« 追いかけっこ | トップページ | 塩羊羹と ほうとう編 »

2013/03/20

万治の石仏(まんじのせきぶつ) 編

Img_1666

 個人的には万治の石仏が第一目的ですがそお言ったら諏訪大社さんに申し訳有りません。

こんな石仏が有るんだとこの目で確認しただけで収穫があったというもの。

それでは曾ての同業者7人で諏訪大社巡りをした顛末記の始まり始まり。

この会の当番幹事の私は予定の行く先が全て冬季閉鎖の為、さて何所に行こうかと迷ったあげく決めたのが上諏訪温泉に泊まり諏訪大社巡りと万治の石仏に行く事。昼食は蕎麦と ほうとう を食べる事。細かい事は行き当たりばったりで決める。何ともアバウトなプランで出発だ!!
清水駅で一人拾って清水インターから第一東名に。ジャンクションを走り第二東名に乗り清水PAで浜松からきた車と合流。全員にコーヒーを配り先ずは集金だ。
そして第二東名新清水ICで出る。と此所で思わぬ事が解った。料金が掛からないのだ。清水から入り清水で出るとタダなのか?狐につままれた様な思いがした。

Img_1648

先ずは蕎麦の 翁 に向かう。

今は高橋名人は居ないが美味しいそばを食べた。名人がいた頃1時間も2時間も並んで待った話しや此所で蕎麦を打っていた話などをみんなに披露。

Img_1654

次ぎに向かうのは諏訪大社上社本宮。

賽銭箱の先には立派な御社がある。しかし良く見ると・・・・写真だ。

Img_1656
立て看板がでていて解った。修復工事中で巨大な写真の奥で工事が行われているらしい。

Img_1659
次は諏訪大社下社春宮。お参りして直ぐ隣りに有る石仏さんに向かう。

Img_1674
こんな石碑があった。

Img_1665
その先に万治の石仏が鎮座していた。

Img_1673

お参りの仕方が書いてあった。

Img_1670

真面目に手を合わせて回る人、ブツブツと念じながら歩く人様々。 それぞれ気持ちの問題ですが男ばかり7人でグルグル回っている姿はコッケイですね。

Img_1699

宿はJTBで選ばせた「双泉の宿朱泊」値段の割りに部屋も風呂も料理も良かった。 風呂に入りながら真っ赤に染まる夕日が沈むのを見たかったが最後の部分は雲が邪魔して見られなかった。 追加料理は一切頼まなかったが飲むのが目的の人は料理を残して居た。 この会は乾杯用のビールが二人に一本付く以外酒代は全て自腹と決まっている。酒嫌いがノンベイの酒代を払う事に成るのは理屈に合わないのがその理由。曾て所属していたライオンズクラブでもその方法が取られていた。 この宿の悪かった所は一歩入るやいなやタバコ臭い。廊下も部屋もそうでゼキが出続けて困った。

Img_1684

最上階の風呂は夜中に男女が入れ替わるが見える景色も形も同じ。 内風呂から露天風呂を見る。

Img_1683

露天風呂からは諏訪湖の景色がコレデモカッ!!!と広がっていて見事。夜は目の前の島に電気が灯り綺麗だった。
双泉の宿の双泉は内風呂・露天風呂それぞれ源泉が違う。つまり二つの源泉を持つという意味だった。湯量は豊富ではなくチョロチョロとしか出ていなかった。

二日目に続く

« 追いかけっこ | トップページ | 塩羊羹と ほうとう編 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

 あら! 諏訪においでだったのですね。
 遠いところをお運びくださってありがとうございます。
 諏訪湖の氷はすっかり融けてしまいましたね。

 「万治の石仏」は一時、ホントに首が伸びることがあったんですよ~shock

 首のすきまから入った雨水などが冬場凍って首を押し上げるためと分かるまで、
 しばらく世間をにぎわせてましたが、今はコンクリートで固められて伸びなくなってしまいました。

 『朱泊』にはしばらく行っていませんが、
 内容のわりにお値打ちなところは変わってないんですね。
 露天からの諏訪湖の眺めは私も気に入ってました。
 タバコ臭いのはいただけませんね。
 吸わない人にとって、タバコの臭いほど嫌なものはありませんものね。

 いきあたりばったりというのも、自由がきいていいですね。
 二日目は ほうとう ですか? 楽しみです。
 

よう様
諏訪大社には雪かきした雪が沢山残っておりましたが諏訪湖の氷は無く観光船も営業していました。
話には聞いていた万治の石仏は何故か素通りしていて今回初めて訪ねました。

朱泊 はグレードの高い部屋ならレイクビューに成るんでしょうが我々の泊まった部屋は斜め前方に諏訪湖が見えました。それでも充分でした。風呂からの景色は絶品、遮るものもなく雄大さを感じました。

日本の宿は喫煙に関しては寛大すぎてホントに困ります。外国のホテルに勉強に行け!と言いたくなります。行きつけのラーメン屋が4月から店内禁煙と書かれていてヤッタ!と思いました。

まず、高速料金の なぞ? 清算機のシステム状 そうなるのかな?
う~ん、そんなことがあるんですね。でも、私ならラッキーと喜んじゃいます ^^v
万治の石仏、初めて知りました。これは、お参りしなくっちゃいけませんね。

諏訪湖もすっかり春の風景。
露天風呂からの眺めは最高ですね~。
煙草のにおい、吸わない方には嫌なものですよね。
今回の病気で煙草をやめたはずの夫。また、吸い始めて・・・・御迷惑をおかけしてます、、、^^;

コンバンハ!!!
『万治の石仏』 はこういうところだったのですね。名前だけは知っていましたが近くまでは何回も行っているのにここへはまだ寄ったことはありませんでした。お姿をしっかりと見せて頂きましたから私はこれで行ったつもりになっちゃいましょうか(^o^)

諏訪湖が見渡せて素晴らしいロケーションのホテルですね。こういうゆったりした景観に2~3日包まれていたいと思います。

ニャン様
高速をグルッと回って一つ手前又は先で下りると一区間料金に成りガソリン代と時間は別として走る事がで来ますよ。

せっかく止めたタバコを吸い始めたんですか?もう一度禁煙に挑戦しましょう。
外国にこれからはタップリ行けるでしょうがタバコが吸える所は無いと思った方が良いですよ。
飛行機は勿論ですがホテルもレストランも酒場も全て吸えませんから。

ごくらくとんぼ様
万治の石仏は諏訪大社参りに行っても寄らないですし、有る事すら知らないですね。僕も今回行って良かったと思っています。

お社の境内には雪が沢山残っていてままだ雪国の春は来ていませんでしたが直ぐそこ迄来ていると感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/56989539

この記事へのトラックバック一覧です: 万治の石仏(まんじのせきぶつ) 編:

« 追いかけっこ | トップページ | 塩羊羹と ほうとう編 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ