« 塩羊羹と ほうとう編 | トップページ | 何が起こったのか!!!? »

2013/03/25

オオジュリン

9p7t2305

 この鳥なんだろう?雀か?オオジュリンの様でもあるし?

そんな話をしている時フト現れた散歩の一人が「オオジュリンですね」と言い切って去った。

(゚゚;)エエッ 誰あの人?知らない。。。

バードウォッチャーでは無い普通の人でも凄い物知りが居る。

ただ者ではない。

9p7t2315
まともな逆光線でとても撮りづらい。

9p7t2329
よく観察するとクチバシで器用に一皮むいて中にいる虫を食べているらしい。


« 塩羊羹と ほうとう編 | トップページ | 何が起こったのか!!!? »

」カテゴリの記事

コメント

オオジュリン何故か名前だけは知っておりましたが、姿がわかりませんでした。
このお写真の鳥がオオジュリン。覚えておきます。^^
細い茎?につかまりながら器用に食べていますね。
メタボな鳥だったら茎が折れちゃいそう、、、、^^;
その後、花粉症はどうですか?少しはましになられたのでしょうか?

ニャン様
地味な鳥でちょっと見ただけでは判別が付かないです。勿論鳥博士達はパット見て特定しますから凄いですね。鳴き声を聞いて判別し居所が解り、レンズを其方に向けるんですから撮れる確率も飛躍的に上がります。

花粉症は困っております。眼も鼻もグシャグシャで薬でなんとかしている状況です。
こんなに辛いものだとは思いませんでした。沖縄か北海道に逃げたいくらいです。

 ほ、ほう、
 オオジュリン、聞くのも、見るのも初めてです。
 響きの良い名前ですね。

 じっと観察できる植物と違って、
 鳥を見分けるのは難しい!
 ただ者ではないそのお方はどういう方だったんでしょうね。

 10年以上鳴りを潜めていた花粉症が今年再発したという知人がいます。
 今年の花粉は強力なのかもしれませんね。
 どうぞお大事に。

よう様
猛禽類は大きく撮りやすいですが小さい鳥ほどチョコマカと動き回り撮りにくいですね。
ピントも枝に合うか抜けるかでマニュアルだと動きに追いつかず、、、それに老眼も進み合わせられない、、、

今年花粉症デビューした人が多いですね。マスクは欠かせませんがPM2.5用のマスクはいよいよ来た時慌てて買いに行っても売り切れ!ではと思い2.5用も買い置きしました。
今日の新聞で受動喫煙のPM2.5は日本は世界一だそうでビックリしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56954546

この記事へのトラックバック一覧です: オオジュリン:

« 塩羊羹と ほうとう編 | トップページ | 何が起こったのか!!!? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ