« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅵ | トップページ | バラと温泉と蕎麦と »

2012/10/31

ズガニを食べに

 10月27日、当番幹事の私は、曾ての同業者と伊豆の河津にズガニ(モクズガニ)を食べに行きました。

P1000006

来序でに【浄蓮の滝】に寄る。

P1000009

時間調整の為【天城隧道】にも寄った。トンネルの中を歩こうかと思ったのが車で抜けちゃえ!と直ぐに横着を考える連中です。

P1000013_2

トンネルを抜け5分ほど走ると河津七滝(カワズナナダル)の1番目の滝【二階滝(ニカイダル)】が見られます。

※此所までの写真は全て写メ

Img_1075

河津の民宿【かごや】に泊まります。ズガニを捕るカゴを作っていたカゴ屋だったのですがご主人が亡くなってからは民宿だけを営んでいます。その民宿も何時止めるか解らない状況ですので行く気のある人は早いに越した事は有りません。
食べ歩きと幾つか泊まってみて此所の右に出る所が無いと思うからです。
      (以前にもこのブログで登場しています)

Img_1076

ズガニを食べるのが目的ですから料理の品数は減らしズガニを一杯余分に付けて下さいと頼んであります。
金目とお造りが有るようですがお造りは要らないと言っていたのに付いて居ます。

Img_1077

ズガニです。
手前の大きいのが雌。奥の小さいのが雄です。雄には大きな鋏が付いて居ますが雌の上に乗って押さえつけるから大きな鋏が必要らしいです。

Img_1078

ズガニ汁です。
これを参加者に飲ませたくて!珍味な上に美味。蟹の臭いと風味、独特の食感が「何ともたまりませ〜ん」。みんな旨い美味いと褒めていました。参加者の一人が女将に作り方を聞いていましたが「企業秘密」と軽くあしらわれていました。小耳に挟んだ情報ではミキサーか何かで粉々というかドロドロにするらしい。

Img_1083

鍋にも一人につき半杯(1肩)の蟹が。

Img_1086

蟹メシにも贅沢なほど蟹が入って居ます。

Img_1087

朝食です。如何にも民宿と言った内容ですが

Img_1090

味噌汁には一人半杯(1肩)の蟹が入って居ます。
食った〜。満足です。かごやさん有難う御座いました。これで¥9,450.-です。
支払いの時、聞いて解ったのは天ぷらを減らしたとの事でしたが、それにしても良心的です。
何時までも営業を続けてもらいたいと心から願います。
つづく

« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅵ | トップページ | バラと温泉と蕎麦と »

コメント

ズガニと聞いて、どんなカニ?と思っていましたがモクズガニの事なんですね。
ひとつ覚えさせていただきました。^^
伊豆でズガニの姿を見たことがありますが、まだ、食べたことがありません、、、。
ズガニ汁の美味しそうなこと!これだけ沢山のズガニがついて、この価格。
とても良心的で、お得ですねぇ~。確かに、これからもがんばって民宿を続けていただきたいですね。^^

ニャン様
味は殆ど上海蟹と同じで濃厚なコクと味で美味しいです。セイコと大きさが似ていますが味は明らかに違います。
ズガニ汁は此所だけのようで他に泊まっても出ないんですよ。
料理屋に入るとチョコット出ても宿泊代金以上取られますからいかに安いかです。

こんばんは!!!

天城隧道は車通行はダメとばかり思っていました。入口付近の広い所へ停めて歩きました。

この料理の中で私がいただくなら鍋がいいで~~す。出汁が効いて美味しそうです(^o^)

紅葉の具合はいかがでしたか?

ごくらくとんぼ様
僕も通行止めだとばかり思っておりました。ワイワイ言いながら見ていると1台の車が通り抜けてきて、何だ通れるのかと成った訳です。他の車も連なって通っちゃいました。
写真の鍋は3人前です。ズガニの出汁ですからコクがありましたよ!
紅葉は?色づいた所は無かったですね。

 あら~~!
 なんと美味しそうなこと!
 カニは上品に食べてなどいられませんけど、
 美味しいですよね!
 モクズガニをどこかで食べたことがあるので
 どこだったかな~?と考えているのですが・・・思い出せません。
 でも、もちろんこんなに贅沢にありませんでした。
 食べに行きた~い!

 「浄蓮の滝」ってこんなにきれいでしたっけ?
 よし坊様の写真マジックですね。

よう様。
男でも喋るのが好きなのが居ますが蟹は黙々と食べますので静かで良いですね。
よう様お住まいの近辺ではズガニを食べる所は幾らでもあるんじゃないですか?
沢ガニも旨いし!
蟹以上に松茸が羨ましいです。

浄蓮の滝は何時も素通りするのですが久しぶりに寄りました。
雰囲気が暗いのが好きになれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ズガニを食べに:

« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅵ | トップページ | バラと温泉と蕎麦と »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。