« 翡翠フィールドは賑やかだった | トップページ | 華の膳 天然とらふぐづくし »

2013/01/14

遠州三山へ

 正月に何所も泊まらずに居ると無性に泊まりで出かけたくなる。
そこで選んだのがフグを食いに舘山寺に行く事。

歳と共に眼がショボショボして来たので眼が良くなる事も願いつつ行き序でに遠州三山のお参りに行く事にした。
袋井駅を中心に三つの名刹がある。これを称して“遠州三山”と呼ぶ。
母の実家が袋井で子供の頃、この三山には折に触れ遊びに行っていた。
先ず向かったのは法多山。

Img_0507

駐車場から少々歩くと仁王門がある。

Img_0509

仁王門の先には広くなだらかな参道と杉並木が続く。

Img_0512

本堂に到着。ゆっくり歩いて20分ほど掛かった。

Img_0515

続いて向かったのは油山寺。山門を潜る。

Img_0518

此所はお参りすると見えなかった眼が見えるように成ったとか、見えにくかったが良く見えるように成ったと言われて居る。
宝生殿は立替工事中だった。

Img_0519

さらに山道(参道)をしばらく登ると薬師本堂が有る。

Img_0521

立派な三重の塔もあった。
昔は無かったような気がするのですが、、、 何はともあれ少しでも眼がスッキリ見えてくれると有難いのですが。

Img_0524

三つ目の名刹は可睡齋。山門を潜り抜けると

Img_0525

本堂に通ずる階段と雄大に広がる境内が見える。

Img_0526

本堂です。

Img_0527

続いて 後真殿。
お参りを済ませて下ろうとすると出世大黒天で何かの儀式があるから一般参列者も自由にどうぞと案内があった。

Img_0529

読経が始まり護摩が焚かれ最後に住職の説教があった。
「ぼやかない・欲をかかない・怒らない」 この三つを自分に命じ人生を生きなさいと言う。
この説教を聞きながら妻は「亭主がこの三つを守ってくれれば他に言う事は無いのだが・・・」と思って居るに違いないと僕は思いながら聞いていた。
ズボシだったようで二人で大笑いしながら山を下り舘山寺に向かった。

つづく

« 翡翠フィールドは賑やかだった | トップページ | 華の膳 天然とらふぐづくし »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ!!!
久しぶりの“おしめり”です。首都圏では積雪とか・・・・・・。
ここは本当に降りませんね。

遠州三山へお出かけでしたか。法多山の仁王門は男女ペアーで通ると引き裂かれるという俗話をご存知でしたか。仲睦まじいよし坊家の事、仁王様に妬っかまれたかもしれませよ(^o^)

舘山寺でフグですか。良いですねェ~~。しばらく前から遠州灘の天然フグが下関に行って高価な値段が付いているとか聞きます。せっかく地元で良質のフグが獲れるのですから地元消費に回していただきたいですよね。それも安価で・・・・・。

ごくらくとんぼ様
オ〜ッ ホントですか!!良い事聞いた。と言う事は我が家はもうじき引き裂かれる!
お賽銭もっと弾んでおけば良かったぁ。
三山歩いて丁度良い運動に成りました。
フグはフルコースでなくても自分の食べたい物だけチョイスする方法があればその方が良いかもしれません。何処かの料理屋でやっているかも知れませんから。
続きを読むと解ると思いますが良かったとは言いきれません。

 ブログを通してでもご利益ありますように・・・パン、パン。
 若くないですから老眼はしょうがないにしても、乱視が・・・三日月が三重に見えます(笑)

 舘山寺はどちらでフグを召しあがったのでしょう?
 興味あります!
 以前ホテルの食事でちょっとだけいただきました。
 下関よりはるかに近いですし、
 折あらば堪能したい、と狙っています。
 続きを楽しみにお待ちしてます。
 

歳をとるのは仕方がないことですが、体のアッチコッチに支障が出てくるのはつらいです、、、、
私の場合、老眼の進み具合がどーもいけません、、、
眼に御利益があるのなら、是非、行ってみなくてはとメモさせていただきました。
それに「遠州三山」というのも知りませんでした。東京へ行くときにでも一度行ってみます。^^
「ぼやかない・欲をかかない・怒らない」を紙に書き、夫の眼の着くところに張っておきます(笑)

よう様
初詣客も多く何所も賑わっておりました。
歳を追う事に神社仏閣巡りが多くなってきましたぁ、、、

どうやらフグは値段の何所で妥協するかがとても問題だと解りました。
捕れた所より歴史の方が包丁裁きや味の極意が有るのではないかとも思いました。

ニャン様
入れ替わりに書き込みが入りました。有難う御座います。
ハイ、遠州三山は静岡では昔から知られていてお参りする人も多いですよ。
ぜひ訪ねられ御利益を授受されますように。

紙に書いて貼られちゃうんですか?!!!!
見る度に消沈しちゃいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56531849

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州三山へ:

« 翡翠フィールドは賑やかだった | トップページ | 華の膳 天然とらふぐづくし »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ