« 翡翠 辛い現実 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 1 »

2013/08/10

翡翠 試練は続く 

9p7t7669

 一人で魚を取らなければならなくなった子供はその後どうなったでしょうか。
居ました居ました。 この日も元気です。

9p7t7678

飛んだり飛び込んだりしています。

しかし、魚を取るのがとてもヘタです。

9p7t7686

又、捕れないでお立ち台に戻りました。

低い岩の上からしか飛び込みません。

空中高くホバリングして勢いを付け飛び込む事を知らないようです。

以上一連の翡翠写真はカナダに出発する直前まで撮り続けていたものです。

その後の事が心配ですが雑務が多く鳥撮りに出かけられません・・・

翡翠は一端お休みし次からカナダブログが始まります。

« 翡翠 辛い現実 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 1 »

」カテゴリの記事

コメント

いや~、鳥の世界も厳しいですね。
呉れ騙し…・・・驚きです。わざと呉れるそぶりをして何処かへ飛び去ってしまい
お腹が空いているなら自分で獲ってきなさい・・・・・・・・。
『獅子の子落とし』さながらです。
そこへ行くとなんと人間の甘いことか。私なんぞは翡翠に見習わなければ
いけません^_^;
息子たちに嫌われまいとあれこれご機嫌取りばかりです(^o^)

 手を貸してあげたいですね。
 でも、きっと大丈夫。
 お父さん、お母さんも、おそらくそうだったように、
 少しずつ、魚をとるコツを覚えていきますよ!
 そうあってほしいです!

 いよいよカナダ編の始まりですねnote
 楽しみですheart01

ごくらくとんぼ様
少々鳥に興味を持っていてもこの事実を知っていてそれを目撃する事は殆ど皆無と思います。
暑い中通った甲斐が有りました。

ライオンと同じでしたね。しかし人間、特に母の愛は強いですから甘くても良いんじゃないでしょうか!!

よう様
金曜日に撮影に行きましたが元気でした。
捕るのはヘタですが痩せていませんから大丈夫そうですね。
お母さんですが・・・おかしいんです。
此所に現れるのは♂だけなんです。もしかすると・・・・と思って居るのですが。

失敗を繰り返しながら子供も覚えていくのでしょう。
痩せていないということは、何かしら自分でエサになるものを見つけているんでしょうね。^^
翡翠は小魚以外に虫や植物の実を食べたりするのでしょうか?
雀は雑食なので米、パンくず、虫等々を食べているようです。^^

ニャン様
魚・ドジョウ・蟹などを食べます。虫や植物は食べません。
小さな魚も沢山居ますのできっとそれを食べて居るのだろうと想像出来ます。
実は下流で水が無くなっていて困った問題が出ております。
何れ又書く事が出来ると思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/57945898

この記事へのトラックバック一覧です: 翡翠 試練は続く :

« 翡翠 辛い現実 | トップページ | 世界一美しい尾根歩き 1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ