« ルートバーントラック Ⅲ | トップページ | ルートバーントラック Ⅴ »

2013/02/18

ルートバーントラックク Ⅳ

Img_1022

 トレッキングも今日でお終い。幸い晴れた。

Img_1018

今日も昼飯作りから始まる。
写真左の外人は昨日シンガリで到着した女性だがお元気なようで良かったですね。

Img_1019

厨房を覗くとスタッフは料理の最中。ガイドが奥のテーブルを使い交代で朝食を食べて居た。

Img_1024

暖炉があって火が灯る。暖かくてホッとさせてくれる雰囲気がある。

Img_1028

朝食のプレートはウインナと豆。そして焼きトマト。

Img_1029

日本隊は偶然か?纏まって出発する。

Img_1030

外は見事な青空が広がっていた。

Img_1032

ブナの大木が茂る樹林帯の中を歩く。今日は何故か道はゴツゴツして歩きにくい。

Img_1034

先が開いてきたが何所に道が付いているのだろうか?

Img_1035

危険な所には手すりがあった。 途中で昨日シンガリの外人さんを追い抜いたがザックを背負っていない。ぴったり付いて居たガイドが背負っているらしい。

Img_1037_2

1994年の豪雨でルートが流された部分だ。樹も生長している。

Img_1038

目の前にルートバンフラットが見える。
※拡大できます

Img_1041

同じ場所から振り向いて撮る。

Img_1048

吊り橋が幾つも架かっている。それぞれに定員が決まっている。

Img_1055

ルートバーンフラットハット分岐まで来た。 トイレ休憩の人は此所で一休みしゴールまでは1.5〜2時間。 ハットの写真を撮らずにそのまま進む事にした。

Img_1057

ルートバーンフラットに下りてみた。綺麗な景色があった。 外人トレッカーと互いにカメラのシャッターを押した。ウ〜ン、、、顔が真っ黒だ。

Img_1067

植物の形態が変わってきたぞ。

Img_1069

綺麗な青空。
急いでいる訳でもないのに気がつくとどうやら先頭に成ってしまった。先頭のガイド トニー君がつかず離れず距離を調整している。良い経験が出来た。

Img_1072

トラックの整備中でニコヤカに挨拶を交わした。

Img_1073

木に覆われているのであまり陽は差してこない。時々ポッカリと青天井が見える。 日本では聞かない鳴き声の鳥の声が聞こえる。

Img_1076

今度は5人が定員だ。

Img_1078

ルートバーン川に掛かる橋や流れ込む沢を行ったり来たりしながらジワジワと下り続ける。

Img_1084

ミルフォードの時の様な見上げるほどの巨大なシダは無く、大きいけれど背の低いシダが沢山あった。

Img_1085

トニー君が休むならこっちと言っている。

Img_1087

昼飯にしようと思い下りた此所はフォージーフラットと呼ばれている所。
綺麗な川の流れを見ながらの食事は美味しい。確か此所は水切りが幾つ出来た!なんて競う所でもある。

Img_1088

そうこうしているうちにガイドも全員集まった。 記念に写真を撮ってもらったのですが赤のフリースを着ていたのでガイドの赤と同じになってしまった。真ん中が僕。

Img_1089

空は益々青くゴールも近い感じがする。

Img_1098

あと30分でゴール地点。 真っ直ぐ行っても良いがvia Nature Walk を選んだ。
鳥の声が沢山聞こえる。

Img_1100

樹に何かがくっついて育ったのか?英語の説明があったが解らない、、、

Img_1106

ゴール直前の吊り橋が見えた。 此所から何時も日本隊のシンガリを歩いていた岐阜のAさん・英国に留学した事があるA嬢・ツアーリーダーと4人で肩を組みながら一緒に歩いた。
ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル。まるでサッカーみたいだ。

Img_1111

それぞれが、それぞれの思いで記念撮影して居る。

Img_1113

日本隊もみんな仲良く。

Img_1118

ルートバーンロードエンドに有るシェルター。

Img_1121

大きなザックを背負っているのはこれからインディペンデントウォークで歩く連中だ。

Img_1122

バスに荷物を預け乗り込む。

Img_1134

途中歩いてきた方向に遙かな山脈を見た。 さようならルートバーン。
※拡大できます
因みに今日歩いた時間は4時間25分。 キーサミットとコニカルヒルは含まず純粋にルートバーントラックだけをトレラン(トレイルランニング)で走り抜いた記録は2時間40分だそうだ。忍者どころかまるで仙人だね。

Img_1140

途中小さな街の小さなホテルに寄る。先ず皆さんはビールなどを注文。

Img_1142

ここで完歩賞が一人一人に渡される。 「博士課程修了書」等皆様の家に飾ってあるでしょうがそれをどかして完歩賞を飾って下さい」等とユーモアたっぷりの説明がある。 もらっては一人一人全員にハグ。

Img_1144

僕は纏めて・・・真ん中に挟まって埋もれちゃったよ、、、、、、、、、

Img_1147

あっと言う間にクイーンズタウンに着いた。 各国の皆さんとお別れだ。
グッドラック&ハブアナイストゥリップ

Img_1153

夜の打ち上げは街の中華料理屋で食事するのはミルフォードの時と同じだ。 観光だけで来た時も此所だった。

Img_1151

とても美味しい中華は今も健在。
実は明日の朝、皆さんとお別れしなくては成らない。短縮バージョンなので僕は帰りますと挨拶をする。
本当に楽しかった、皆様有難う。又どこかでお会いしたいですね。
その皆さんは明日からマウントクックに行きハイキングを楽しむ。 とても良い天気だったと後から聞いた。

Img_1159

さて、食後に湖畔に出てみた。静かなワカティブ湖が有った。
夜の8時半だというのにこんなに明るい。

Img_1182

さらに希望者だけゴンドラに乗り上から街を見る事にした。
小さいけれど良く纏まった街が見渡せた。

つづく

« ルートバーントラック Ⅲ | トップページ | ルートバーントラック Ⅴ »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

 感動の結末ですね。
 温かなものが心の奥に湧いてきます。

 良い山旅でした。
 ご一緒に雰囲気を味わせていただきました。
 ありがとうございました。

よう様
人それぞれ思いを胸に参加して来たと思うのですが気持ちよく歩き通し、感動を共有出来た事は何をりの宝だと思います。
読んで頂有難う御座いました。

コンニチハ!!!

最終日が素晴らしい青空で何よりでしたね。樹林に差し込む陽の光が柔らかで写真を見ているだけで安らぎます。昨年見せて頂いたスイスのメルヘンチックな風景は大好きで憧れますが、NZの落ち着いた自然も素晴らしいと思います。ミルフォードトラック、ルートバーントラックと経験され、さて次はどこのトレッキングにお出かけでしょうね。

ごくらくとんぼ様
2日間雨、或いは3日間雨だった話しも沢山ある中でマズマズのお天気だったと思います。
前にも言いましたがエベレストを見たいのですがあそこに行くには何時落ちるか解らない様な怪しげな飛行機に乗らなくては成らず踏ん切れないんですね、、、
それでも体力作りのウォーキングは欠かさずやっておりますので何時でも行ける準備はしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56779042

この記事へのトラックバック一覧です: ルートバーントラックク Ⅳ:

« ルートバーントラック Ⅲ | トップページ | ルートバーントラック Ⅴ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ