。
Akb40842
「せっかく来たんだから」と妻の一声で、今回来るつもりのなかったファーム富田に来た。綺麗に咲いていた。
Akb40872
来序でにファーム富田経営の ラベンダーイーストへ。一面のラベンダー畑は見事な苗が広がっていた(泣)
Akb40908
宿に戻った。心底味わった今日の景色。締めくくるのに相応しい夕日が沈んでいった。
食事内容は連泊用のメニューだった。
Akb40516
末尾に丘の景色を一枚貼り付けます。
※拡大できます

つづく

« 北海道はデッカイドー 帯広から富良野編 | トップページ | 北海道はデッカイドー 美瑛編その2 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

そのとお~りです。良い場所は何度いっても行った甲斐があると思えるんですよね。^^
四季折々、または同じ月日に同じ場所を訪れても 何か変化があり目を楽しませてくれます。
今回、載せられていた親子の木の成長もそのひとつですよね。
成長を見続けると余計に愛着というか、親しみを感じますね。
それにしても美瑛の丘は美しいです。
素晴らしい写真の数々、美瑛の魅力を満喫させていただきました。
「美瑛編その1」ということは、まだ、まだ、美瑛の魅力を拝見できると言うことですね。
嬉しいです。^^

良い、良い!!!やっぱり美瑛・富良野はいつ見てもいいなあ。青空もあるじゃないですか。

私はしばらく前の7月終わりにもこの地を訪れたことがあります。日の出公園で満開のラベンダーが咲いていたのにもかかわらず遮るものが無くて暑くて暑くてグロッキーだったことを思い出しました。

ルビナスは北海道らしくて好きなんですがニュージーランド同様邪魔者になるのでしょうか。きれいですよねぇ。

ゆっくりこの景色を楽しめていいですねぇ~~~ああ、羨ましいィ~~~。


北海道のどこで コメントさせていただこうかと狙っておりましたが、
もう辛抱たまりません。(笑)

同じ場所でも 冬の景色と全く異なるので、違う場所のようですが、
空気の澄んだ、この広大さは 同じですね。

ニャン様
自分にとって他に変えられない物や場所が有ると思うのですが正に美瑛はそのもの、気に入って移り住んでしまう人が多いのもうなずけます。
そして美しい景色を写真で発信し続ける人も居ます。
美瑛にはそんな人を引きつける所ですね。

ごくらくとんぼ様
良いでしょう! 
美瑛に魅せられた一人に これでもかっ! と見せつけられると、行かなくちゃ!と 思うでしょうね。気持ちはよく解ります。
改めて写真を見ると2008年にはルピナスが随所で咲いていました。それどころか最近は家の近くでも育てている人が増えました。綺麗で良いんですよね。

shinmama様
引っ越しの整理は順調ですか?我が家も何回もしたので苦労はよく解ります。そのたびに開かず終いの段ボールが増えますぅ、、、
広いです北海道。車で走ってみるとよく解ります。でも現地の人は高速使わないんだよね。使っても使わなくても時間は同じだと言うんです。

よし坊さま こんにちは
これはこれは、やはり美瑛、景色は素晴らしいですね。観光客が多いのもわかります。
それにしてもこんなに天気のいいときに行くことができるなんて、日頃の行いが良い上に、4回目のリピーターへのサービスのような気がしてなりません。

続きも楽しみにしております。

メディア様
これはこれはお久しぶりです。 お元気でしたか?
RXRのブログが無くなって皆さんそれぞれに新たなブログを開設したようですね。
私は一部の人に毎日毎週殆ど占領されてしまった感があってUPする気に成らなくなり疎遠に成ってしまいました。
URLがココログのようなので心強く思います。宜しくお願いいたします。

 見事ですね~。
 同じようで、みんな違う丘と空の表情ですものね。
 ケンメリを知らない世代も増えたでしょうね。 私はまっただ中でした!
 北海道へ行ったとき、
 ハンドルを握っているツレアイが、
 「80出してるけど、みんな遠ざかって行くもんな~。 一般国道なんだけどな~」と呟いていました。
 「北海道の高速はクマしか走っていない」と言って問題になった議員さんがいましたけど、
 思わず納得してしまいました。
 遥かな丘はまだ続くのですね。
 楽しみです。

うつきよう様
見ても見ても見飽きない丘の景色にとりこに成って居ます。
ケンメリや愛のスカイラインの話をすれば歳が解るんですね・・・ウ〜〜ン。
マッチのマーチは貴方の街にマッチする!位の話にしておけば良いんだ。次からこの手で行こう。

信号はないし一直線だし車も少ないし高速通る必要が確かに無いような気もします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/55078417

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道はデッカイドー 美瑛編その1:

« 北海道はデッカイドー 帯広から富良野編 | トップページ | 北海道はデッカイドー 美瑛編その2 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ