« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅲ | トップページ | 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅴ »

2012/10/24

秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅳ

 天気は良さそうで空が赤くなってきた。
朝焼けが期待できそうだ。

Img_9501

それでは続きをお読み下さい。

Img_9520

見事な【トファーナ】の朝焼けを見ることが出来た。

主峰にはゴンドラ駅があり歩かず登ることが出来見事な展望が広がるらしい。

※拡大できます

昨日の道と同じ道をバスは進む。

Img_9533

車窓から見る景色も見飽きない。

Img_9560

コルチナの景色も見納めかな〜?

Img_9566

【ミズリーナ湖】湖畔に到着。

湖の先には・・・・・・ドライチンネンです!!!素晴らしい。

表現する良いボキャブラリーが見つからない

※拡大できます

Img_9577

続いてもう一つ。
予定に無かった湖畔半周ウォーキングをした。臨機応変で良いね!
ドロミテの真珠と言われる【ミズリーナ湖】のポスターやパンフレットを見て何時かドロミテに行こうと思う人は多いはず。
※拡大できます

Img_9644

正にその景色がこれだ。
ソラピス山群を背後に控えさせ静かな湖畔と贅沢なほどの空間が広がるこの風景と、怪しげにかすかな真珠色をした水と山と空が作り出すこの絶景こそが世界遺産ドロミテを代表する一つだ。
※拡大できます

Img_9681

今日は【ランドロ湖】ハイキング。入り口は何カ所もあるらしく体力や天候を考慮して臨機応変に選んでいる様だ。

Img_9690

いきなり展望が開く。

Img_9695

振り向けばこの景色。

Img_9711

川の右岸に渡りたいらしく露払いをしながら道無き道を分け入る。面白い!

Img_9726

鏡のような湖面の一角に出た。水に映って綺麗だ。

Img_9734

         ワイワイ言いながら写真を取るのに夢中。

Img_9751

見て下さい写り込んだ見事な景色を。あっちが虚像でこっちが ん?こっちが虚像であっちが?

知り尽くした人でなければこんな所には案内しないだろうと思った。

※拡大できます

Img_9760

向きを変えればこの景色。ドロミテがある。

Img_9773

ツアーリーダーもつれてきた甲斐があり満足そうです。

Img_9807

ドライチンネンも見えた。

Img_9825

牧場に出た。遠くの山はオーストリアだ。

Img_9831_2

ドライチンネンを型どったオブジェには登頂者とルート・日付が記されその先にはドライチンネンが有る。

これが見納めかと思うと目頭が熱くなった。歳と共に涙もろくなってきて困る。

そして約2時間のトレッキングは終わった。

Img_9859

昼食に寄ったホテル&レストラン。

Img_9866

辺りはチロルの風景が漂う。

Img_9883_2

水道水らしく水が出ている。人間の為なのか家畜の為なのか解らない。

Img_9950

オーストリアに向かう途中屋根付きの橋が保存されている所が有った。名前を聞いたが忘れてしまった。

曾て見たスイスはルツェルンの カペル橋 とは大きさもスケールも小振りだ。

Img_0141

今日はオーストリアのリエンッに泊まる。小高い丘の上の瀟洒なホテルで ホテルハイデンホフ。

四つ星だそうで目の前は初心者用のスキー場だそうだ。

Img_0164

部屋の窓から雄大な景色が広がる。

Img_9969

部屋の大きさと言い設備と言い素晴らしかった。

Img_0004

街の散策に出てみた。

Img_0055

落ち着いた良い街だ。

Img_0079

中央駅

Img_0102

少女らしい子が城壁の窪みで読書をしている。

Img_0133

やっぱりこんな感じの所に目が行ってしまう。

Img_0156

四つ星だとナイフやフォークの輝きもセットの仕方も丁寧だ。紙を丸めリボンで結んでいるのは?

Img_0157

メニューだった。

Img_0159_2

Img_0160

Img_0161

Img_0162

Img_0163

美味しくて見事に完食した。

しかし食事マナーの悪い同行人が居て「やだな〜」。恥ずかしいんだよ同じ日本人として。

明日はグロースグロックナーの展望ハイキングがあるが天気が悪いらしい、、、晴れることを願って寝た、、、

つづく

« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅲ | トップページ | 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅴ »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい!!!
なんとも 表現できない 贅沢な光景。
夢のような時間を過ごされたのですね。

私のドロミテの旅と インスブルックの旅が合算されたような感じで、
拝見しながら地図を思い浮かべ、両方の旅の記憶が結びつきました。

コルティナダンペッツォからですと リエンツ(南側)から グロースグロックナーへのルートになりますものね。
私は チェル アム ゼー(北側)から 近づいて行きましたが、ちょっと街の雰囲気が、、、。
拝見する限り リエンツの街の方が美しくてチロルらしいので、リエンツの方が正解ですね。

明日も晴れていますように、、、、。 

 言葉はいらない美しさですね。

 お天気も良くて!
 よし坊様は間違いなく 晴れ男 ですね。
 雨の予報が出てもたいてい大丈夫じゃないでしょうか!

 体調も良いようでほんとに良かったですね。
 
 気になる同行者さんて、必ずひとりはいるものですね。

shinmama様
前日とうって変わった綺麗な景色が見られて本当に幸せです。

そうそう、shinmama様の二つの旅を足して割ったような行程でした。かぎられた日数の中ではこのくらいが限度でしょうね。

ドロミテには直行便で行って南から入るのが一番楽な方法のようですね。
パック旅行では乗り継ぎの安いチケットを使うしか無いんでしょうが、、、

リエンツは小さな街でしたが綺麗でしたよ!!
あの辺りは冬になるとノルディック競技が盛んに行われている地区のようです。

よう様
お天気次第で感動の度合いが違いますからね。
山の気象は晴れ雨曇りが全部出ても不思議じゃないですからそれが丁度良い方に転がったのだと思います。

腰痛はずっとありましたが毎日シップを貼って翌日に備えていました。
帰国後も電気治療に通っています。

美しい!綺麗!素敵!と何度もブログを拝見させていただきました。
実際にその場所に立ち、歩かれた時の空気感 よし坊様の感動は
私の想像を遥かに超えていたと思います。^^
トファーナの燃え立つような朝焼けも 朝焼けに染まる雲と十字架のシルエットも
美しいと言う言葉しか出てきませんね。
ミズリーナ湖、ランドロ湖共に、美しくず~っと眺めていたくなります。
ホテルでのディナー完食!きっときっと とても美味しかったんでしょうね ^^

ポリープの検査結果、どうでしたか? きっと大丈夫!だったと信じておりますが
やはり気になります、、、、、^^;

ニャン様
ドロミテの真珠と言われているミズリーナ湖の写真の中央に有るホテルのような建物、実は子供のホスピスだそうです。心憎い程の気配りだと思いませんか?
shinmama様と同じような所に行ったので互いに解り合えて良いですが此所にニャン様も加わると完璧ですね。
早く飛行機フェチを直して外国デビューなさって下さい。

ポリープ ご心配頂き有難う御座います。1〜5段階の3です。まあ早い話ポリープなら3は必ずでしょうから4や5に成らなければ上出来と思っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/55955696

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅳ :

« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅲ | トップページ | 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅴ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ