« 日本平ホテル | トップページ | どうだん原 »

2012/11/23

ミサゴ

 さて、今日もミサゴ撮りに出かけようと何時もの場所に。

Akb40417

来た来た!何時もの固体だ。
 やがて空高くから水面めがけて急降下が始まった。

Akb40433_2

水面直前の写真です。
写真左から右下に向かって飛び込む寸前ですが両足を前に突き出し、思い切り指を広げ鋭い爪も写って居るのが解ります。顔は右の羽根でこちらからは見えない。
(写真は拡大しボケています、、)

Akb40435

ド〜ッと水しぶきが上がる。

Akb40437

飛沫の量も半端じゃない。直ぐ近くの大サギがビックリして口をアングリ?
※拡大できます

Akb40444

魚は捕まらなかった。

Akb40451

捕獲に失敗したミサゴですが何事もなかったかの如く悠然と上空で輪を描いた。
この日は何度も失敗しやがて彼方に飛んでいった。

« 日本平ホテル | トップページ | どうだん原 »

」カテゴリの記事

コメント

ミサゴのダイブ、ダイナミックですね。
白鷺はどちらかと言うと何時もジックリ餌待ちタイプ?だから 驚いたのでしょう。^^;
固体の識別は」、どこを見て判断するのでしょうか?
大きさ?羽の微妙な違い?ですか?難しそうです。
飛び込む寸前の足など、普段見ることが出来ない様子を拝見できました。
ありがとうございます。^^

ニャン様
ハイ、ダイナミックです。猛禽類の仲間ですがミサゴは魚しか食べないのだそうです。
識別は人相風体・・・鳥ですからそおは言いませんね。羽根の柄や色、尾の長さや形等ですが僕もよく解らないので教えてもらいながら撮って居ます。
この所いつ来るか解らない鳥を弁当持ちで頑張っています。
寒いです、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56171719

この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴ:

« 日本平ホテル | トップページ | どうだん原 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ