« | トップページ | ダース・ベイダー »

2013/09/27

高座山(たかざすやま1,304.4m)杓子山(しゃくしやま1,597.6m)

Img_2038

 9月22日表題の山に登った。

Img_2008

東名高速道路上から綺麗な富士山が見え期待できる1日になりそうだ。

Img_2047

忍野村から鳥居地峠までバスで登ってこれる。

今日は19名、他支部からも6名の参加。準備運動後出発。

Img_2048

林道が先まで続いているらしく木漏れ日の入り込む道をルンルンと歩く。

Img_2061

ポッカリと広がった先には高座山が正面に見え、カヤトの道が広がっていた。

Img_2073

やがて後方に雄大な富士山が見える。
この辺りから富士山を撮る為にカメラマンが登ってくる事でも有名だ。

※拡大できます

Img_2076

そして正面には高座山がそびえている。

Img_2079

写真を撮る余裕もないもの凄い急な斜面をアエギアエギ登った先に三角点のある頂上に辿り着く。

Img_2088

頂上からは富士山も奇麗に見える。

実はウサギさんチームとカメさんチームに分かれて登る事に成って居る今日の行程。

カメさんチームは此所でノンビリしてもらい納得したら下山してもらう事に成って居るがそのカメさんチームの4人はまだ到着して居ない。我々ウサギさんチームは小休止をして先を急ぐ。

Img_2097

急な登り下りを何度か繰り返し道は続く。

Img_2100

送電線の鉄塔横から杓子山を望む事が出来たが先は遠い、、、

結局この尾根道で展望の利く所は此所だけで他は全て樹で覆われていた。

Img_2106

大権首(おおざす)峠通過。

Img_2121

その先にハングライダーの滑空場が有った。

更に幾つかの小ピークを越す。

Img_2139

先が明るく成ったなと思ったら杓子山に到着。
花の都公園・山中湖方面が見える。

Img_2142

頂上には壊れかかった木製のテーブルとベンチが有った。

富士山は隠れてしまった。

大休止を取る。

Img_2147

大人がヘロヘロだと言うのに幼稚園の年長さんが家族共々元気に登ってくる。

我々は下山開始。

Img_2157

鉄塔まで来た。高座山が行く先に見える。

Img_2163

岩の露出した道や、ヤセ尾根など変化のある道の上り下りが続くから歩いていて飽きは来ないが体力の消耗が激しい。途中でメンバーの一人が足が攣って思う様に歩けなくなってしまった。

Img_2172

四等三角点のある高座山に到着。もう一息だ。カメさんチームは既にバスまで戻っている事が確認できていて一安心。

Img_2175

虎ロープの張ってある急斜面を下り、緩く広いカヤトの道を下る頃には富士山も見えないし遠くも霞んできた。

Img_2184

鳥居地峠まで戻る。

今日は踏ん張って歩く道が多くしかも急な登り下りの繰り返しで大変でしたが全員無事戻る事が出来ました。

お疲れ様でした

ナニ?温泉無しで帰る?気持ち悪い、、、キッタネー連中だよ、、、

これがどうしても受け入れられない ☆=>=>=>(+_+。)

参考タイム 

鳥居地峠8:30→高座山10:00→鉄塔10:34→大権首峠11:08→滑空場11:11→杓子山11:54 下山開始12:25→鉄塔13:35→高座山14:00→鳥居地峠14:55

« | トップページ | ダース・ベイダー »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

 富士山とススキの取り合わせ、きれいですね~fuji

 変化にとんだ道。
 ところどころの眺め。
 飽きずに歩けて、達成感の得られる山ですね。
 春から晩秋まで季節ごとに楽しめそうです。
 
 カヤトの道もいいですけれど、
 ヤセ尾根、岩越え、好みです。
 歩いてみたいですねshoe

よう様
片道30分でアノ富士山が見られますから写真を撮る人には手頃で良いと思います。四駆ならアノ写真ポイントまでは車で来れちゃいます。

一寸したヤセ尾根と岩の道は男山天狗山の縦走路をミニチュア化したそんな所がありました。
カヤトの道は大好きですが日焼けするのが難ですね。

コンニチハ!!!
杓子山は耳にしたことがありますが高座山は初めて聞く地名です。
こうしてお聞きしてみると様々なハイキングコースがあるものなんですね。
確か昨日だったかテレビで稲取・細野高原のススキの様を流していました。先日まで暑い暑いと言っていたのにもうススキなんですね。

途中から花の都公園や山中湖が見えるんですね。想像しただけでもウットリです。

ごくらくとんぼ様
実は高座山は妻と登ろうと思って暖めて居たのですが最近歩くのを嫌がるので止めてWVで行く様にしました。
細野高原は6日にWVで行く計画なのですが僕は別の計画があって行かないんです。
それと以前テク&モグで歩いているんですよ!!
ススキ祭りをやっていますから行かれたら如何ですか?見事なススキですよ!ただし・・・マムシ注意です。僕は遭遇しました。

今晩は、ご無沙汰しておりました。
申し訳ありません、、、、
少しだけ落ち着いたので、皆様のブログを拝見させていただいております。

富士山とススキ空も美しく秋の風景になってきましたね。
そして忙しくしている間に中秋の名月。
撮影こそ出来ませんでしたがお月様は眺めておりました。^^
月だけを撮ると教材のようになりますが、
それでも肉眼では見えない部分も写真に写るので結構好きです。

ニャン様
お久しぶりです。
落ち着いてきたとの事良かったですね。常連さんがUPして居ないと寂しいですよ。

あれほど暑かった夏も終わり何時の間にか秋本番に成ってしまいましたね。
秋は何所に行くにもベストシーズン、ニャン様の旅すれば・・・に期待しております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58264196

この記事へのトラックバック一覧です: 高座山(たかざすやま1,304.4m)杓子山(しゃくしやま1,597.6m):

« | トップページ | ダース・ベイダー »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ