« カナダから無事帰国 その前に翡翠親子の続きを | トップページ | 翡翠 試練は続く  »

2013/08/08

翡翠 辛い現実

9p7t7288

お父さんが給仕をする時の咥え方で魚を運んできました。
しかし、この後の出来事が如何に厳しいものか・・・

9p7t7293

そこに子供が来ました。

9p7t7295

鳴いて餌をねだります。

9p7t7297

激しく鳴いて口を大きく開ける子供。
しかし、お父さんはそっぽを向いてしまいます。

9p7t7304

あっ\(◎o◎)/! 渡すかな~?

9p7t7310

渡しません、、、

9p7t7314

なおもねだる子供

9p7t7317

親はダメと言ったそぶりで横を向いてしまいます。

9p7t7319

更にほしがる子供。
この直後給仕をしないで親は飛んで行ってしまいました。
自分で魚を取らせるように仕向ける子育てと、自分で魚が捕れないと生きていけない自然界の厳しい現実を見た日でした。
翡翠ブログはもう一度続きます。

« カナダから無事帰国 その前に翡翠親子の続きを | トップページ | 翡翠 試練は続く  »

」カテゴリの記事

コメント

ふむ、
人間だったら そのうち 子供に 殴られますよ。(笑)

生きていく方法は 「ああやって、こうやって」と  
口に出して教えられるものではないので 
人間も翡翠も態度で教えるしかないのですね。

でも 私だったら、半分は子供にエサを あげちゃうかも、、、、
殴られるのが 怖いから、、、。(笑)

shinmama様
悲しいかな人間の眼で見てしまいますね。
そこに感情が生まれ哀れや喜びを感じる。
ウ〜ン、、、感情のない世界に生まれれば楽な人生が送れたかな?

 「家族」から「個」へ、
 自然はシビアですね。
 そのタイミングをどのようにして決めるのでしょうね。
 人間から見ると、ある日突然ですものね。

よう様
そおか~ どうやって決めているんでしょうかね~。生長に差があるでしょうし、こっちの子には餌をあげるけどこっちの子にはやらないでは示しが付きませんし、、、
突っ込みがリアルで答えに成りません、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57936571

この記事へのトラックバック一覧です: 翡翠 辛い現実 :

« カナダから無事帰国 その前に翡翠親子の続きを | トップページ | 翡翠 試練は続く  »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ