« 石橋 | トップページ | 観戦 FC東京戦 »

2012/09/11

花&てくもぐウォーク

Img_8078
 岩肌から恐竜の首がニューッと
直ぐ近くには卵が・・・・
謎は続きを読むをクリックしよう。

Img_8051
 9月8日、久しぶりにテクモグに参加した。
しかし体調が良くない。飲んだ腰痛の痛み止めが災いしたのか激しい下痢で数日は食事も殆ど食べていない。ダメなら温泉だけで帰ろうと来るだけ来てみた。
Img_7962
下田駅がスタートで他の参加者を見ると歩きたい思いが強くなり受付をし地図をもらった。
妻は体調の事をとても心配してくれている。万一の事も有り着替えや下着まで持ち、水は最低限だけ持ち買いながら歩く事にした。
Img_7970
歩くと直ぐに宝福寺だ。唐人お吉の菩提寺ですが道路から手を合わせ通過した。
Img_7977
了仙寺です。
アメリカンジャスミンは5月下旬満開ですが9月にも咲くと説明されていた。確かに咲いていました。
Img_7984
歩いてきたペリーロードを振り返って見た。暑いし夏休みも終わり観光客の姿は少なかった。
Img_8003
鍋田浜です。
説明では波静かな小さな入江で女性や子供ずれに人気の穴場的存在とある。
此所からしばらく国道を歩く。一眼レフを入れるバッグのベルトがお腹に響き腹痛が絶え間なく襲う。

田牛(とうじ)から木道の はまぼうロードを歩くが花は咲き終わっていた。
汗が異常と思えるほどでる。
Img_8022
吉佐美大浜では折りしも海洋浴の祭典が行われ行く夏を惜しんでいた。
Img_8033
露店も沢山でて賑わい、ここで昼食にしたが腹痛は続いていた。
Img_8036
700mも続く海岸はとても綺麗だ。カラフルなパラソルが立ち並ぶ海岸を久しぶりに見た気がする。
Img_8060
田牛サンドスキー場迄来た。子供がソリ遊びをしている。
直ぐ隣りに竜宮窟が有るが下りて行く元気が無くて止めた。
Img_8069
田牛前ノ浜です。

此所からは軽四輪がやっと通れるほどの狭い道と暗いトンネルをいくつか通り、辺りは段々別世界に入り込んで行くような錯覚に陥ります。と
突然冒頭写真の恐竜に遭遇するのです。
Img_8081
飛び出た岩を巧みに利用して色を付けたのか岩を掘り出して削って作ったのか?
良く見れば子供と卵まで有るのです。
ユーモア溢れるセンスのある人が居ると感心しました。

山の中をしばらく歩くとタライ岬分岐に到着しましたが今日は此所をピストンする気力が有りません。パスしてゴールを目指す事にします。
Img_8105
逢ヶ浜(おうのはま)です。写真左手穴の開いた岩はエビ穴で他に姑岩・雀岩等があり磯遊びの人が大勢居ました。
Img_8114
弓ヶ浜に到着。弓なりの浜がよく解ります。
Img_8122
ゴールしました。
Img_8129 南伊豆町の人達によるおもてなしは「心太」です。よく冷えていて美味しかった〜。
腹痛はずっと続いていましたが心配していた事は起こらずやれやれです。
でもオカシイですね?腰痛は全く感じる事無く歩けるんです。
3時の臨時バスに乗り下田駅まで移動。
P1000001
伊東の天然温泉あらいの湯 まで一挙に走った。
250円で入れるのがなんと言っても良い。目の前に駐車場もある。
ゆっくり入って居るとウソみたいに腹痛は無くなった。
P1000004
さて、夕飯は久しぶりに山源にした。店内の写真は今まで出した事がなかったと思う。若いカップルが一組居た。
此所は店内禁煙なのがなんと言っても嬉しい。
P1000005
妻は鯵のタタキとビールを注文して美味そうに飲んでいる。
作り置きでないタタキは好きではない僕でも食べられる。
P1000006
妻の頼んだ刺身定食。刺身の種類が多くて(エビ・いか・タコ・鮪・鰹・鰺・赤貝・ホッキ・しめ鯖・しめ鰺)気に入ったようだ。
P1000007
僕は鮪のカマ。800円と聞いたので もっと小さいと思ったのですがデカイ!!それに御飯セットを注文。
カマは美味かった〜。しかし・・・食べても食べても一向に食べきれない。突つけば突つくほど身が出てくるのだ、、、
※小さい写真は写メ 写真ではとても不味そうですが・・・美味いです。

参考タイム
下田駅11:10→宝福寺11:15→了仙寺11:22→鍋田浜11:38→吉佐美大浜12:37(出発1:00)→サンドスキー場1:23→逢ヶ浜2:14→弓ヶ浜2:31(ゴール)

« 石橋 | トップページ | 観戦 FC東京戦 »

ウォーキング」カテゴリの記事

コメント

よし坊様のブログにアクセス。そして目にした謎の生き物。
ぎゃ~これは何?恐竜?ツチノコ?と驚きました、、、、^^
ブログを拝読して納得!どなたがおつくりになったのか?面白い。ナイス!ですね。
ところで体調はその後いかがですか?心配です、、、、
夏バテ?夏風邪?でしょうか?
男の方は腸が余り強くないようですね。実は夫もすぐに下痢を起こします。
今日もでしたが、原因は夏風邪からくる下痢のようで今朝も薬を飲んで出かけました。
どうかお大事になさってくださいね。

久しぶりの“てくもぐ”ですね。お腹の具合が悪いんじゃ心配ですもんね。でも何事もなくてよかった・よかった(^o^)

鍋田浜とか吉佐美大浜とか聞いたことがない地名が出てきましたが海がキレイで素敵です。暑くないとき行ってみたいです^_^;

突如現れる恐竜は面白い!!!誰が考えたんだかリアルで “いい餌が来た” とパソコンのこちら側の私を狙っているように見えます(^o^)

 ここのところ調子お悪いんですね。
 検査結果は以前うかがって、重大な問題はないとのことでしたので、
 そのことは安心しておりましたが、
 長引く腹痛、腰痛と、痛々しいかぎりで、心配です。
 温泉で治まったのですね。
 いっそ、温泉で湯治、はいかかでしょう。
 なんとか早く良くなられて
 奥様と心おきなくご旅行ができますよう、お祈りするばかりです。

ニャン様
あのオブジェにはビックリしました。まるで生きている如く睨んで居る姿が角度まで計算し尽くされて居るようです。
驚きました!!
お腹がグワイ悪くなる事は滅多にないんですがオカシイです、、、疲れが溜まってしまったのかも知れません。
ご主人も下痢?その後如何ですか?
お大事に

ごくらくとんぼ様
大事にならずに歩けました。有難う御座います。
よほどの事がなければ行く事も場所も知らない海水浴場が有る事を知っただけでも良かったです。しかもとても綺麗な色をしていました。
あの怪獣はホントに傑作です。

よう様
医者の見立てが次々外れているとしか思えない状態が続いています。
困りました。こんな状態だと登山も出来ませんがまだ一つ予定している登山が有るんですよ、、、
アドバイスの通り湯治が良いかもしれませんね。温泉浸かった後は痛みが全く無くなってしまいます。不思議です。

無理をしないで、、、早く治して、、、祈るような気持ちです。
山が大好きなよし坊様に、「今は 安静に」というのは 無理だということは
重々承知しているのですが、、、。

でも、脱水症状にならなくて 何よりでした。
壮大な山歩きの予定が 控えていらっしゃるので、心配しています。

よし!! 私が 神社に行って よーーーく お願いしておきましょう。

shinmama様
有難う御座います。思い返せばミルフォードトラックの時も神社でお参りしていただきました。重ね重ね有難う御座います。
薬が効きすぎて今はひどい便秘に悩まされています。そして明日は胃カメラだぁ、、、
きっと異常なしだと信じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/55629964

この記事へのトラックバック一覧です: 花&てくもぐウォーク:

« 石橋 | トップページ | 観戦 FC東京戦 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ