« 翡翠 試練は続く  | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 2 »

2013/08/12

世界一美しい尾根歩き 1

 エスプラナーデを歩く

Img_2918

 誰がいつ頃から言い始めたか、何時の間にか「世界で一番美しい尾根歩き」と言われるように成ったカナダはコロンビア山脈の一廓に位置する『エスプラナーデ』に行ってきました。

初めて聞く名称でしたが僕の期待に充分応えてくれる魅力溢れる内容でした。
山上の湖畔に建つ山小屋を縦走・広大な山域を独占・変化に富んだ大自然とお花畑・ヘリコプターを使った入山と下山 と、まあ夢のように贅沢な悠久の時を体感して来たのであります。

※写真はクリックすれば拡大できます

それでは続きを読むをクリックして中にお入り下さい。

Esupura002_2

 山上の湖畔に建つ3つの山小屋を4泊5日で縦走します。(絵地図クラシックトラバースを歩く)

写真の絵地図右方向にロッキー山脈を見て、左に眼を転ずればコロンビア山脈主峰群が連なりその雄大な景色の中を山小屋滞在者以外誰も居ない貸切尾根歩きをするのです。

※拡大できます

Esupura001

小屋までの道がありませんので入山と下山はヘリコプターを使いますがそれぞれの小屋で使う着替えやお酒など嗜好品も先回りして搬送してしまい、下山時には不用に成って小屋に残してきたものをヘリで回収します。

したがってトレッキング中は水と雨具に昼食(嗜好品を含む)、簡単な防寒着だけの軽装備で済むのです。

※絵地図・説明絵図はヤムナスカマウンテンツアー社の御好意で使わせてもらいました。

拡大できます。

前置きが長くなりましたアルパインツアー社の「エスプラナーデ 山小屋縦走トレッキング9日間」の始まりです。

Img_2438

日本各地から参加した10人は成田で御対面。期待に胸を膨らませ満席の成田発17時エアカナダ直行便でカルガリーに向かいます。

程なく夕食が出る(写真無し)。夕日に染まった綺麗な空が見えた。

Img_2446

着陸前にはお粥。おかゆが出たのは初めての経験ですが一寸味が薄かったので添付の塩を軽くふりかけました。

Img_2453

氷河を頂いた山が見えて来ると間もなく

Img_2457

カルガリーのダウンタウンが見え着陸。
9時間一寸のフライトが終わりました。
空港で現地滞在のツアーリーダー小泉君の出迎えを受ける。

Img_2469

1時間半ほどでキャンモアに到着。

スリーシスターズ(三修道女)が奇麗に見えている。

Img_2478

ラディソンホテルに泊まる。

見た目も良い落ち着いたホテルだった。

Img_2483

揃って食事に出た。

此所で全員の自己紹介。ご夫婦で参加一組、男性5人女性5人のツアー参加者10人。皆さん話好きで初めから会話が途切れない。いい人達と巡り合い幸せ。
※顔がハッキリ出ないように小さくした写真を貼り付けています。拡大する程ボケます。

Img_2486

このレストラン肉がメイン。色々な種類の肉が次々出てくる。好きな量だけ切り分けてもらうシステムだ。

ホテルに戻ると外は雨、明日は入山。期待に胸を膨らませ早々と寝た。

つづく

« 翡翠 試練は続く  | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 2 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

よし坊さん 豪華な旅話し 始まりましたねhappy01
わくわく 楽しみです。ヘリですか?凄いですね!

待ってました!!!

ヒャーーーー、オーーーーー、ギャーーーー、 
凄いツアーがあるもんだ。

アルパインのパンフレットを拝見。
どれどれ、ふむふむ。

夫に叫びました。

「すごいよ」 「すごいな」
「いいね」 「いいな」
オウム返しだけ ?

よし坊様

お帰りなさい♪(ノ´∀`*)ノ

どの方面のカナダかと想像していましたが・・・。
はるかに想像を超えました。
トレッキング!私には到底出来ない旅です。
ワクワク、ドキドキしながら次のアップお待ちしていま~す。

旅行内容を文章で拝読させていただいただけでも
なんと優雅な山旅でしょう。^^
ヘリコプターでしか入山、下山できないというのも凄いですね。
それに、このプランよく見つけられましたね。^^
冒頭の山々の美しさと青空も素晴らしいです。
今回も素敵な方々との出会い時間を過ごされたのですね。
「世界一美しい尾根歩き旅」ワクワクしながら拝見させていただくことになります。
楽しみです。^^

RINO様
今朝も早くから翡翠撮りに出かけましたが一度もシャッターを押すことなく帰宅しました。
どうなっているのかサッパリ解りません。
今回の旅では やらせ ですがハチドリを撮ってきました。何れ出します。

shinmama様
実はアルパインの社員から「皆さん大変喜んでくれるコースですから是非是非」と薦められて決めました。ホントに良かったです。
日陰は一切ありませんが、、、

みやび様
想像を超えていましたか!!確かに当たり前の旅行プランから外れていますもんね。
その代わり想像出来ない世界が待っておりました。

ニャン様
行ってみて解りましたがヘリは当たり前の足として使われていました。冬には一日にヘリスキー何本ヤッタなんてのが沢山出てくる国です。
縄張りにしている動物の世界をちょっ人間が使わせて頂いている、そんな奥深い山を歩かせてもらいました。

 すてき!
 さすが、アルパインはびっくりするコースを見つけてきますね。

 迎え盆をすませたら、
 日本の最高気温をぬりかえた四国に行きます。
 
 せっかくよし坊様の魅惑のカナダトレッキングが始まったのに~~!
 スマホの小さい画面でとりあえず拝見。
 戻ってきたらゆ~っくり、とくと堪能させていただきます。

よう様
お出かけになるんですね、羨ましいですがそんなに暑い所に、、、
熱中症にお気を付けて行ってらっしゃい(@^^)/~~~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57946646

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一美しい尾根歩き 1:

« 翡翠 試練は続く  | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 2 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ