« イソヒヨドリ | トップページ | 腰赤燕 »

2013/06/24

世界文化遺産【富士山】

Img_6450

 曾て自然遺産で申請して却下された富士山が文化遺産として登録された。
ハッキリ言って素直に喜べない。

自然遺産なら「ウン、そうだ そうだ」と素直に喜べる。

自然遺産に成れなかった理由はゴミやトイレの問題、麓の自衛隊と米軍や民間の美観を損なう施設等だったと聞く。

そこをなにも改善しないまま文化遺産に成ってしまった。

しかし考えれば考えるほど文化遺産は無理がある。さらに三保の松原も今回の世界遺産の一部として認められた。これはどう考えてもこじつけだ。

成ってしまったものは仕方がない、少しでも良い方向に持って行きたいものだ。

にわか登山者が増えゴミが増え、山小屋の混雑や人間としての尊厳が保てない山小屋のトイレは今以上に劣悪に成る。これを解決しなくてはならないだろう。今の富士山にはたしてそれらの事を解決する事が出来るだろうか。
入山料を一人千円取る案などが出ているらしいがそれっぽっちでは焼け石に水。一人五千円〜一万円ほど取り、入山者も一日何人と決めてしまうくらいでなければ解決しないし、山の自然も維持できないし山小屋も良くならない。入山料を取っておきながら、このトイレは何だ!泊まるのも一人一畳のスペースもないと文句も出よう。そんな事に成らないように日本の山小屋オーナーはニュージーランドやカナダの山小屋に研修に行き、考えを根本的にひっくり返してもらいたい。

全ての外国とはいかないが主な山の主な地区では山で事故に遭いヘリで救出されても登山者の負担はない。それほど国をあげてバックアップ態勢が取れている。日本では莫大な費用が掛かる。富士山はそれが出来るのか?

そんな事を知ってか知らずか、短パンTシャツで平気で登ってくる登山者は標高3,776mもの山を何と心得ているのか。

観光客も増えるだろう。来た時よりも美しくを実践してくれる人がどれほど居るか。日本の世界遺産を綺麗に守ろう維持しようという気持ちを国民一人一人が持ってくれる事がなんと言っても重要だと思う。

色々考えてしまう 世界文化遺産富士山 だ。

Akb40056

« イソヒヨドリ | トップページ | 腰赤燕 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント


先日 クルーズ船用の埠頭についての希望をアップしましたが
山に関しても同じことが言えますね。

旅先で どんな小さなことでも不快に感じると その国全体がよくないイメージになり、
ちょっとでも嬉しいことがあれば その国全体に親しみを感じることがよくあります。

富士山に登ろうと思って やってきた海外の方の感想を想像すると「お願い、登らないで」と言いたくなります。
インスブルックで経験したような機能的で衛生的な施設を思って登ると大変なことになりますものね。

でも世界遺産になると 維持管理する費用がユネスコから提供されますが
構造物の建設や撤去には 申請と認可が必要で  たやすくできなくなりますね。

そうなれば おっしゃるように これから先は登る人たちのモラルに期待するところが大きくなると思います。

shinmama様
【富士山に登ろうと思って やってきた海外の方の感想を想像すると「お願い、登らないで」と言いたくなります】全くその通りですね、同感です。

日本人の「初めての山小屋」なら、山小屋ってこうなんだ、、、と思えばそれで済むかも知れませんが外国から来ると「何だこれは!恐ろしく不潔不衛生」と思う事でしょうね。僕は日本人として恥ずかしく思います。

朝刊によると知事が「入山料と人数制限も考えなくてはならない」と発言して居ます。当然です、そうしなければ自然が保てません。
昨日は三保の海岸で「今からBBQをします」と言っていた人が居ましたが炭や燃えかすを砂に埋めて帰るような事はしてもらいたくないとつくづく思いましたしBBQやキャンプ禁止もしないといけないかも知れませんね。
やらなければならない事だらけだぁ、、、、

コンバンハ!!!
30年前に富士山に登り8合目半付近であえなくリタイヤしました^_^; 高山病でそれ以上は無理でした。その時泊った山小屋で混雑のため一つの布団に友達と背中合わせになって寝ました。今年の夏はどうなるんでしょうね。気分が悪くなっても横になれないかも?
よし坊ブログではNZの快適な山小屋が掲載されていて、日本の山小屋がNZのようにもっと快適になれば海外の方々にもっと日本の山々を楽しんでもらえるのにと思っています。そのためにはやはり人数制限が必要かと思います。登山家の田部井淳子さんがおっしゃっていました。 “海外の様々な山へ行ったが日本の山は他に比べて四季折々の景観が素晴らしい” と。せっかくの財産なのですから国を挙げて取り組まなくてはならない問題ですね。

明日は姑がリハビリ病院へ転院します。どこまで快復するのか複雑な気持ちです。

 本来なら、おめでとうございます、と心から申し上げるべきところですが、
 ほんとうにおめでたいことなのだろうかと、部外者の身ではありますが、片隅でわだかまっています。

 古い時が何でも良かったとはいいませんが、現在の5合目の景観と喧噪は、好きになれません。
 富士山の小屋に泊まったが故に、以後絶対に小屋泊まりをしない人を何人も知っています。

 登山道にはゲートとビジターセンターのような施設を設け、入山料を徴収し、軽装登山者は入山を拒否するくらいの取り組みをしなければ、とてもとても適正な登山者数をコントロールしていけません。
 短パン半袖Tシャツで登る外国人も数多く見ました。 外国語の案内も必要です。

 課題山積のまま、観光客も登山者も増えるにまかせていては、この先富士山はどうなってしまうのでしょう。
 関係自治体のみならず、国としても、また私たちひとりひとりも、根本的な意識改革をしなければならないときがきていると、ニュースを見ながら思いました。

ごくらくとんぼ様
仰るとおりですね。背中合わせならまだしも、自分の顔の両横には別の人の足がある互い違いに寝た人もあるやに聞きます。恐ろしい事です。
断られた人が外で死んでしまったなんて事が起きると小屋の責任にも成り断れないらしいのですが困った状態です。
人数制限が一番良いでしょうね。躊躇せず決めてしまいましょう。汚れて荒らされて登山道が崩壊して遺産取り消しなんて事態にならないうちに。

転院ですか、確かに複雑な気持ちだと思います。同じ事を経験していますからよく解ります。

よう様
ここ数日ニュースで出てくるのは商店や土産物屋が「こんなの売り出しました」なんてのばかりです。喜んでいるのは商売絡みばかりです。景観が維持できないから土産物屋は立ち退き・・・なんて言ったら大反対するでしょうね。維持するには文化に関係ない建物は無いに越した事は無い訳ですから。
この先、国税だけでなく市県民税も使わなければならない事も有るでしょうが富士山の有る静岡・山梨両県民は身に降りかかる事で黙っては居られないです。
【ゲートとビジターセンターのような施設を設け、入山料を徴収し、軽装登山者は入山を拒否するくらいの取り組みをしなければ、とてもとても適正な登山者数をコントロールしていけません。
 短パン半袖Tシャツで登る外国人も数多く見ました。 外国語の案内も必要です】全く同感です。
遺産内全て禁煙も必要ですね。中国人のようにバンバン吸ってトコロトッパチ吸い殻捨てられると税金使って掃除しなくてはならない。
ニュージーランドのように一歩入ったら全て禁煙がベストですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57637564

この記事へのトラックバック一覧です: 世界文化遺産【富士山】:

« イソヒヨドリ | トップページ | 腰赤燕 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ