« ルートバーントラックク Ⅳ | トップページ | ミサゴ 撮った捕った »

2013/02/20

ルートバーントラック Ⅴ

Img_1205

 朝食後マウントクックに出発した皆様を見送り公園を散歩した。 広い公園は綺麗に手入れされ犬の散歩やジョギングの人で賑わっていた。

Img_1214

泊まっているノボテルレイクサイドホテルを湖畔側から見る。バラ園があり綺麗だ。

Img_1228

湖上ではパラセール。

Img_1241

クイーンズタウンモールの午前中は静かだ。

Img_1249

約束時間に迎えの車が来て飛行場に。
アイスブレーカーの店があったので自分用に一着買った。

Img_1251

真っ黒な機体がこれから乗る飛行機、、、日本的に考えると縁起が悪い、、、 それ見た事か自分だけ別行動なんかするからこんな事に、、、 なんて事に成らなければいいが・・・と思った。

Img_1277

何処かにマウントクックが見えているはずだが似た様な山ばかりで解らない。

Img_1315

機は南島から北島に。 オークランドの飛行場にはアルパインの手配で迎えに来ていた車に乗る。

Img_1325

マウントイーデンと言う小高い(196m)山に連れて行ってくれた。
街が良く見えるが実は此所2度目。
※拡大できます

Img_1333

頂上には方位坂が有り東京はこの方向の8,847Km先。

Img_1385

泊まるのはメルキュールホテルで港の直ぐ近く。

Img_1339

レストランは最上階で港には豪華客船が停泊しているのが見える。

Img_1346

ニンジンとトマトのスープ

Img_1348

メインのビーフ
ちょっと固かったがじっくり時間を掛け港の景色を見ながら食べた。

Img_1353

デザートはフルーツ
一人で食べるのは寂しいものだとつくずく思う。
TVが何処かで大地震と津波が起きたと報じている。

帰国日、5時のモーニングコールで起き6時空港に向かう。

Img_1388

最近トランクの重量がとても厳しい。持ち上げた感じでは19Kgかと思っていたらピタリ賞だ。 23Kgをちょっとでも越すと別料金を取られる。

Img_1392

アリャ?こんなに小さい飛行機なの?

Img_1393

ガラガラだった。席はエコノミークラスの最前列だった。

Img_1397

二回の食事の間にアイスクリームが出た。

Img_1399

途中ブラインドを開けてみると綺麗なリーフが見えた。(拡大トリミング)

Img_1406

成田に定刻到着。
スーツケースがクルーの次に出てきた。早い!! 良く見るとPRIORITYのタグが付いた。
マイレージを付けてもらおうとクレジットカードを出した時ゴールドカードだったので、ユナイテットエアのプレミアクラスメンバーと間違えたのだろうと推察できる。嬉しいね、こんな間違いなら何度でもやって頂戴。
今回も出合いと感動を沢山もらった。 手つかずの大自然の中にドップリと浸かり、自分のペースで歩く事が出来、美味しい食事とタウンホテル以上に設備の整った山小屋に泊まる。 こんな素晴らしいトレッキングコースを提供しているニュージーランドに感謝したい。
さて、次は何所にしようか。

« ルートバーントラックク Ⅳ | トップページ | ミサゴ 撮った捕った »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまでした。見るだけよ~とコメントを書かせてもらうのは、楽チン楽ちん。これだけのブログをシリーズにして仕上げることは、私にはけっしてできません。頭がパンクしてしまいます。敬服と感謝を申し上げます。

モール街の寂しい人出、東京まで8847Km、一人で食べたメルキュールホテルの夕食、ガラガラだった飛行機の席。本当にお寂しかったことでしょう。

楽しく、嬉しく拝見させて戴きました。私としては、全てに未知の世界を知ることができ感動と感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

お山の大将様
とうとう根負け ハイかしこまりましたお山の大将様
一挙に書くのは大変ですが時間のある時少しずつ書き足してパット出すやりかたでやってきました。今ではボケ防止と生活の一部です。
あっ\(◎o◎)/! 皆様もメルキュールでしたか?一人で食うのはサミシイの寂しくないの。
ルートバーントラックはこの回で終わりましたがブログは続きますので懲りずに見に来て下さい。

 おひとりになって、余韻に浸りながらも
 ちょっぴりお寂しそうですね。
 感動が大きかっただけに、共有できるお仲間がいなくなって、
 ぽっかり穴の開いたようなお気持ちかもしれないと想像いたしました。

 でも、日本に帰ってくると、
 次に向かって前向きな気持ちが湧いていらっしゃるようですね。
 また感動の旅をご紹介くださるのを楽しみにしています。
 その前に腰のケアを良くなさってくださいね。

コンバンハ!!!
冒頭の写真の公園に私も行きました。クウィーンズタウンガーデンですね。自分の写真と見比べたら大木とベンチが同じで、同じ方向から撮ってありました。私の写真にはラベンダーが写っていました。時は違えどよし坊さんと同じところに居たんだなと思ったらなんだかとても楽しくなりました(^o^)(^o^)(^o^)

懐かしい風景の数々をありがとうございました。

よう様
そうなんです、一人は寂しいです。
率先して喋る訳ではないのですが大勢居る所が好きですね。
外国の山は全て一人で参加しましたが理想的には夫婦で参加したいのが本音です。

次も単独参加になりそうです。
何故なら妻は最近歩くのが大変な様です。

ごくらくとんぼ様
懐かしいでしょう、同じ景色同じ場所を共有して居るのは良いですね。
思い返せばNZ繋がりで始まったのですから。
もう一度ニュージーランドに行けるかは解りませんが何度行っても感激を受ける街ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56793144

この記事へのトラックバック一覧です: ルートバーントラック Ⅴ :

« ルートバーントラックク Ⅳ | トップページ | ミサゴ 撮った捕った »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ