« 世界一美しい尾根歩き 4 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 6 »

2013/08/21

世界一美しい尾根歩き 5

 エスプラナーデを歩く

Img_2826

 目をさますと神秘的な光景が広がっていた。

これは期待できると大急ぎで靴を履きカメラを片手に飛び出した。

朝焼けの写真は絞り優先 露出バイアス−1.67

Img_2831

ロッキーの稜線に太陽が顔を出した。

Img_2840

小屋周辺も真っ赤に染まった。 期待した見事なモルゲンロートが見られた。

※拡大できます

Img_2842

小屋では何時も通りの仕事が当たり前のように進んでいる。 今日も沢山の果物。

Img_2843

朝食はこれだけで十分かな?勿論他の人はもっと沢山食べて居ましたよ。

Img_2844

全員揃って「いただきま~す」シェフもガイドもリーダーも一緒に食べるんですよ!!

Img_2845

そして何時も通りのランチ作り この日僕はパンにバターとピーナツバターを塗り、野菜とハムは別に包んだ。これは大成功だった。残念なのはピーナツバターが甘くない、、、

Img_2846

これは洗面所です。足踏みポンプで水が出る仕組みに成って居ます。歯磨きもウガイも出来ますが必要最小限の水を使います。

Img_2848

小屋には前室が有ります。此所で靴を履き替えます。

Img_2850

そろそろ出発ですよ!
日焼け止めクリームタップリ塗りましたか?虫除けの薬塗りましたか?
僕はミルフォードの時使ったサンドフライ用を持っていきました。これが凄い威力でした。近くに来ても顔には止まりません。塗らなかった首の後ろや腕に刺されました。それも服の上から。

Img_2851

サア出発!!
Hさん今日もシンガリからビデオの撮影ですね。

Img_2855

空は青く大地には何所を見ても花花花。

Img_2859

今日はアノ尾根超えて一端下りさらに尾根を超えるそうです。

Img_2863

こんな花だらけの何所を歩けば良いんですか。見渡す限り花又花。

Img_2864

こんな広大な花園を我々だけが占有している何と贅沢なトレッキングでしょうか。

Img_2866

Tさん又何か新たな花を発見しましたか?

Img_2867

これは何かの咲き終わり?

Img_2869

これはリンドウの仲間のようです。

Img_2871

近寄って見ました。

Img_2872

大きな穴発見!!! 熊が掘ったそうです。
この穴に潜みジリスなどが近づいてきた所を捕まえるそうです。リスは沢山居ます。

Img_2876

昨日登ったカポーラマウンテンが見えます。

Img_2879

Img_2880

花の撮影には事欠きません。

Img_2889

左エレクトリックレイクと右はベイビーレイク。正面の山はカポーラです。

Img_2891

登るにつれ見えて来ましたサーサンホード。

Img_2893

アイコノクラストも見えます。

Img_2894

小休止の序でに自分の靴をパチリ。
今回も登山靴ではなくトレランシューズです。軽くて、クッション性が良く足首や膝に優しい。大正解です。
この時シェフのアイザック君発見。我々とは全く別の直登ルートでこれから登ろうとしているゴツゴツした山を歩いている。歩くと言うより跳ねている。君はイエティーか仙人か?

Img_2897

写真最後尾は川崎からご夫婦で参加のご主人Fさんです。ビックリするほど花の事が詳しく驚くばかり。山も沢山歩いています。さらに付け加えれば奥様に優しい!!

Img_2899

右が東京のN嬢・左が同じく東京のA嬢、何時しかこの二人の事を『二人静』と呼ぶように成りました。 二人揃うととても無口なんです。ムクチと言っても字が違います『六口』と書きます。口が六つもあれば姦しい訳だ。いつも楽しそうに話しまくっています。この二人山で知り合って今回参加したそうです。N嬢は秘境探検がお好きだそうで現地で蛇やサソリも食べたそうです「だって、現地の人の最高のもてなしをしてくれた食事を食べなかったら失礼ですもん」とおしゃっていました。A嬢は天真爛漫、明るく振る舞い雰囲気作りのエキスパート。

Img_2900

ジリスの巣穴の入り口です。入り口は何カ所もあり繫がって居るようです。

Img_2901

サーサンホートが目前に迫ってきました。
※拡大できます

Img_2904

右はガイドの谷君。ストックを高々と上げた3番目の女性はご夫婦で参加のF氏奥様、花の知識が半端じゃ有りません。貴方の甘いしゃべり方でご主人はメロメロのようですね。
綺麗な尾根と二つの山脈に囲まれた世界一美しい尾根歩きに相応しい状況は限りなく続きます。
※拡大できます

Img_2905

目的のピークに到達。ベアリングポイントと言うそうです。代わる代わる頂上を踏んだ。

Img_2907

正面にはロッキー山脈。

Img_2909

のぞき込めばビスタレイクとその脇に今日泊まるビスタ小屋が見える。

Img_2914

奥様が出発前に照る照る坊主を作ってくれたそうでザックに取り付けて歩いている長崎のTさん。帰国したら宜しくお伝え下さい。お陰様でピーカンが続きましたと。

Img_2917

世界一美しい尾根歩きを実感できる尾根歩きは飽きることなく続く。皆さん足取りは軽い。普段ワンダーホーゲルで歩くスピードの半分以下のスピードですから周りを見る余裕もタップリ有ってとても良い。

Img_2919

岩・苔・花 盆栽の世界にも通じそうだ。

Img_2922

振り返れば先ほど登ったベアリングポイントが・・・・・どのピークだぁ、、、、

Img_2929

そろそろ尾根歩きも終了。記念に一枚撮ってもらった。

Img_2931

急な下りを慎重に。

Img_2932

尾根には雪庇が伸びているのが解る。

Img_2934

残雪を一歩一歩。

Img_2936

この辺りはあねもねの花の色が白い。蕾もあり良い写真が撮れた。

Img_2938

遠くに小屋が見えている。

Img_2943

何所を切り取っても絵に成ります。

Img_2948

草原のような一廓に出た。足下は勿論花。リーダーはバラバラに歩くように指示している。 そして、此所で昼寝タイム。
花を布団に昼寝とは何と贅沢な事か。 ナニ?花を避けろって?そりゃ無理、そんな所有りません。。。

Img_2949

Img_2950

Img_2951

花好きの人はもっと色々な種類を撮っていますが、僕は眼に付いた物を適当に、、、

Img_2955

さて、小屋に到着。サウナ小屋からは白い煙が立ち伸びています。

Img_2959

どの小屋も全く同じ作りです。入り口には大型の冷蔵庫とガスボンベ。その奥が前室とガイド専用の部屋。さらに奥がダイニングとキッチン。キッチンの隣がシェフの部屋。2階が居室で6部屋。中廊下で振り分けてあります。廊下のドンズマリに夜間専用トイレがあります。夜中に外のトイレに行って熊に襲われたら大変ですから。

Img_2962

おやつが用意されています。サクランボを初め果物がタップリ。生のニンジンとセロリも有ります。馬じゃね~ と、内心思いながら薬のつもりでニンジンを齧っていました。メロンとスイカは人気があります。

Img_2964

そしてエスプラナーデ最後の晩餐が始まります。

Img_2965

僕は相変わらず少なめ。ここに来る前にかき集めた情報では、欧米人は分厚い肉を出すと喜ばれる、日本人には野菜たっぷりと料理の種類が多いのが喜ばれると書いてあります。ちゃんと解っているようです。

Img_2966

そしてデザート。これは別腹。 時々飛んでくるハチドリに歓声を上げる。

Img_2967

食後の団らんはありとあらゆる物が話題に。ガイドの谷君が日本の山小屋で生活していた頃の話しも面白い。 お酒を飲む人は池や沢で冷やしておいた物を大事そうに持って来てチクチクやっていました。 次は何所に行こうか?て、話は旅行じゃありませんよ、何所の外国の山に行こうかです。 花も尽きず世も尽きずエスプラナーデの夜も尽きず。何時までも暗くならない夜を楽しみました。
本日の行動時間7時間10分(全ての休憩時間含む)
つづく

« 世界一美しい尾根歩き 4 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 6 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント


プライバシー保護のため はっきりとはわかりませんが、
皆さんの平均年齢は いくつくらいなのでしょう?
体力年齢が お若いことは 良くわかりますが、、、、。

山小屋、食事、サウナ、、どれをみても
歩くのなら 日本の山ではなく海外の山がいいです。
素人のくせに贅沢ですが 素人だから 海外の方がよさそうです。

一気に読ませていただきました。
何と言ったら良いのやらとにかく圧倒されました。(●Д●)
高地で食べるフルーツ、美味しそう。
到底、そこには行けませんがこの目で可愛いお花を見てみたいです。♪

shinmama様
僕が一番上だと思います。
でも此所は体力要りません、ノンビリユックリ。重い荷物も持たないし、大変なアプローチも無い。言い方を変えれば山ガールデビュー登山にもってこいです。

一度外国の山小屋を経験しちゃうと日本の山小屋泊まりでは行きたくね~と思っちゃいますね。

みやび様
僕は沢山は食べられませんが何を食べても美味しいです。
到底行けない等と決めつけずに是非行って下さい。

世界が変わると思います。

 しんがりの、さらにしんがりを歩かれるよし坊様ですね。

 冒頭の朝のお写真の素晴らしいこと!
 歩きながら構図を決めて撮っていかれる腕もまたお見事です!

 たいていお一人やお二人、癖のある方がおられるものですが、
 今回はほんとうにみなさん、良い方ばかりだったのですね。
 次のどこか海外の山でまた一緒に、なんていうご縁も生まれそうですね。

よし坊さん、おはよ~♪
書き込みを拝見してすぐブログ開こうと思ったら雨と雷が酷いので電源切り^^;
只今仕事の前に拝見しました^^

またまた旅に出ていたんですねぇ  
ヘリに乗り小屋まで行くなんて凄いね!
写真で見ても湖とか朝焼けとかとっても綺麗です♪

ご夫婦多いのかな?って思いましたが意外に少ないんですね

ピカリ♪は只今介護生活真っ只中でして・・・
山はチトご無沙汰なんです。
紅葉・・一度くらいは出掛けたいと思ってます(^o^)/

よう様
技術も体力も昔取った杵柄は通用しない世界ですからシンガリは出来るだけ避けて前の方か中くらいに居るように気をつけていますが写真撮っていて遅れてシンガリになる事は度々で、、、
ほんとに良い人ばかりでしたよ!!旅が楽しくなりますね。
又お会いしましたね・・・ほんとに可能性がないとは言えません。

ピカリ♪様
書き込み有難う御座います。
世の中には色々な山がある物でこの調子だと次は何所次は何所と際限なく欲が出てきそうですが僕の体力も資金力も限られておりますから、、、

そおなんですよ!僕みたいに一人で気楽に参加してくる人がけっこう多いんです。理想的には夫婦で参加がベターでしょうが。

で、何ですか?ビックリ!!
介護生活って?どなたがですか?☆♪お揃いで6月には山登りして居たじゃないですか〜。

カナダでお世話になりました。
素敵なブログありがとうございます。拝見しました。
詳細はハガキに書きましたので、そちらをお待ちください!

yumiko様
いや〜どうも書き込み有難う御座います!!
そして、エスプラナーデでは大変お世話に成りました。お陰様でとても素晴らしい思い出が出来ました。
実はyumoko様とmotoko様には写って居る写真が送れなくてどおしようかな〜と思っておりました。他の皆様には送ったんですよ!!
又どこかでお会いできると良いですね。
今日は一日留守をしておりましたので返事が遅くなってしまいました。
お許し下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58014393

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一美しい尾根歩き 5 :

« 世界一美しい尾根歩き 4 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 6 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ