« サッカー観戦も又良し | トップページ | カワセミの水浴び »

2013/06/07

翡翠

9p7t2951

 コアジサシ撮りにピリオドを打ってからは、天気が良いと翡翠撮りに通い出した。 時期も時期で上手く行けば子連れで出てくるのが撮れると思うからだ。

9p7t2964

この日は珍しく目の前ほんの6m程の所に止まっている。
川の水もすっかり緩み良く見ると小さな魚がいっぱい居て自然界の理屈はつくづく上手く出来ていると思う。 つまり子供の翡翠に適する大きさの魚が沢山捕れるからだ。
しかし通っても通っても子連れどころか親も滅多に来ないし鳴きながら飛んで行ってしまう。

9p7t2970

各所からは子供の写真が撮れたと情報が伝わってくるが、此所は全くその気配がなく一度もシャッターを押さずに帰る日も多いが天気さえよければ通い続けている。

« サッカー観戦も又良し | トップページ | カワセミの水浴び »

」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
コアジサシの撮影今季は終了ですか・・・
最近カワセミの情報、映像が少ないように思います。
幼鳥の姿も偶には見ますが、個体数が少ないのでしょうか?

久々に拝見する翡翠の美しい姿。
なるほど小魚は子供に与えるのに丁度良いサイズなのですね。
先日、水鳥湿地センターに行ってきましたが、今センターの前には翡翠は姿を現さず
七月ごろにはみられるのでは?と聞きました。
所違えば、いえ、生息地は季節により異なるのですね。
見てみたい翡翠の赤ちゃんです。^^

 あら~~。
 久しぶりに翡翠の姿を拝見して「おっ」と思ったのですが、
 うまく行かないものですね。
 なにか翡翠が気に入らない状況でもあるのでしょうか。
 できることなら、聞いてみたいですね。

 一度もシャッターを切らないで帰る日は
 疲労感も増す気がしますでしょう?
 でも、待てば海路の日和あり。
 そのうちきっと良いことがありますよ!

KEN様
島田では子連れや子供の写真が撮れたとブログにUPされていますが此所は駄目ですね、、、
個体数が数年前に比べ激減してしまいました。
又、毎年の事ですがこの時季に必ずユンボやブルが入って川底を齧ったりひっくり返したりするんですよね。役所のバカがなに考えているのか・・・

ニャン様
魚の姿が殆ど見られない状況でしたがいつの間にやら小魚がいっぱい居て嬉しいです。
鳴いているけど姿が見えない事もあり葉が生い茂ってくると見つけずらいです。
実はコアジサシ撮りの時にも同じ場所にいるのですが遠いのと逆光線で良い写真が無く出さなかっただけなんですよ。

よう様
何の収穫も無くシャッターも押さずに帰る日も特に疲れたという感じはなくセセラギの音を聞きセキレイや燕サギ類の姿を見て居るとあっと言う間です。
定点で撮っていると話しかけてくる人も居るし何所で見たと情報をくれる人も居てそれなりに収穫はあるのですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57530972

この記事へのトラックバック一覧です: 翡翠 :

« サッカー観戦も又良し | トップページ | カワセミの水浴び »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ