« 北海道はデッカイドー 美瑛編その1 | トップページ | 北海道はダッカイドー 美瑛を後に編 »

2012/07/04

北海道はデッカイドー 美瑛編その2

Akb40957
 今日は午前中お天気も良さそうですので美馬牛からパノラマロード方面を重点的に回ります。
先ず初めはクリスマスツリーの木。
この樹、前回は良い写真が撮れなかったが今回はマズマズ。
※拡大できます

Akb40936
チェックアウト後広い駐車場で見たのは駐まって居るレンタカーばかり。
Akb40939
先ずは美馬牛小学校 

事業中で静かでした。
Akb40978_2
新栄の丘に近づくと写真ポイントの赤い屋根の家が見える。
Akb40990
新栄の丘は360度遮るものがない。レストランや喫茶店のような建物が来る度に増えているのがチョット残念。
Akb41005
赤羽の丘を探しながら走るもとうとう見つからず 聖台ダムで一息つく。
Akb41019
沢の村方面 は観光客も来なく小高い大地が続き遠く美瑛や富良野方面が見える景色を独り占めした。
Akb41047
白金 青い池 
火山砂防工事のため堰堤を建設した所、水が溜まり青い池が出現したとの事。アルミニュウムを含んだ水に太陽光が反射して輝きを増しているそうで、美瑛の奥深い所に怪しいまでに神秘の輝きを放ち、湖面には幻想的に写り出された朽ち果てた樹が趣を増幅している。
※拡大できます Akb41056
美沢地区 は道も一直線ですが畑も一直線。何所までも続き先が見えない。
Akb41077
哲学の木 
小首をかしげ、考え事をしているように見えるこの樹は展望の良い所にあり特に気に入っているし有難い事に今回も上天気の写真が撮れた。
※拡大できます

美瑛駅前まで戻り昼食。そばを食べた。ポテトや玉葱料理はガンとして食べずに我慢した。
Akb41093
赤い屋根の家
目の前まで回ってきた。もう少し変化のある色のパッチワークが見たかったのにチョット残念。
※拡大できます
Akb41113
パノラマロード周辺は見応えのある景色が連続する。
Akb41149
車を駐めてボーッとして居るのも良い。
Akb41175
干し草をひっくり返すのも大がかりでトラクターがウナリを上げている。
もう少し近づいて欲しかったのに離れて行ってしまった、、、
Akb41185
拓真館 唸るほど・溜息が出るほど見事な写真が展示販売されている。
隣国人静かにしろ!五月蠅い。静かに観賞したいんだよ!
Akb41242
麦と赤い屋根とナマコ林 良いな〜 拓真館周辺も飽きない景色が続く。
Akb41303
四季彩の丘 
花も多かったけど最盛期に比べれば五分の一ほど。此所でも隣国が・・・お前達の常識は非常識なんだよウルセー!!
Akb41319
入園は無料ですが有料でトラクターが引く台車に乗り一周できる。
実は今日駐まるペンションオーナーの経営。
Akb41358_2
赤い屋根の農作業小屋の風景
此所には何時もだとごった返すアマチュア写真家が今日は誰も居ない。もう少しすっきり晴れてくれれば良いのですが、、、
※拡大できます
Akb41435
ナマコ林に農機具置き場かな?
Akb41455
4時過ぎ今宵の宿「ファームペンションウイズユー」に到着。
Akb41458_2
小高い丘の上に建つこのペンションのオーナーは農場主。美瑛一見晴らしの良い場所で居ながらにして雄大な景色を堪能できる事で有名。四季彩の丘のオーナーでも有る。冬はスノーモービルの人達も泊まりこの一帯を走り回るそうだ。気分良いだろうな〜!
Akb41467
ダイニングから見える景色に惚れ惚れする。
※拡大できます Akb41473_2
ベットの部屋を要求しておいた。お世辞にも広くて良い部屋とは言えないが部屋からの景色は抜群。
美瑛の大地と十勝連峰がド〜〜〜ンと広がっている。
※拡大できます

美瑛に三連泊してこの景色に浸かりながらノンビリと丘めぐりをしたかったのですが前後が修学旅行生で満室。この日一日だけが取れたのだ。
そんなこんなで期待は大きく、景色とジャガイモや玉葱それにみずみずしいキャベツ等の食材をふんだんに使った料理の数々が出るに違いないと想像できる。
なんと言っても【ファームペンション】と冠の付く農場主のペンションですから。
ホクホクのポテトのグラタン・玉葱のソテーなんぞはシンプルだけど甘くてとろけそうで・・・
と期待は膨らむばかりだ。
Akb41499
そんな事を想像しながら景色を見ながら食事を待った。

食事ですよ〜

待ってました!!

Akb41486

 ・・・・・・・・・・

 

言葉を失うとはこの事か・・・・

冷え切った小さなコロッケと、いつ料理したか解らないほどのアスパラは付いていますが・・・・

他に出てくるに違いない・・・・

エ?あと味噌汁だけ・・・・

良いんだよ!ホクホクのジャガイモが具の・・・・

入ってないよ・・・・

御飯はビシャビシャで、、、

せめて食後のデザートは農場で取れた あま〜いトウモロコシが・・・・

出ないのね、、、

ウ〜〜(涙)、、、

ポテトグラタンも玉葱料理も我慢してこの日の為に食べずに来たのに何たる事か、、、

明日の御飯もビシャビシャだろうと想像しながら寝た、締めくくりが最悪の一日が終わった。

つづく

 

« 北海道はデッカイドー 美瑛編その1 | トップページ | 北海道はダッカイドー 美瑛を後に編 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コンバンハ!!!
ごめんなさい、笑っちゃ悪いけれど笑っちゃいます。せっかくこの時のために他で食べるのをやめて満を持して臨んだのにねぇ~。期待が大きかっただけに私もがっかりしました。わたしん家は今、毎日ホクホクのジャガイモ攻めですよ。

『青い池』 は今美瑛で一番行きたいところです。以前白金温泉に泊まった時は『青い池』の存在を知らなかったので見過ごしてしまいました。

新栄の丘では亡き姉が風になっていますから来年あたり又行こうと思っています。

よし坊さま こんにちは
お食事の惨状に、もう、なんと申し上げてよいやら、です。
もしかしたら、修学旅行の谷間だったということもあって、食材調達の関係もあって夕食も修学旅行と同じものだった、ということなのでしょうか・・・
でもたとえそうだとしたって、大人には大人用を出すべきですよね。
わざわざその宿を選んだというのに・・・
我がことのように怒り、悲しくなってしまいました。

私のブログはたいしたことは書いておりませんが、
気が向いたときにお越しくださいませ。

 え~~っ!・・・!
 期待度ふくらんで、ふくらんで、待ってましたのに!
 ホクホクのポテトグラタンに、甘い玉葱ソテーはどこに・・・
 ジェットコースターみたいですね。 気持ちの落ち方が。

 素晴らしい景色こそが最高のごちそうでしたね。
 と申し上げるほか、言葉がありません・・・

 それにしても、ダイニングも吹き抜けで、お洒落な空間ですのに、
 似合わないお料理ですね。

 お写真の、空の分量、地面の分量、畑や丘の線の取り込み方。
 建物や立ち木の入れ方、などなど
 勉強なりました。
 ありがとうございました。

 さて、食事のリベンジなったのでしょうか?
 続きを楽しみに待ちます。

ごくらくとんぼ様
よく考えてみれば「こんな料理が出るはずだ」と勝手に決めつけていたんですね。
でもやっぱり納得しないな〜「ファームペンション」なんて冠を付けるなよ!!
さて、青い池は以前に行った時は無かったですね。最近の「るるぶ」で知りました。横を流れている川を見るとやっぱり青かったですよ。
新栄の丘・・・360度そんな風がどこからも吹いてきますよ。思い出話をしに行って下さい。

メディア様
度々ありがとうございます。
修学旅行の谷間だからとは考えにくいです。
料金が料金ですから景色代だと思って諦めますが農場主経営とは思えません。
さて、メディア様のURLにアクセスしても「rxr-media.cocolog-nifty.com:80以上の領域Protectedにログインが必要です と出て名前とパスワードを要求してきます。
何回か挑戦しているのですがどうしても入って行けないのです、、、

うつきよう様
そうですよ、素材が良ければ玉葱のソテーなんかシンプルだけど最高に美味しいと思うんですよ。
建物と立地条件、それに景色は良かっただすよ!!景色代でした。
風呂は2畳ほどのポリバスでした。想像ですが和室の方が大きいかも知れません。
写真は天気次第で大きく変わりますから難しいですね。

うむ、これが 今回の旅行の オチだとしたら 笑えますが
ちょっと悲しいですね。

お料理を前にして 目が点になったよし坊様ご夫妻を想像すると、、、
やっぱり 笑えます。(失礼しました)

それにしても 3Dのような 奥行きのある見事な写真ばかり。
どこかに応募しましょう、、、うん、絶対応募してください。

これぞ、北海道!これぞ 美瑛!という雄大なお写真の連続に魅せられました。
以前にも書いたかもしれませんが、美瑛は真冬に立ち寄った程度。
美しい写真を拝見しながら、これは絶対に雪のない季節に行かなくっちゃ!と思いました。
小首を傾げたような哲学の木、開田高原のコナラを思い出しました。^^
「青い池」神秘的で美しいですね。自然が見せてくれる風景は時として想像をはるかに超えますね。
ダイニングからの風景、素晴らしいの一言につきますね。料理への期待も倍増!
ホクホクのじゃがいも、あま~い玉ねぎにトウモロコシ、そりゃー期待しますよね。
この場所だから味わえる旬の味だったはずなのに、、、、悔しいと言うか、腹が立つというか、
泣くに泣けませんね、、、残念、、、、、、。

shinmama様
笑って下さい、、、笑って下さい、、、
勝手に決めつけた私が悪いのですぅ、、、
思い出したくない旅行先の宿ベスト1ですね。
写真は拓真館の写真を見ると自分の写真がなんとお粗末な事かと思い知らされます。

ニャン様
想像を遙かに超えた規模の広さと美しさのある丘の風景は命の洗濯にもってこいの場所だと思います。
青い池は綺麗でした。観光客も多かったです。
ペンションは昼間コーヒー飲みに寄っても閉まっていて入れないんですよ。4時以降でなければ開かないんです。泊まってみて色々解りました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/55104027

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道はデッカイドー 美瑛編その2:

« 北海道はデッカイドー 美瑛編その1 | トップページ | 北海道はダッカイドー 美瑛を後に編 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ