« オランダ旅行 Ⅷ | トップページ | コアジサシ »

2013/05/20

オランダ旅行 Ⅸ

9p7t9789

 今日も良い天気で部屋のリビングから聖ニコラス教会が見える。

9p7t9778

ホテルの朝食は種類が豊富。でも自分の食べる物と量は何時も通り。ベーコンの焼き加減がとても良い。キノコ入りのスープがあった。これは美味しい。シリアルには砂糖を入れないで蜂蜜だけにした。美味くないキュウリですが薬だと思って食べた。

9p7t9796

部屋の横からは駅舎を出た列車も見える。

9p7t9799

駅舎も目の前。リビングから丸見えだ。

今日は街の様子も解ったので息子とは夕方落ち合いそれまでは勝手に街の散策に出かける事にした。

9p7t9805

携帯電話を掛けながら自転車道を通勤でしょうか。

9p7t9811

市内観光バス乗り場です。何所の観光客か解りませんが大勢乗るようです。

9p7t9819

これは観光客用の馬車です。カッカッカッカッと蹄の音も高らかに走って来ました。

9p7t9820

ダム広場の中心に立ちました。写真を撮った数日後、バルコニーは退位した女王と即位した新国王が御立ちになりました。

9p7t9823

同じ場所から引いて撮った王宮です。

9p7t9826

王宮の前に観光用の馬車が止まっている。絵に成ると思いシャッターを押すと「この箱にチップを」と女性の御者に言われて20セント払った。

9p7t9832

アムステルダムのサッカーチーム「アヤックス」のグッズを沢山売っていました。

9p7t9846

繁華街を散策しながらゆっくりと歩きます。

実は腰が痛くてユックリでないと歩けないのです。

9p7t9858

ムントタワー迄来ました。

9p7t9866

妻の要望で《花市》を見る為です。

9p7t9864

長屋のように列んでいました。

9p7t9868

球根も沢山。

9p7t9873

店の奥には花には関係ないような土産物を扱って居る店もありました。

9p7t9882

殆どの店が似たり寄ったりです。

9p7t9899

チューリップの花は綺麗ですね。

検疫で引っかかるでしょうから買って帰る事は出来ませんから見るだけです。

9p7t9933

やっぱりオランダは運河の風景が似合うようです。

9p7t9940

ハネ橋も彼方此方に有ります。

9p7t9944

中心部から一寸離れた所に《マヘレのハネ橋》が有り、ハネ橋を見ながらクッキーやサンドイッチを食べながらノンビリ。。。。

パック旅行では絶対ない自由時間です。

9p7t9963

船が通る時は思い切り跳ね上がるんですね。信号も付いて居ましたよ。

9p7t0019

そのハネ橋の上を歩いてみました。特にどおって事は有りません、、、

9p7t0091

《レンブラント広場》まで来ました。

9p7t0101

モクレンにソックリな花が咲いています。お嬢さんは何をやっているのか・・・

9p7t0116

一人乗りの車ですが凄い駐めかたですね。

9p7t0158

妻は風邪を引いたらしくあまり調子が良くありません。ロキソニンも飲んでそのせいか食欲が無く気持ちが悪いと言っている。部屋で横になると言い一端トラムに乗ってホテルに戻る。

4階部分の4つの窓全部が泊まっている部屋の居間部分です。

9p7t0176

昼間の居間の写真を一枚撮って妻を残し港に行ってみる事にしました。

9p7t0186

綺麗で大きな港です。

9p7t0198

大きな客船が停泊しています。

9p7t0241

正面に回ってみました。

9p7t0268

港までの道はとても広く立派な道です。

荷台の付いた自転車に乗って・・・

この界隈はレストラン船やクルーズ船の発着所になっていて人の行き来も多く見られます。

9p7t0289

息子と落ち合い夕飯を食べに行きます。

トラムを降りたこの界隈は巨大な集合住宅が沢山ありました。

予定した日本人経営の日本食屋が・・・休み、、、

9p7t0302

近くの「ホテルオークラ」に変更。

9p7t0308

レストランでは商社マンらしい人達が大勢居ます。この界隈は日本企業も多いと言う事です。

9p7t0313

僕の頼んだのは スープ

9p7t0318

ヒレ肉

9p7t0319

デザートはブリュレ。値段相応の味でした。

因みに日本食は一人250ユーロ。和服の日本人がホール係をしています。「良いじゃねーかそのくらい、食べようよ」と言ったのに却下されてしまいました、、、

9p7t0323

夜9時半。やっと薄暗くなってきて、ホテルの照明が綺麗に浮かび上がってきました。

帰国後解りましたが皇太子夫妻は此所に御泊まりだったようです。

そしてアムステルダムの最後の夜は静かに更けて行きました。

P1000001

翌朝の朝食会場は最上階に変更になっていました。カメラを持って行きませんでしたので写メで景色を撮りました。

巨大な王冠が屋上に乗っている幾つかの建物が見えましたが今にも雨が降りそうです。

あっと言う間のオランダでしたが今から空港に向かい帰国します。

9p7t0361

見送ってくれた息子に感謝しつつ別れ、飛行機が飛び立つのを待つ間向いのワンちゃん温和しくして居ます。これから飛行機に一緒に乗ります。撮らして下さい言ったらニッコリ笑って。ワンちゃんは笑ってくれません、、、

オランダでは犬を連れた人を沢山見ました。しかし一切鳴きません。唸ったり飛びつくような仕種もしません。日本のバカ犬と大違いです。

9p7t0365

さて、飛行機が困りました、、、1時間遅れです。

9p7t0376

この飛行機に乗ります。外は本格的な雨です。

テイクオフは更に遅れ、乗り継ぎ便に乗れるか微妙な状態になり気が気ではありません。

9p7t0389

フランクフルトに到着。EUからの出国手続き。そして乗り継ぎの長い通路を腰の痛いのを我慢して必死で走りました。

飛び込むように乗り込んだ最後の乗客でしたがこちらは定刻出発。

妻には楽しみにしていた免税店での買い物が一切出来ず気の毒ですぅ、、、

9p7t0398

それでもエアバスの機体を一枚撮る事が出来ました。

日本上空を飛行中激しい揺れと、ドスンと落ちるような状況が数回ありました。主翼が折れちゃうんじゃないかと心配するほどでしたが成田に無事到着。

9p7t0402

自分の荷物が出てくるまで1時間掛かりました。

前泊も含めて12日間、アッというまでしたが個人旅行の大変さと楽しさを味わう事が出来、本格的な雨にも遭わず素晴らしい旅でした。

9p7t6781

※拡大できます

 完

« オランダ旅行 Ⅷ | トップページ | コアジサシ »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

>パック旅行では絶対ない自由時間、、、
>個人旅行の大変さと楽しさを味わう事が出来、、、

 この文章に いたく共感しています。
 おっしゃるとおりで、さらに 1ケ月滞在されたら、もっと実感されると思います。
 反対に、パック旅行ができなくなり、我が家では 困ったことになっていますけど、、、。(笑)

 是非 クルーズの旅も経験なさってみてください。
 荷物の移動がないので 奥様の負担がずいぶん軽くなりますし、
 具合が悪ければずっと寝ていても 構わないという環境は 精神的にも身体的にも楽です。
 シリアルもたくさんの種類がありますし、、、(笑)

 余談ながら キスマークの船に クルーズ中 出会いました。
 1隻しかないということはないと思うので 同じ会社の船でしょうが、印象深いデザインですよね。

 もう一つ、、はい、外国の犬は きちんと訓練されているので たしかに吠えませんね。
 もし吠えたら 再度訓練所に連れて行かなければならないと 聞きました。
 日本もそうなってほしいです。

shinmama様
仰るとおりですし私も同感ですがシリアルは気に入った一種類さえあればそれで良いと・・・
(゚゚;)エエッそお言う話ではないと、、、
たまたま今日クルーズのチラシが入って居てよく読むと焦臭くなってしまい行けなくなってしまったエジプトやチュニジア等も回るし行きにくい南米大西洋側の国々も周り、悪くないな〜と思いましたが、年老いた母親等長く留守する事も出来にくい状況も有り簡単に「行こう」とは言いにくい状況でもあります。
キスマークの客船には www.aida.de と船体に書いてありましたからドメインからしてドイツの船だろうと思います。
犬、ホントに腹の立つ犬ばかり周りにいて頭に来ております。飼い主は犬の鳴き声は聞こえないんですよね。AM4:15だろうと5:30だろうと365日ですから。飼い主共々訓練所に行けッ。

コンバンハ!!!
息子さんとの素晴らしい時間を過ごされて良いご旅行でしたね。海外で落ち合って一緒に過ごすというのも出来そうでなかなか出来るものではないのでしょう。息子さんはまだしばらくオランダに滞在されるのでしょうか?

今回の紀行には美人が大勢掲載されていました。写真集ができそうですね。まだまだ“現役”のようにお察しいたしました(^o^) フレー・フレー よ・し・坊・・・・・・・・・!!!

 私も ルーベンス=フランダースの犬 です。
 アニメは見ていませんが、子どもの頃読んだ本の挿絵を覚えています。
 泣きましたね…

 ホテルの窓から一日中眺めていても飽きない眺めですね。
 やっぱり美人さんが多い!
 同じポーズを日本人がしてもサマにならないんですよね…

 体調が芳しくない奥様に揺れる飛行機はお気の毒でしたね。
 このところよし坊様のお腰も調子良さそうに思っていましたが、
 最後にきての腰痛はお辛かったでしょうね。 
 その後奥様もお元気になりましたか? よし坊様のお腰はいかが?

 素晴らしい花旅を満喫されて、ご子息にもお会いできて、奥様お喜びだったでしょうね。
 ブログを拝見した私も、とても楽しかったです。
 ツレアイがリタイアした暁には、ベルギーにリベンジ旅行といきたいものです。

 我が家の近くにも一匹おりまして、その犬の散歩のときは「バカ犬様のお通りだよ」、と家族で言ってます。
 
 

よし坊様、shinmama様と海外個人旅行を拝見すると、大変ではあっても個人旅行が絶対に良い!と思いました。
パック旅行で決められた場所を観光。楽かもしれませんが、気ままな我が家には不向きです、、、
ただ悲しいかな、英語も全くダメですから、どうしたものかと考えてしまいます。^^;

飛行機はもう平気ですから海外旅行したいのですが、いつ何が起こっても、すぐに戻れる場所しか旅行に行けいないのが現状です、、、、

オランダは私が想像していた以上に美しい国です。特に運河の風景はとても好きです。
長いようで、あっという間だった12日間ですね。
最後は飛行機でヒヤヒヤされましたが、何とか間に合い良かったです。
とても素敵な旅、拝見できてよかったです。^^
腰の痛み、長引いていますね、、、お大事になさってください。

ごくらくとんぼ様
団体旅行中ニューヨークで1回、アメリカ西海岸で正月に1週間ほど会いました。今回が一番長いですね。8月末に帰国します。
美人が多かったですね。と言うか思わず目が行ってしまったと言った方が良いかもしれませんね。
エールを送られてもね、、、なんて答えりゃ良いんでしょうか、、、

よう様
そうですか!フランダースの犬を見たり読んだりした人とは印象が大きく違うんですね。ベルギーではこの話は知られていなく見方も感じ方も違うのだそうですよ。

夫婦共々帰国後元の体調に戻るのが遅くてグデグデした状態が続きました。どうせ毎日が日曜日だからと言う甘えもあるのですが。腰痛は以前の状態まで戻りました。これなら山にも行けます。

観光だけが目的として行くならオランダよりベルギーでしょうね。お薦めします。

今朝は何時もより一寸遅く6時にバカ犬の鳴き声で起こされました。旅行で留守以外は毎日起こされます。我慢も限界に達しております。
最後までお読み頂き有難う御座いました。

ニャン様
手始めに全く英語が駄目でも大丈夫なハワイのオアフ島に行かれるのも良いかもしれませんよ。
せっかく飛行機に乗れるようになったのにそれは残念ですね。
オランダは風車とチューリップのイメージが強いですが最近はサッカーも強くて日本人が所属しているチームも多いんですよ。
もしニャン様がオランダに行かれるとしたら僕が行けなかった世界遺産の「キンデルダイク」に行かれると良いと思います。パックなら必ず行くはずですが、、、
新型の飛行機ほど揺れが少なく安定して飛ぶはずなのですがあの日は日本上空の気流がおかしかったんでしょうね。
最後までお読み頂き有難う御座いました。

よし坊さん こんばんは
オランダ旅行  ご一緒に行った気持ちにならせて頂きましたよ。
こんな綺麗な所に人が生活しているなんて 信じられませんって感じです
本当に 楽しい ブログ オランダ旅行でした。
写真も凄く heart04素敵に撮れていましたねhappy01うっとりでした。

RINO様
有難う御座います。
色々な旅の形がありますが今回はじっくり座って確り見て楽しんだと思います。
世界各国からの観光客も多いですが日本人に会う事が少なかったです。行動パターンが違ったからだと思っております。

今週はN川に行っていますが出てきません、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57417999

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ旅行 Ⅸ :

« オランダ旅行 Ⅷ | トップページ | コアジサシ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ