« 新年会登山 | トップページ | モズ »

2013/01/23

インカ帝国展

Img_0678

 インカ帝国展を見に行く

東京が大雪で大騒ぎをした同じ日、静岡は朝から大雨だった。
前売り券を買ってあったのですがなかなか行く機会が無くやっと行けたのが大雨の日。

Img_0674

人間考える事は同じで、雨で何所にも行けない「インカ展でも行こうか」と成る。
駐車場は満車。それでも欲をかかずに遠い駐車場に置いたので上手く駐める事が出来た。
ゾロゾロと凄い人が美術館を目指す。

Img_0676

当日券売り場は長蛇の列でそれを後目に会場入り口へ。
展示会場は凄い人。タップリ時間を掛けて見る事も、中には近づく事もままならないブースが(ミイラの展示ブース)有った。
満足感が無いまま人熱れで押し出されるように会場を去った。
後で聞くと2時間待ちした人も居たとの事。
凄い人気だった。
※内部撮影禁止

« 新年会登山 | トップページ | モズ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

マチュピチュと聞けば、訪れたことのない方は古代遺跡への憧れを抱くでしょうし、
行かれた事のある方は、あの感動をもう一度!と思われるから人気が有るような気がします。
雨が降れば、何処へ行こう?と迷うところですが、インカ帝国展を開催しているのなら
私も行ってみたいと思っていたと思います。^^
よし坊様が撮られた、マチュピチュの断崖から見下ろした絶景。
身も縮む想いでいながら、この目で見たいみたいと拝見したことを思いだします。^^

コンニチハ!!!
インカ帝国展に行かれたんですね。実際に訪れたことがある所だから興味も倍増しだったことでしょうね。
東京で大雪だった時と言えばちょうど成人式の連休辺りですね。次男が連休に山形の立石寺へ行き帰ってきたら東京のほうが凄かったと驚いていましたっけ(^o^)

最後の写真にマチュピチュ発見100年と有りますがインカ帝国は15世紀に栄えたと聞いていますから20世紀まで400年以上は人目にさらされることなく山上にひっそりと影をひそめていたんですね。見つけた時は雑草だらけだったとネットに書いてありましたから発見者はどれほど驚かれたでしょうね。それにしても凄い所にあるものです。

ニャン様
人間の心理は誰も同じだと思った日でした。
行きたい世界遺産で一二を争うマチュピチュはなんと言っても遠いですからせめて見るだけでもと思う人は多いはずですね。
インカの人々の見事な右脳人間ぶりの芸術品の数々をこの目で見てきた者にとって展示会で再度見直すのも又良い物です。
確かに断崖絶壁から見たマチュピチュの全景は怖かった思いで以上の価値はあると思います。

ごくらくとんぼ様
 あの日の成人式で、和服の人は気の毒でしたね。でも一生の思い出にと着せる親の気持ちもあるし複雑です。
山形の方が雪が少なかったとは驚きですね。
 マチュピチュのホテルに発見当時の写真がありました。草ぼうぼうで凄い状態で写っていました。奥の奥のその又奥地の場所で高度な文明が有ったとはとても信じられないです。
はるばる日本から地球半分廻って見に行くのは大変でした。

 マチュピチュは草ぼうぼうで発見されたのですか!
 きれいにするのは大変だったでしょうね。

 あの山の上まで、サイフォンの原理で水を揚げた、と
 TVで見ことがありますが、
 当時の人々の高い科学知識が伺えますね。

 よし坊様はマチュピチュへ行かれたんですね。
 実際にあの景色をご覧になられたとはお羨ましい。
 地球の裏側へ行くのはやっぱり大変なんですね。

よう様
そうなんです、草ボウボウで非常に荒れていたようです。
サイホンの話は僕もNHKか何かで見たんですが現地に行くとその話は無く向の山から水道を引いたと説明がありアレ?と思いました。

歩いた先にいきなりバッと全容が見えた時は震えるほどの感動がありました。
懐かしく思い出せます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56600709

この記事へのトラックバック一覧です: インカ帝国展:

« 新年会登山 | トップページ | モズ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ