« 世界一美しい尾根歩き 6 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 8 »

2013/08/26

世界一美しい尾根歩き 7

 サスカチュアン氷河観光

Img_3365

 キャンモアのホテル前は見事な山岳風景が広がっている。
※拡大できます

Img_3319

 綺麗な朝日が昇り今日も見事に晴れた。

Img_3336

朝食の前にハチドリが気に成って行ってみると居ました居ました。
激しく動く。上に下に後ろに前に180度ターンもする。飛ぶとプゥ~ンという風切り音が聞こえる。

Img_3368

今朝もダイニングでビュッフェ。
シリアルは牛乳とメープルシロップをジャブジャブに入れて食べた。

Img_3299

裏山にも陽が当たりだした。 さて今日はトレッキング最終日。
氷河展望のハイキングが有る。

Img_3418

サスカチュアン氷河観光はアイスフィールドパークウエーを北上しこの駐車場からスタートする。後ろに見える緑の屋根の小屋はトイレ。

Img_3419

パーカーリッジトレール入り口には注意書き。
雪の多い時はロケット弾を打ち込み人工雪崩を起こして登山道をオープンしますが不発弾を見つけたら3~4m以内に近づくな。そしてこの電話に連絡下さい。とある。

Img_3423

フムフム、アノ稜線めがけていくんですね!

Img_3424

広くジグザグの道を鼻歌交じりで歩き高度が上がると展望が開いてきます。

Img_3436

エスプラナーデとは趣の違う花が沢山。

Img_3439

Img_3441

花好きは夢中でシャッターを切っています。

Img_3442

目的地にそろそろ到着。

Img_3446

足取りも軽く荷物も軽く、そして皆さん口も軽いですよ!!

Img_3460

見えました!サスカチュアン氷河です。

Img_3454

汚れていない綺麗な氷河ですね。

Img_3462

南に眼を転ずるとこんな景色が連なります。

さて、そろそろ下山。

Img_3466

アサバスカ山3,493mが姿を現しました。
氷河観光で有名なアサバスカ氷河はこの山の向こう側です。今日もきっと多くのお客さんが雪上車に乗って観光を楽しんでいる事でしょう。

Img_3468

帰り道こんな物見つけました。
珊瑚の化石です。

Img_3469

がら空きだった駐車場もいっぱいになりました。

Img_3504

途中昼食を取りペイトー湖に。神秘的なパールブルーが一際眼立ちます。
※拡大できます

Img_3510

すっかり意気投合した日本隊5人の女性達。
湖が負けていますよ!

Img_3537

アイスフィールドパークウエーを南下。来る度に増える動物用横断歩道。

Img_3554

バンフに入った。

Img_3556

ブリュースターマウンテンロッジに泊まる。

Img_3633

Img_3635

眺望は良くないがベランダ付だった。

Img_3562

バンフに来たら此所は外せない 。
バンフアベニューとカスケード山が一望できるポスターにも使われる場所。 波立っていなければ逆さカスケードが写るはずですが、、、

Img_3583

カスケード山はシンボルの山に相応しい姿をしています。

Img_3586

さて、今回の旅最後の夕食はここでイタリアン。ラーチバレー&アルゴンキンの時もこの店だった。

Img_3590

Img_3597

Img_3598

前菜・主食・デザートそれぞれを二品の中からチョイス出来るコースだった。

美味かったです!!

はてしなくも雄大な大自然の展望を楽しみ、山上湖やお花畑、リスやマーモットにピカと、たった10名のお客様だけの勿体ないほど贅沢なトレッキングを体験出来、愉快で楽しい同行者にも恵まれた事本当に幸せでした。

明日は帰国。色々な思いが交差しカナダ最後の夜は何時までも話しに花が咲き尽きる事がなかった。

本日の行動時間2時間30分

つづく

« 世界一美しい尾根歩き 6 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 8 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

本当に絶景続きの目にも心にも贅沢で優雅な旅でしたね。
ハチドリの看板?に本物のハチドリ?すご~いです。最高^^v
氷河の風景も素晴らしい!!とても美しいです。
メープルシロップをジャブジャブ?! 夫と同じです。美味しかったことでしょう^^
氷河は私も何時か見てみたい風景です。
そして珊瑚の化石! ということは遥か大昔は海だったということですよね。
自然の営みは凄い!! 
ペイトー湖、写真だけ見たら湖とは思えないようなパールブルーです。
この美しさはロマンチックな気分にしてくれますね。
絶景続きのお写真に見惚れました。^^ ありがとうございます。

ヘリで降りて 終わりじゃないのですね。
バンフに長期滞在して あちこちの山歩きのコースを歩くというテレビ番組がありましたが
インスブルック同様に それができる場所なんですね。

もう一度バンフに行きたい、、、と 我が家の大統領に交渉中なのですが
彼は 他の地を優先しようとしています。

よし坊様のブログをみせて その気にさせなければ、、、、。

美しく、涼しく、 紅葉で込み合う時期より よさそうですね。

ニャン様
ハチドリはマチュピチュに行った時にも遭遇しましたがアチラは自然界のまま。此所のは鳥撮り語で「やらせ」ですので自慢には成りません。しかし確り見られたのがよかったです。
メープルシロップは甘すぎないからジャブジャブでも平気なんですね。それとドボドボしていないし。好きです。
氷河のある所に珊瑚の化石と自然の偉大さを間近に見られました。
ペイトー湖はカナダ観光でも必ず行きますから何れ飛行機に乗れるように成ったら是非カナダにもお出かけ下さい。アサバスカ氷河の雪上車観光も有りますよ!!

shinmama様
そおなんですね、何故か付録が一つくっついています。ラーチバレー&アルゴンキンの時はナイアガラの滝が有りました。
バンフの街はアノ国の人が観光で来ていて大声出していましたぁ、、、何れこいつらがトレッキングに興味を持つのかと思うと行くのは今の内です。いそげ〜!!
真夏のカナダは涼しくて良いですよ!!

ヘエ~~、『サスカチュアン氷河』 って言うんですか。初めて聞く名です。カナダは有名観光地の名しか分かりませんので初めてで当り前ですね。
それにしても尾根を独占して本当に贅沢な旅でしたね。そこへまた天候が味方してより贅沢な旅にしてくれましたね。
う~~ん、よし坊さんの写真で行きたい所ばかりが増えて困りました(+_+)

ごくらくとんぼ様
コロンビア大氷原を源にしている支流の一つでアサバスカ氷河もその一つです。
行ってみないとピント来ないかも知れませんが規模が大きいです。
良い旅でした〜。次も又と期待しちゃいますね。
しかし体力が落ちてくる事が心配で焦ります。とにかく今の内だとがむしゃらに成って居ます。

山からの帰還、お疲れ様でした。
素晴らしい景色、楽しませていただきました。

懐かしいです~ 。アサバスカ氷河、ペイトー湖、バンフ。
アサバスカ氷河観光では氷河が崩れるところが見られたり、
また、バンフ・スプリングスホテルからボウ滝に行くときに
エルクに出会ったりしたことを思い出しました。

メイプルシロップ、大好きです。(*^-^*)
美味しいですよね~。
そしてメイプルバター、
今でも時折、買い求めて食べています。

みやび様
カナダ観光の定番アサバスカ氷河で添乗員が持って来た紙コップに、これ又日本から持って来たトリスウイスキーを入れて、そこに氷河の欠片を入れて飲ましてくれるというサービスを初めて行ったカナダ観光でしました。みやび様もそんな思いでありませんか?
ペイトー湖の写真の印刷物を初めて見た時、この印刷はオカシイ、色分解が変でおかしな色に成って居ると思いました。(実は印刷屋の端くれでしたので)
バンフスプリングスホテルにお泊まりに成ったんですね、羨ましい、僕はオーバーブッキングで泊まれませんでした。JTBのパック旅行でした。

メイプルシロップがお好きな方がここにもおいででしたか、嬉しいです。

 月に一回、山仲間の食事会が、もう10年以上続いているのですが、
 そのそもそもの始まりは、
 カナダトレッキングに行った、同じツアーだけど日にち違いの二組(ここに母が参加)と、
 時期が違う別ツアーの一組が、旅のあれこれを語り合おうと集まりました。
 どちらもアルパインのツアーでした。
 そこに、私たち夫婦や他の仲間が加わって食事会に発展したわけですが、
 行ったことがないのに懐かしい気がするのは
 母や、山仲間に話を聞いていたせいですね。
 おみやげはメイプルシロップいっぱいと、子持ち昆布とスモークサーモンでした。
 美味しかったです。

よう様
そんなに歴史のある山仲間と食事会だったんですか?凄いですね。
そして、アルパインツアーを使っているとはあの会社も大したもんです。創設者はただの山屋だったそうですからね。努力もしたと思いますが。
山仲間の食事会ならあれもこれも行きたい行ってみたいと話は際限なく続く事でしょうね。
楽しそうなお仲間の顔が想像出来ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58042558

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一美しい尾根歩き 7:

« 世界一美しい尾根歩き 6 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 8 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ