« 雲風々 Ⅱ | トップページ | 誰だっ! お前は »

2013/03/01

カワラヒワ

9p7t0004

鳥を撮っていると通行人が見つけ「あの鳥はなんて言うのですか?」なんて聞かれても鳥素人の僕には解らない事が多い。

「何を撮っているんですか?」とか「何かあるんですか?」なんて聞いてくる人も居る。

Akb40020
翡翠撮りをしているとバラバラッと飛んできては枝に止まり直ぐ居なくなるカワラヒワ。

9p7t0009

こんな人の行き来の多い所に翡翠が生息している。

※今日の写真は全てカワラヒワ

« 雲風々 Ⅱ | トップページ | 誰だっ! お前は »

」カテゴリの記事

コメント

カワラヒワですね。
私が撮ったのはピンボケ、、、、さすが よし坊様、美しいです。^^v
しかも四羽のカワラヒバ、良い感じで撮られてますね。
カワラヒワ可愛い顔してますが、結構、気性が荒い?
家に来るスズメを攻撃し、餌を独り占めしようとするんですよ・・・!
はい。私も撮鳥のカメラマンさんに「何を撮ってらっしゃるんですか?」とよく聞きます。^^;


ニャン様
実際は四羽でなくもっと多かったのですが写真のフレームから飛び出していました。
アレそおなんですか? そんなに気が強そうには見えませんが、解らないものですね。

聞かれたり話しかけられるのは有難いのですが近くにドテッと座り込んで徐に煙草を吸われるのが一番困ります。僕は咳き込んでしまうんです。何故か鳥撮り連中で煙草を吸う人が居ないんですよ。不思議ですが助かります。

 カワラヒワに限らず、小さな鳥はちょこまか動き回るのが多いですよね。
 ピントぴったり! さすがです!
 山でヤマドリを見かけて写したのですが、
 大きな鳥なのに見事なピンボケでした(笑)

 「何を撮ってらっしゃるのですか?」と、
 はい、私もお尋ねすることがあります。
 シャッターチャンスの邪魔をしたことが無ければよいのですが。
 

よう様
そうなんですよ・・・チョコマカチョコマカ動いてピントを追い切れません。
オートフォーカスだと手前や奥の枝に合ってしまいピンボケ写真になってしまいます。

今日も朝からミサゴ撮りに出かけましたが一回来てくれただけで何のパホーマンスも無く飛去りました。
そろそろ翡翠一本に絞ろうかな?と思って居ます。

よし坊さま

コメントありがとうございます。
写真はまったくの素人です。

いやぁ素晴らしい写真ですね。
タカ?が魚をゲットして飛び去る写真には特に驚きました。

3枚目のカワラヒワがこっちを向いて
撮らないで!!と言っているかのような写真も素晴らしいですね。

また遊びにきますね。

ぐるたんパパ様
写真歴は長いのですが本格的に撮り始めたのは最近です。プロみたいに凄い連中に囲まれて撮っています。
今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56845842

この記事へのトラックバック一覧です: カワラヒワ:

« 雲風々 Ⅱ | トップページ | 誰だっ! お前は »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ