« Jリーグ最終節と慰労懇親会 | トップページ | 日本平清掃登山 »

2012/12/21

捕ったぞ!!

Akb40496

 ミサゴが飛び込んだ。

Akb40498

ドドッと水しぶきが上がる。

Akb40511

 どうだ?捕らえたか?

Akb40513

思い切り羽ばたこうとしているので凄い姿勢になっているが両足で魚を捕まえているようだ。

 

Akb40521

小さいけれど獲物は獲物。

 

Akb40525

段々高度を上げる。

Akb40526

力強く羽ばたきながら更に高度を上げる。左足は魚の腹の部分、右足はシッポの部分を鷲掴みにしている。

Akb40551

飛ぶ向きを変え何処かに運んで行く力強い雄姿。

いつの間にか右足は魚の頭の部分を鷲掴みにしていた。

※拡大できます



« Jリーグ最終節と慰労懇親会 | トップページ | 日本平清掃登山 »

」カテゴリの記事

コメント

コンバンハ!!!
たぶんこの8枚の画像はわずかな時間なのでしょうが、よし坊さんの確かな腕で力強いミサゴの行動力が伝わってきました。
昨日、今日の私はこの魚のようです。早くミサゴの方に気持ちを切り替えなければ・・・・・・・・。

凄い決定的瞬間!!! 
「捕ったぞ」は 「撮ったぞ」にも通じますね。

鳥の動きに合わせて カメラも動いているハズなのに、
ピントがドンぴしゃ合っているのが  不思議なくらい見事です。

特に最後の 魚を鷲掴み(ミサゴ掴み?)にして 飛んでいく様子は
有名な画家が描いた絵のように 細部まで見えます。

あまりにすごい写真なので、バードウォッチングしても 
コンデジで写真を写す気力が なくなりそうです。

 すごいすごい!

 決定的瞬間を撮るには
 「待つ」時間が必要なのでしょうね。
 辛抱強さがかかせませんね。

 小さいとはいえ
 魚を掴んだまま水から飛び立つのですから、
 ミサゴの羽根は強いんですね

ごくらくとんぼ様
そうです、一瞬の出来事です。と言ってもカメラ任せで撮れただけなのです。
一番難しいのはファインダーの真ん中で捉える事が一番難しいです。
【昨日、今日の私はこの魚のようです。早くミサゴの方に気持ちを切り替えなければ・・・。】
?ゴメン意味がわかりません、、、

shinmama様
ピントはとても甘いんです。正直言ってブログだからこの程度でも良いのですが伸ばして写真として焼くには全く適していないのです。
コンデジの人もよく撮りに来ていますから諦めずにバードウォッチングを続けて下さい。
これからの季節は止まっている翡翠ならチャンス大ありですよ!他の小鳥たちは枝が邪魔してなかなか撮れない。

よう様
やっと来てくれても頭上を旋回するだけで行ってしまう事の方が多くてその都度ガックリします。
やっと飛び込んでくれてもピンボケ量産で思うように行きません。
諦めずに年内は同じ場所に通うつもりです。
弁当食べるのも楽しみになりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56352212

この記事へのトラックバック一覧です: 捕ったぞ!!:

« Jリーグ最終節と慰労懇親会 | トップページ | 日本平清掃登山 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ