« シメ | トップページ | カンムリカイツブリ »

2013/04/03

ミサゴ そのど迫力

9p7t3902

 雨が降ったり強風でない限り用事がなければミサゴ撮りに通い始めて足かけ6ヶ月にも成る。

そのミサゴも来る回数が減ってそろそろターゲットを変えようかと思っていたこの日、突然やってきて旋回もせずいきなり飛び込む態勢を取り、折りたたみ椅子に座っていた僕は慌ててカメラに。

一瞬の出来事でファインダーを覗く時間もなく照準機で動きを追った。

9p7t3903
しかも目の前。
もの凄い迫力。

9p7t3904
目の前の割りに水飛沫が上がらないのはとても浅いからだ。

9p7t3915
大きな魚を一発で仕留めた。
迫力あるドラマが目の前で繰り広げられている。
※拡大できます

9p7t3922
ビックリした仕種の鵜の横を通過。

9p7t3924
ミサゴは足を上手く動かし魚の頭を進行方向に持ち替える。とても器用だ。

9p7t3931
いずれの場合も必ず頭が前方に来る様に持ち替えるのは風の抵抗を少なくし飛行安定も取れるからだと思う。

9p7t3946
その後急旋回し背中を見せた。これだけ背中を見せる事も珍しい。

通い続けて解った事はダイビングする時は必ず風上に向かって飛び込む。
捕まえた直後も必ず風上に向かう。
いずれも安定して方向が定まり、飛び上がるのも楽だからと想像が付く。

この写真が撮れた日を最後に今年のミサゴ撮りを終了する事にした。





« シメ | トップページ | カンムリカイツブリ »

」カテゴリの記事

コメント

ミサゴ撮りも終わりの季節を迎えられたのですね。
迫力あるシーン、ちょっとドジで愛嬌のあるミサゴなど拝見させていただき
ありがとうございました。
ミサゴと言う名前さえ知らなった私ですが名前も覚えられ楽しませていただきました。

今回のミサゴ。獲物をしっかりと捕らえV字に広げられた羽もカッコいいです。
前回のシメ、カワラヒワの仲間ですか?私には色は違えど姿、顔立ちが似て見えたのですが。。。

よし坊さんは鳥の気持ちも鳥の言葉も理解できるのですね。 すごく楽しいね!
ミサゴ撮りは終わるとの事ですが、次の鳥さんはなんなんだろうなあ。

ちなみに、僕は奥山に住む森の精霊さんや獣たち、熊・いのしし・かもしか・いわな諸君の
気持ちと言葉を少々理解できます。
奥山へ入ったときには、必ずコンタクトして楽しんできます。 ホントです。

よし坊さん こんにちは。
ミサゴを狙って6ヵ月、最期のご褒美、大入りのボーナスが貰えましたね。
定点観察をしていると、いろんな事が解り勉強になりますね。
こんな迫力があるシーンを撮ると、ターゲットを変えるのに後ろ髪を引かれませんか?
次のターゲットは何でしょうか?ブログアップ待っています。

ニャン様
長い間通いましたが仲間と一緒にバカ言いながら鳥待ちをするのも又楽しかったです。
月に一度探鳥会の人達も通りそこで又話が盛り上がる。来期の楽しみも増えました。
猛禽類の中では人気のあるミサゴです。ノスリが来ても「何だノスリか」と可哀想なくらい差が出ます。
さて、シメ・カワラヒワ・・・ウ〜ン僕には解りません。このブログを読んでいてくれる鳥博士が答えを書き込んでくれると良いですがね。

大将お久しぶりです。
タスマニアには連絡しました。お手数掛けました。
この時季カワセミがカップリングや巣作り、或いは子育てが始まり撮るチャンスですが個体数が激減していて苦労してます。
渓流釣りですね、危険と隣り合わせですが面白そうですね。山の道具と共通点があり一石二鳥ですね。

KEN様
ご愛読有難う御座います。
撮るだけでなく弁当食べるのも又楽しく通い続けました。あそこに居るのが当たり前みたいに成っていたので山の稜線から双眼鏡で居るのを確認して居たと言う先輩達もおりました。定点と言えば話題になった事の一つに旋回する向きが南半球は逆さだろうか?なんて事が話題になった事もありました。
次のブログはKEN様にご教授頂き撮れたアレを5日には出せると思います。

 ミサゴはよし坊様のお気持ちを察知したかのようですね。
 最後にとっておきの 「いいところ」 を披露してくれましたね。
 それを逃さずお撮りになったよし坊様もすごいです!

 ミサゴも一年中同じように過ごしているわけではないのですね。
 現れる頻度が高い時期は、やはり子育ての時期なんでしょうか。

 ターゲットが変わると、場所も移動ですか?
 鳥に疎かった(今でも)のですが、よし坊様のおかげで鳥に興味がわいてきました。
 次の鳥は何でしょう?
 楽しみです。

よう様
色々な日がありました。突然2羽又は3羽来てビックリし、どのミサゴを追おうか悩んでみたり、ミサゴの上空にオオタカやハイタカが居て二羽同時に撮れないかと試みた事も有りました。
どれも楽しい思い出です。
この後ミサゴは何所に行くのかいずれ誰かに聞いて見たいと思います。

場所が少し変わって今撮っているのはカワセミですがその背面にはミサゴ等鷹の類も来る所で、時々上空も注意してみていますが・・・見かけません、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57062117

この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴ そのど迫力:

« シメ | トップページ | カンムリカイツブリ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ