« どうだん原 | トップページ | 白鳥 »

2012/11/28

怪しい関係

Akb40059

ちょっとアオサギさん あたしを追っかけないでよっ

そんな事言うなよっ」 と、この大サギとアオサギは種が違うのに何故か怪しい行動を取っています。

Akb40067

嫌いなんだから!フン

Akb40076

ホラ僕だって良い男だろう 良く見てよ

青二才は嫌いなの

※拡大できます

Akb40078

あたしだって首を伸ばして飛べば ホラッ ツルにソックリでしょう 鶴さんに見初めてもらいたいの

Akb40081

あたし達サギの正しい飛び方は首を折り畳むこの飛び方なんだけどね

Akb40295

ホラ見てよ僕は正しい飛び方して居るからッ オーイ逃げないでよ」 と言ったかどうか、ある日の出来事でした。

« どうだん原 | トップページ | 白鳥 »

」カテゴリの記事

コメント

鳥の行動、なかなか面白いですね。そしてストーリがまた、面白いです。
怪しく危険な関係になっていく二羽なのでしょうか・・・・・。
続きを是非とも拝見したいものです。^^
鳥撮りも寒くなってきたので、じ~っと待つのも大変ですね。でも、楽しそうです。^^v

パチ・パチ・パチ!!!

こんな風にストーリーができる・・・・・鳥撮りって面白いですね。
こういう記事、楽しくて好きです。
怒られるかもしれないけれど紙芝居を見てるみたいです。

 よし坊様が一人二役で
 台詞をつぶやきながらカメラで「怪しい関係」を追いかける図を想像すると、楽しいです。
 女心の機微を良くご存知で。

 その後が気になりますね。
 アオサギはフラれて、それっきり?

ニャン様
この二羽は仲が良いのか悪いのか変な行動を取るんです。
観察すると人間の感覚から見て色々面白いのが見つかります。
このフィールドはバードウオッチングやジョギングの人、ただの暇つぶしの人等様々な人が来ます。
鳥だけでなく人間ウォッチングも面白いんですよ。

ごくらくとんぼ様
自分で言うのもなんですがおかしいです。
同じような光景を何度か見ていたのでヨ〜シッと狙い撮りをしました。
頭で描いていた通りのストーリーになりました。

よう様
そうですそうです、ズボシ!台詞をつぶやいていました。
その後もこの二羽は出てくるんですが今ちょっと水かさが増して昨日今日は追いかけません。
水を差したんですね、、、?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56174207

この記事へのトラックバック一覧です: 怪しい関係:

« どうだん原 | トップページ | 白鳥 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ