« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012/09/30

VSベガルタ 観戦に行く

P9280007
 キックオフ2時間半前で観客のいない観覧席の先に富士山も顔を出している。


続きを読む "VSベガルタ 観戦に行く" »

2012/09/28

腹痛と腰痛

9p7t0157
スイスから帰国した後ひどい腹痛に悩まされている。
内科に行くと石の可能性があると言われた。
石の痛みは七転八倒する痛みと聞いているので「そんな馬鹿な!」と疑ったが先生に逆らうわけにもいかず泌尿器科に行った。
泌尿器科では石が落ちている可能性はない。(元々腎臓に石がある事は人間ドックで確認済み)エコーでも尿管に石は無いと言うし石が有れば腎臓が腫れるはずなのに極めて正常な大きさ。と言っている。
なのにこの先生「念のため石を溶かす薬と流れを良くする薬を処方します、これを経過療法と言います」と言った。

続きを読む "腹痛と腰痛" »

2012/09/24

お彼岸

P1000002 お彼岸で墓参りに行った。菩提寺が遠いと行くのも大変です。
昼ご飯は久しぶりに八木秀で鰻を食べた。竹にはメロンが付く。松は刺身が付くがメロンが付かない。梅はメロンが付かない。
フワフワと柔らかな蒲焼きで「やっぱり美味いね〜」と夫婦で連発。
欲を言えば味が濃くコオバシイ方が良いかな。


続きを読む "お彼岸" »

2012/09/21

アムステルダムに

Rinnri01_2 アムステルダムに と言っても長男の事。
今年に成って三度目の本も出した。読んでみたがチンプンカンプン。僕のような素人が学術書を読んで解るはずもなかった。
そんな長男はホッとしたのも束の間、今度はヨーロッパに一年行ってくると言って先月出発した。
初めにニューヨークに二週間ほど滞在した後にオランダに到着したと連絡が入った。
ネットが普及した現在では、連絡手段も沢山ありつくづく便利に成ったと思う。

続きを読む "アムステルダムに " »

2012/09/17

観戦 FC東京戦

P9140008
 この日はサッカー観戦に徹した。
ナビスコカップのアウェイFC東京戦が不可解なジャッジで逆転負けした11日後にJリーグで同じ相手と当ると有れば応援に行くしかないとこの日15日はボランティアは止め本気で応援に行った。
試合開始2時間前、観客も徐々に来だした。富士山も顔を出した。


続きを読む "観戦 FC東京戦 " »

2012/09/11

花&てくもぐウォーク

Img_8078
 岩肌から恐竜の首がニューッと
直ぐ近くには卵が・・・・
謎は続きを読むをクリックしよう。

続きを読む "花&てくもぐウォーク" »

2012/09/06

石橋

P1000005
静岡市内に昔から有名なウナギ屋がある。
それがこの「石橋」。
何故か暖簾が後ろ前に掛かって居る。
長男が帰静して鰻が食べたいという。何時もなら躊躇無く吉田まで走り「八木秀」に行くのですが時間の関係で石橋にした。

続きを読む "石橋" »

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ