« 翡翠の子が現れた | トップページ | 父の日 »

2013/06/17

バシャ~ン

9p7t3410

 フト空を見ると「ノスリ」が飛んでいた。 道理でカワセミの姿を見かけない訳だ。カエルや野ねずみ、小鳥などを好んで食べて居るらしいが大嫌いな蛇を捕まえて食べてくれると嬉しいのに、、、

9p7t3505

川には燕が沢山来ている。すると 「バシャ~ン」何だこの激しい水飛沫は!! よく観察するとオレンジ色の燕が来て派手に水面にぶつかる。

9p7t3607

「腰赤燕」だ。 じっくり観察すると水飲みの時と違う派手な動きをする。どうやら水浴びのようだ。

9p7t3609

速い動きで追いかけきれない。ピントも合わない、、、
その後直ぐ近くの電線に止まり毛繕いをした。

« 翡翠の子が現れた | トップページ | 父の日 »

」カテゴリの記事

コメント

 燕といえば黒の燕尾服一辺倒だと思っていましたが、
 こんなおしゃれな燕もいるんですね。
 うちのあたりにもいるのかしらん?

 翡翠もノスリに狙われるのでしょうか?
 緊張が走りますね。
 

よう様
燕は燕で良いと思うのですがその道の人に言わせれば色々な種類に分類されるらしいです。
日本なら何所にでも居るはずです、去って行く方向の時オレンジ色に見えますから解ります。それとほんの一寸大きいです。
翡翠もノスリに食われたくないですからね、身を守るのも大変なんです。


1月7日のブログで 初めて拝見したノスリが 冬鳥、
本日 初めて拝見した腰赤燕は 夏鳥。
今は 両方を見ることができる時期なのですね。

どちらも実際に見たことがないのですが、
よし坊様のお陰で 知識だけでもインプットさせていただけるのが嬉しいです。 

鳥には鳥なりの厳しい世界があるのですね。
ツバメは一種類と勝手に思い込んでいましたが、このような燕もいるのですね。
動きが早いので、見極めるのも大変そうです。
これから本格的な夏、どんな鳥を撮られるのでしょう。楽しみです。^^

shinmama様
よく覚えてますね!!そんな事とっくに忘れておりましたぁ、、、
最近定点で撮り続けているのは僕一人に成ってしまいました。寂しいですよ。たまにカメラを持たずにポツッと来ますが、、、
暑い、蚊の対策、子供の水遊び、と鳥撮りには不向きな条件が増えました。

ニャン様
合併する前の静岡市の鳥は「ヒメアマツバメ」でした。今は翡翠です。
それにしては翡翠が住むに相応しい環境整備が全くありません。抱卵・子育ての時季だというのに平気で川底をブルで掘ったりひっくり返したりを毎年やっています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57575879

この記事へのトラックバック一覧です: バシャ~ン:

« 翡翠の子が現れた | トップページ | 父の日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ