« キンクロハジロ | トップページ | インカ帝国展 »

2013/01/21

新年会登山

Img_0612

 今年も登山はじめは例年通り賤機山(しずはたやま)縦走から始まる。
毎年集合場所に咲く楼梅が今年も出迎えてくれた。 しかし老木で年々花の付きが悪くなっているのが心配です。

Img_0607_2

鯨ヶ池は早朝にも関わらず釣り人が居た。

Img_0616

福成神社に到着。 一年の安全登山をお願いした。

Img_0627

茶畑の向こうに安倍川と第二東名。 更にその先には雪を頂いた南アルプスが見える。

Img_0633

ミサゴ撮りの時に来る池が眼下に見える。仲間の車が数台駐まっているので今日も鳥撮りに来ているようだ。
ミサゴなどの眼からはこんなふうに見えているのだと思うと一寸不思議な気がする。猛禽類はこの高さから獲物がどうして見えるのだろうか?

Img_0634

富士山が見えた。

Img_0643

綺麗な茶畑が続く。

Img_0647

一本杉通過。 名前だけ残り樹は朽ち果ててしまった。

Img_0652

二本杉。

Img_0655

三本杉。

Img_0658

振り向くと何時の間にか富士山に傘雲が掛かって居た。

Img_0662

B29慰霊碑前に到着。このまま真っ直ぐ下れば浅間神社ですが右に取って下ると

Img_0664

美肌湯(びじんゆと読む)に到着。4時間掛かった。 温泉に浸かり湯上がり後新年会。 皆様今年も安全で楽しい登山をお願いいたします

« キンクロハジロ | トップページ | インカ帝国展 »

コメント

 こちらがミサゴ撮りにいらっしゃる池なんですか。
 もっと人里離れた場所かと思っていましたが、人家が近いんですね。

 今飲んでいるお茶が静岡茶。(いただいたのですが)
 詳しい産地はわかりませんが、きっとこんなお茶畑のお茶なんでしょうね。
 お茶を飲むたび、富士山が浮かんでくることでしょう。

 びじんゆ ということはツルツルのアルカリ泉ですか?
 いかにもお肌に良さそうですね。

冒頭の花を拝見したとき、もう そんな時期なんだ!と思いました。^^
何時も撮影に行かれる池、鳥撮りされている よし坊様ならではの感想ですね。
なるほど~!鳥の目線! こんな高い位置から獲物がよく見えるとはミサゴの視力?に驚きです。
美しい富士山も見え、今年の山登りも安全で楽しめること間違いなしですね。^^
来年も楼梅が花を咲かせてくれることを祈りたくなりました。^^

よう様
新東名の取り付け道路はあるし、人家もあるし、あたり前に人間が生活している所で鳥が沢山居るんですよ。有難い事です。此所は家から車で15分です。
お飲みに成っているお茶はお茶産地のものだと思います。写真に出てくる茶畑のお茶は農家が自分用に作るくらいであまり美味しくないと思います。
びじんゆ 確かにぬるぬるです。静岡市のど真ん中にあるのでホントに温泉か?と何時も思って居るのですが確かに証明書があるんですよ、、、

ニャン様
この池の直ぐ脇にサーフィンをやっていた頃の仲間の一人が住んでいます。
彼はサーフンやっていたその後奥さんを置いたまま一人インドネシアに渡りプー太郎をし最近日本に帰ってきました。時々寄って思い出話をして帰ります。

写真を撮った稜線の高さから猛禽類が獲物を見つけているんですからホントに凄いです。どうして魚や野ねずみ・トカゲ・野良猫や野良犬又はその子供・勿論小鳥もですが見つけて急降下して捕れるのか不思議です。

コンニチハ!!!
今、家の玄関に頂き物の楼梅が飾ってあります。外から帰ってくると仄かに甘い香りが迎えてくれます。

19日に牧の原台地の上に浮かぶ雪化粧した富士山を見ました。写真の通り、すそ野は筋を引いたようにしか雪がありませんでした。 以前はもっと下まで真っ白だったと思いますがだんだん積雪量が少なくなっているようです。

後3ヶ月もすれば茶畑がまた萌木色に包まれますね。
そんな頃はまた鶴亀のお仲間のハイキングがあるのでしょうね。記事を楽しみにしています。茶畑の中の農道を窓を開けてゆっくり車で走るのが好きです。

ごくらくとんぼ様
お帰りなさい。無事のお帰りなによりでした。

雪の富士山の姿は丁度良い量というのがありますね。無くても少なくてもダメで真下まで真っ白も絵になりません。
静岡側からより御殿場側だと下まで真っ白に成っている事が多いですね。

最近鶴亀号の出番が少ないんです。人が集まらなくてJRやら乗り合いバスを使う事が増えました。来る人が居なくて去る人ばかりで困っております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年会登山:

« キンクロハジロ | トップページ | インカ帝国展 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。
無料ブログはココログ

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。