« 宝永山 | トップページ | 立山 Ⅱ »

2012/08/13

立山 Ⅰ

Img_7485
 日本三大霊山の一つ「立山」に登る。

静岡を6時出発52号線・中央道・長野道・豊科・糸魚川・立山 と、グルッと左回りして室堂に到着。
今回の参加者は18名。男性8名女性10名だ。

 

Img_7473
最近使うバス会社を変えている。この会社は台数も多く交渉次第で値段も変わるし急な頼みも聞いてくれる。

室堂は観光客も多いがこの時季は登山者も多い。
幸い天気もまずまずで上々の滑り出しだ。
Img_7494
室堂周辺は高山植物が満開。早速出迎えてくれた「チングルマ」
Img_7497
雄山から真砂岳・別山方面は稜線が雲に隠識別できない。
一ノ越山荘までは石畳の道が続くようだ。
Img_7503_2
残雪が有る。サクサクと踏みしめながら歩く。
Img_7519
振り返って室堂方面を見る。残雪が非常に多い。
地獄谷温泉の噴煙が見える。
Img_7520
乗っ越しが目の前に見えてきた。残雪の上で遊んでいる登山者が多い。
Img_7544
標高2,700mに建つ「一ノ越山荘」に到着。
Img_7558
乗っ越しまで来ると後立山連峰を見る事が出来る。
Img_7564
部屋が割り当てられこの部屋を4人で使う事が出来た。トップシーズンにしては恵まれていた。
風呂はないが水は豊富のようだ。
P1000002_2   夕食です。ご飯のお代わりは出来るが不味かった。
明日の天気は悪くなってくるらしい。
早い行動に越した事は無さそうだ。

参考タイム 室堂2:50→一ノ越山荘3:58

つづく

« 宝永山 | トップページ | 立山 Ⅱ »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
登山三昧の夏ですね。雲がかかってはいますが残雪の山々が美しいです。
高山植物も満開、チングルマ可憐で綺麗ですね。
今年の5月「雪の大谷」を見に行く計画でしたが父の病気で断念でした。
まだ、立山には行った事がないんですぅ、、、、、^^;

 8月のこの時期は、どこも高山植物が最盛期の、良い時期ですね。
 それにしても残雪多いですね。
 私も夏に行きましたが、こんなに無かったです。
 長野のニュースによると、アルプスも今年は残雪が多いそうですから、
 立山も同様なんですね。
 一ノ越山荘にお泊りだったんですね。
 欧米の山小屋に比べると(比べちゃいけませんが)日本の小屋はね・・・
 なにせ「避難小屋」ですから。
 お仲間だけで一部屋使えるのは良かったですね。トップシーズンにしては、おっしゃる通り上出来ですね。
 雄山往復ですか? 縦走して室堂へ?
 続きを拝見することにいたします。

ニャン様
登山者も多かったですが良い季節でした。そして、なんといっても涼しかったです。
残念だったのは夕焼け。日本の絶景の一つの室堂からの夕焼けが見られなかった事です。
ニャン様も室堂のホテルに泊まり夕焼けを見て翌日は雄山往復に挑戦して下さい。
初心者コースですから大丈夫ですよ。

よう様
高山植物は沢山ありました。花に興味のある人は花の写真ばかり撮って居て登山が遅々として進まなかったかも知れません。
一ノ越山荘を色々調べてみると夕・朝食とも何時も同じメニューのようですね。
富士ノ折立から雷鳥沢に下りる予定だったのですが山小屋で「道が荒れていて危険だから下りない方が良い」とアドバイスがあり止めました。

コンバンハ!!!
スイスアルプスが素晴らしくて感激しましたが日本の山もとても良いですね。ハイマツと雪のコラボがなんとも安らぎます。
ずっと前、立山から扇沢まで通り抜けましたが乗り換えがとても忙しかったです。その時は雪がもっと汚れていたような気がします。風景を思い出させていただきました。ありがとうございました。

ごくらくとんぼ様
日本の高山も良いですね。手間暇掛けて行かないと辿り着けないから有難味もまします。
今回は団体扱いでしたのでアルペンルートの乗り物は待ち時間がほとんど無い状態で通り抜ける事が出来ました。
言われて気がつきました、確かに雪が汚れていませんでしたね。
綺麗でした。

立山・大好きなところです!
一回は雄山ピストン(大雨で最悪)
後の二回は縦走でした、天候にも恵まれとても良い思い出を作りました。

寒くはなかったですか?
温泉には入りましたか?

続きが楽しみです。

我は凡人様
以前登られた事は伺って居りましたが確かに良い山ですね。足並みさえ揃えば縦走したいのですがね。団体だと足腰の弱い人に合わせざるを得ない辛さがあります。
寒いどころか夜は次々脱いで薄着で寝ました。
温泉はですね・・・ブログⅡで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/55397221

この記事へのトラックバック一覧です: 立山 Ⅰ:

« 宝永山 | トップページ | 立山 Ⅱ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ