« カワセミだ翡翠だ!! | トップページ | カワセミがぁ、、、 »

2013/07/24

西沢渓谷

Img_2317

 21日、久しぶりにワンダーホーゲルの行事に参加した。
西沢渓谷に来るのは10年ぶりだ。
幸い天気も良く雨具はポンチョ、少なめの食料と多めの水、非常食もヘッドランプも持たない実に軽量な出で立ち。
地図とコンパスはちゃんと持っていますよ!!

Img_2312

準備運動をしてサア出発だ。

Img_2315

おや?この犬ザックを背負っていますよ!可愛いね!

Img_2320

長い「二股吊り橋」を渡るといよいよ渓谷に入る。

Img_2323

先ず見えて来たのは「大久保の滝」

Img_2327

続いて「三重の滝」

Img_2333

「人面洞」ウ~ン、、、何所が人面に見えるか良く解らない。

Img_2334

「竜神の滝」

Img_2339

「恋糸の滝」 枝が被って上手く写らない、、、

Img_2345

「貞泉の滝」

Img_2348

秋の紅葉シーズンでもないのに涼を求めて多くのハイカーが訪れている。 そして、道の殆どはクサリで安全が保てるように成って居たのにはビックリした。

Img_2351

「母胎渕(欧穴)」

Img_2353

「カエル岩」

Img_2359

渓谷のハイライト「七ツ釜五段の滝」

Img_2366

少し上がった所から見るとお釜の様子がよく解る。

Img_2376

登り切ると軌道の跡地に出て大きなデッキがあった。

Img_2382

材木を運び出す為の軌道跡にはレールがいたるところに残って居る。

Img_2390

途中大休止を取りやがて大展望台に到着。
渓谷の向こう側には「鶏冠山(とさかやま2115m)が見える。

Img_2395

昔のイメージと全く違う整備された広く平らな道と新しく大きな橋も掛かり距離も時間も大幅に短縮できるように成って居た。

Img_2402

グルッと回って出発地点まで戻りました。

Img_2405

小型バスを置かせてもらった蒟蒻屋さんで刺身蒟蒻を振る舞ってくれた。

美味かったので一つ買った。

帰宅後妻に「(゚゚;)エエッこれが800円?」と言われてしまった。食い物は値段じゃないんだよ!美味けりゃ良いんだよ!
翌日食べた妻「美味しい」と褒めた。ホレ見ろ値段だけの価値はあるんだよ!!

Img_2407

一風呂浴びよう。
公営「笛吹きの湯」は無色無臭、殆どさら湯に近かった。
トレッキング帰りの人で大入りだった。

参考タイム
出発9:30→二股吊り橋10:03→大久保の滝10:19→三重の滝10:27→人面洞10:36→竜神の滝10:50→恋糸の滝10:54→貞泉の滝10:59→母体淵11:10→カエル岩11:20→七ツ釜五段の滝11:35→森林軌道跡12:01→(途中30分大休止)→大展望台12:56→出発地点14:00 

« カワセミだ翡翠だ!! | トップページ | カワセミがぁ、、、 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

ワンちゃんも山登りするのでしょうか?ほんと可愛いですね。良く似合ってます。^^
西沢渓谷って沢山滝があるんですね。
涼を求めてこられるのがわかります。
滝つぼの水の美しい事。ブルーやグリーンに見えるのは、まわりの風景を映しているからでしょうか?
美しい滝の数々、楽しませていただきました。ありがとうございます。^^


これだけ多くの滝を見ながら 歩けるコースに憧れます。

広島にも あるのですが、 スタート地点まで車で行くのが大変で、なかなか思い切れないでいました。
今となっては 無理しても行っておけば良かったと思うばかりです。

「いつか行こう」 は 「いつまでも行けない」 ということになるのですね。

コンバンハ!!!
西沢渓谷、懐かしく拝見させていただきました。
アルバムを引っ張り出して確認しました。晩秋に訪ねました。ユニクロのフリースを着ていましたからそんなに大昔ではないかと思います(^o^) 

七ツ釜五段の滝まで、白みがかった大きな岩づたいに鎖を頼りにおっかなびっくり進んだのが懐かしいです。急な崖を上って軌道に出て落ち葉を踏みしめてパーキングまで戻りました。
思えば若かったです、自分で運転した帰ってきたんですから。

 きれいな水!
 水の青さがきれいに写っていますね。
 流れの中に飛び込みたくなります。
 暑い日続きですので、
 拝見しているだけでさわやかです。

 たかが蒟蒻、されど蒟蒻。
 蒟蒻は大好きです。
 美味しい蒟蒻って、ほんとうに美味しいですよね!
 主婦としては奥様の第一声に思わずうなづきますけれど(笑)

ニャン様
この日は犬を連れた人が沢山来ていました。リックを背負った犬やリックに二匹入れてご主人様が歩いていたり様々でした。
滝壺が青かったですね・・・とても綺麗で涼しさが増幅されました。しかし何故深い青みなのか単純に深いからと思って居ましたが・・・他の要因があるのかも知れません。指摘されてハタと考えてしまいましたぁ、、、

shinmama様
妻と歩いた時はやたら長く感じたのですが今回はあっと言う間で一つ一つの滝をじっくり味わう事が出来ました。
夏は沢登りや渓谷歩きは涼しくて良いですね。

静岡から現地到着まで3時間掛かりましたが価値はありました。

ごくらくとんぼ様
フリースを着て暑くない時期とあれば秋も深まり紅葉が最高に良かった事でしょうね。
次々滝が現れてあっと言う間に軌道跡まで登れてしまいましたから入門者向きの良いコースですね。再挑戦されたら如何でしょうか。
帰りは一寸寄り道して「ほったらかし温泉」という手もありますよ。
何をおっしゃいますか・・今も若いですよ。

よう様
飲料用とは書いてなかったですが途中水を補給できる所がありましたね。水が綺麗な証拠です。

蒟蒻はノンカロリーでもあり僕も積極的に食べます。
値段の感覚は主婦と大分違いますが美味けりゃ良いんですよ!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57848825

この記事へのトラックバック一覧です: 西沢渓谷:

« カワセミだ翡翠だ!! | トップページ | カワセミがぁ、、、 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ