« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅴ | トップページ | ズガニを食べに »

2012/10/29

秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅵ

Img_0575

 新雪のダハシュタイン山群が湖に映る姿は感動的ですと日程表に書かれている今朝の【ゴーザウ湖】ですが・・・

さあ、気を直して歩こう。天気ばかりはどうにも成らない。

それでは続きをお読み下さい。

Img_0591

ツアーリーダーから今日の行程を熱心に聞く80歳Nさんです。

前ゴーザウ湖南端から奥ゴーザウ湖までをピストンする紅葉ハイキングです。

Img_0593

さあ出発だ!

皆さん上下の雨合羽ですが、僕は下だけ合羽で上はウインドーブレーカー。霧は濃いけど降ってないもん。

Img_0610

歩く途中こんな物を見つけた。最近はこんな岩登りが流行しているんです。安全の為のハーネスだけ着けて登る。気持ちいいだろうな〜。一日くらいこれが有っても良いのにと思った。

Img_0620

湖の端まで来た。雨は降ってこない。

Img_0641

此所からは深い森の中を歩く。写真ネタの宝庫だ。

Img_0653

赤くなる葉がないらしく黄色の葉が落ちて直ぐ茶色になる様だ。

Img_0672

【奥ゴーザウ湖】に到着。

霧で何も見えない湖面の写真を撮ってもな〜ぁ。。。

Img_0685

帰り道、夢中で霧中の写真を撮った。気がつけば誰も居なくなった。熊は居ないけどアブナイアブナイ。

Img_0710

苔の隙間に落ちたタネから芽が出た。生命力のある強い奴だけが立派な樹に生長するんだろうな〜

Img_0735

作業小屋らしい建物から帰り道は変わる。

Img_0776

ゴーザウ湖周遊の道は広い。

何だ?これは。苔に滴る水の音を聞く装置だそうだ。

Img_0787

辺りも明るくなってきた。雨も降らなかった。

Img_0808

湖畔にポツンと建っている泊まっているホテルが見えた。

Img_0829

ダハシュタイン山群はこんなふうに見えるんですね・・・晴れていれば、、、
残念だ。

Img_0842

突然ガスが切れた。
切れ目からは荒々しい山の姿が見られた。そして、全てのトレッキングは終了した。
本日の歩行時間3時間50分でした。
※拡大できます

Img_0845

昼る御飯はホテルで食べた。パスタを頼む人が多い中私は珍しい「レバー団子入りスープ」にした。生だとイヤだなと心配したがしっかり火が通っていた。そして、美味い!!!珍しいものを食べて満足でした。
バスはザルツブルグまで走る。ホテルに荷物を置き大急ぎで市内観光に出かけた。

Img_0852

ミラベル宮殿の庭。

Img_0904

小さいけど市場もある。

Img_0925

大聖堂にも入った。

Img_0939

【ホーエンサルツブルク城】が高台にありケーブルカーで登ることにした。

Img_0957

世界遺産のザルツブルグ旧市街が一望できた。

Img_0894

旧市街を散策しなが慌ただしく行動したが音楽好きの人には何日居ても飽きる事はないだろう。
モーツアルトチョコレート発案の店は入りきれない程の人でごった返していた。

Img_1011

オーストリアトレンドホテルヨーロッパが今回の旅行最後のホテル。中央駅目の前の高層ホテルだ。
食事は市内でビール会社経営のレストラン。

Img_1012

Img_1013

Img_1014

飲みたくないけどビールを頼もうか、、、
主食の写真を撮り忘れたぁ、、、
帰国日モーニングコールは5時45分。慌ただしく朝食を食べ出発した。
国境を越えバスはドイツのアウトバーンをひた走る。
ミュンヘンから飛行機でアムステルダムへ。

Img_1021

帰りもジャンボだった。アムステルダムの街を見下ろす。この街に長男が住んでいると思うと一寸センチに成る。

Img_1055

綺麗な夕焼けが見えた。

« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅴ | トップページ | ズガニを食べに »

外国旅行」カテゴリの記事

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

感動をありがとうございました。
とても素晴らしかったです。 一人旅ができる人がうらやましい!
私は連れがいないと、さみしくて・・・

来年ヨーロッパアルプス。トレッキングを目指します。
絶対に行くぞ!!

旅行の荷物の整理、とても参考になりました。
カメラはいつもドンナ物を持っていくのですか?
一眼レフは重たいので、今度軽いカメラを買いました。(妻に内緒で・・)

全編、拝見し「完」の文字を見たとき、もう終わっちゃうの?と少し寂しい気になりました。
もっと見ていたい山や町並みの風景の連続でした。
霧の中の紅葉、幻想的でしっとりと美しかったです。苔に滴る水の音も聞いてみたいです。
山歩きを趣味?とされている方、多いのですね。世界各国の山を歩いてみたいと思っておられる方も多いことでしょう。^^
ドロミテとオーストリアハイキング、楽しませていただきました。ありがとうございました。
27日(土) ハイキングと呼べるかどうかはわかりませんが、夫と往復で5km程の山へ行ってきました。
来週、ブログ更新予定です。(ちゃっかり宣伝しちゃいました。スミマセン、、、^^;)


山を歩いたり、観光したり、充実した旅ですね。
拝見していると ツアーリーダーやガイドさんの臨機応変さが 決めてであることが良くわかりました。
山の天気や その日の見どころなど、その地に暮らしていないとわからないことは 多いですものね。
心配した よし坊様の腰とお腹でしたが、最後まで旅行を続けることができて何よりでした。

インスブルックからわずか2時間のザルツブルグを、
よし坊様の旅は ぐるっと南下してドロミテ経由。
なるほど、、、と思うような 素晴らしいコースで、大変勉強になりました。

まだ記憶に新しい土地でしたので、ホットな気持ちで拝見させていただきました。
ありがとう ございました。

我は凡人様
読んでいてくれたんですか?有難う御座います。
アルパインは男女とも一人参加が多いですよ!何かの機会に一緒に行きませんか?
来年行かれるんですか〜良いですね!!!
本文中書きませんでしたが登山靴マーク2つでした。
カメラはデジキスです。1Dは重くてとても持って行けません。レンズは17〜35mmのズーム1本。明るさが欲しいのでLレンズを使っています。今度は山用にミラーレスにしようかと真剣に思って居ます。
エ?奥様に内緒で買っちゃった?ばれない事を祈ります

ニャン様
街の風景はその気になれば幾らでも良い写真が撮れますね。ただし意外と時間が無くて・・・。撮影旅行なら別でしょうが。
山と紅葉の森が写る湖の景色も見たかったですがお天気はどうにも成りませんね。
週末ハイキングに行ったんですか?これを機会に歩く楽しさや歩きながら感じる喜びに開眼してご主人がハイキング好きになると良いですね。歩くに勝る妙薬は有りませんから。

shinmama様
ツアーリーダー次第で良くも悪くも成ると思いますが今まで僕は恵まれていたと思います。天気や残時次第で持ち駒を打つと見事に成金になる所は心憎いですね。
イタリアに行くのに南下して入るのは地図が逆さになって混乱しますし成れた頃は帰国でした。
今回の旅はshinmama様の足跡を踏む所もありそれなりに身近に感じました。

長い旅行記でしたがお付き合い頂き有難う御座いました。

“秋のドロミテとオーストリアハイキング” を堪能させていただきました。旅慣れたよし坊様ならではの行動力に尊敬の念さえ抱いてしまいます。
次はどんな国やどんな景色を紹介してしていただけるのか楽しみです。

私は長歩きをすると後日に響きます^_^;  歩き疲れないコツなどあったら教えて下さい。

今日は畑仕事に行ってきました。牧の原台地に浮かんだ富士山がしっかり雪化粧していました。神々しかったです。

 もう終わっちゃうんですか・・・

 楽しませていただきました。
 見ることができなかった景色があるということは、
 「ぜひもう一度おでかけを!」 ということですね。

 全編食事も良くて、充実したご旅行でしたね。
 最後はビール頼まれたんですか?

ごくらくとんぼ様
行動力?と言われると一寸疑問符が付きます。お金払って連れてってもらうだけですから。
次は何所の成るか決まっていません。
長く歩けば疲れますよ、僕は特に腰がね。秘訣なんて有りませんが小股でチョコチョコ リズミカルです。

畑は今何を栽培しているんですか?近所でも毎日畑仕事に精を出している家があります。
畑から富士山が見えるんですか?それは良い!!

よう様
もう一度?ですか?次に見損なった景色を見るのは観光でしか来れない歳に成っているかも知れませんね。

イタリア・スペイン・タイは食事が良かった記憶が強いです。

ビールの思いではドイツとベルギーですがいずれ書く事が有るかな〜あ?

最後までお読み頂き有難う御座いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/55962712

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅵ:

« 秋のドロミテとオーストリアハイキング Ⅴ | トップページ | ズガニを食べに »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ