« 雲風々 Ⅰ | トップページ | カワラヒワ »

2013/02/27

雲風々 Ⅱ

 物音がしない静かな夜でぐっすり眠れ、リンとした空気の中で朝を迎えた。
先ずは朝風呂、贅沢な時間だ。

Img_1481

朝食も食事処でフロント前を通る。
フロント横には小さなショップがあるが東京ラスクの商品が並んでいた。

Img_1482

朝の食事処は雰囲気が変わっていた。
桜の季節には綺麗な桜が見られそうな木があった。

Asa001

朝食も美味しかった。

暖かな物が次々出されたが量は少なめなのがなにより良かった。

Img_1499

食後宿の外に出てみた。食事処目の前に見えていた狩野川だ。

Img_1504

梅も満開。

Img_1506

朝の車寄せは趣が違って見えその一角には

Img_1507

月ヶ瀬旅館の名残が有った。

Img_1509

平日なので特別静かだったのかも知れないが静かに時が過ぎて行った。
今回は宿に泊まる事だけが目的で、チェックインの3時からアウト11時までゆっくりと過ごした。

Img_1520

帰りは伊豆西海岸を通った。淡島が綺麗だった。

淡島には専用モーターボートでしか渡れない全室スイートの淡島ホテルがある。一度は泊まってみたいと思って居るホテルだ。

« 雲風々 Ⅰ | トップページ | カワラヒワ »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コンニチハ!!!

『雲風々1』 で全面改装とあった通り、外から見た周りとの風景はそれほど変わったように感じませんが内部が素晴らしいですね。昔とはオシャレ度が違いますね。粋です。
月ヶ瀬旅館の名残があるというのは行ったことがある者にとっては嬉しい事です。新装なった“雲風々”へも泊ってみたいです。

もう少しで緑まぶしい季節を迎えますが、冬枯れの庭の中で満開の梅が一段と鮮やかさを増していてアッパレです。

ごくらくとんぼ様
屋根と骨組みだけが昔のままですっかり別物に変わっている建物が川沿いの部屋で、我が家が泊まった方が全面新築のようでした。
お友達大勢で女子会なら一人当たりの費用も少なくて済みそうですから是非泊まりに行かれると良いと思います。INからOUTまで目一杯居れば更に安上がり!

今日は雨でPCのデータ整理です。ちょっと横着をしていると溜まっちゃって困ります。

我が家の梅はやっと二部咲きで、明日は暖かくなりそうなのでドット咲きそうです。

 いかにも 静かそうな佇まいで、ゆっくりできそうですね。
 朝食もおいしそう。
 炊き立てご飯に、卵かけ用の卵ですか?

 我がツレアイは、十年くらい前まではこぢんまりした宿はちょっと苦手で、
 ゆっくりするどころか、かえって落ち着かないようでしたが、
 この頃は、この手の宿で、日頃の忙しさから離れてリラックスするようになりました。
 チェックインからアウトまで目いっぱい滞在して、入れるだけ温泉に入るので 「お得」 です(笑)

 伊豆は、東も西も、中も南も、
 まだまだ知らないお宿があります!
 もっと近ければなぁ~・・・!

よう様
平日でしたので静かな事この上なく静かさが宿のグレードにも一役買っていました。
何時も一杯しか食べないのに卵かけ御飯にしてもう一杯食べてしまいました。

伊豆は広いし何所の温泉も良いし、さらに最近は専用露天風呂付の部屋しかない宿が増え、その手のグレードもピンからキリまで有り、若い人から我々年代まで楽しめるように成りましたね。

よう様、その手の宿をハシゴしながら数日過ごされたら如何ですか?満喫できると思います。

宿に泊まることが目的の旅。考えてみれば一番贅沢かもしれませんね。
その贅沢な気分を楽しむのに とても良いお宿ですね。^^
静か!と言うのは嬉しいです。日頃、大人だけの生活は静かなので、賑やかだと疲れます、、、
狩野川の流れも穏かでいいかんじです。
桜の頃は、きっと華やかで美しい眺め・・・四季折々の自然を楽しめる宿は素敵です。
大人のための お宿ですね。 しばしブログにて旅気分を共有させていただきました。
ありがとうございました。

ニャン様
泊まるだけが目的は確かに贅沢ですが何時も追われ追われて生活している生活リズムをリセットするには良い方法だと思いました。
次の同クラスに泊まるのは何所にしようかと思案中です。

実は今、河津桜が最盛期に入り連日大変な混み様で駐車場に入る事も出来なく問題になっているらしいです。
ソメイヨシノが咲くのを待ちきれず一刻も早く花見がしたいと思う日本人の心が河津に足を運んでしまうんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56817712

この記事へのトラックバック一覧です: 雲風々 Ⅱ:

« 雲風々 Ⅰ | トップページ | カワラヒワ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ