« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 1 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 3 »

2013/10/16

洞爺湖サミットの地を訪ねて 2

Abc_3103 

 レンタカーはアパホテル1Fに有るトヨタレンタカーでヴィッツを借りた。

何時降り出すか解らない空模様の中を先ずは支笏湖を目指した。

写真はウインザーホテル海側のロビー。

※拡大できます

Abc_2648

途中で「オコタンペ湖」の標識を見つけ寄り道してみた。

奥まった静かな湖でしたが訪れる人も少ないようで、紅葉にも一寸早かった。

Abc_2678

支笏湖は雨。丘にあげられたスワンボートが寂しそうに列んでいる。

Abc_2687

きのこ王国 と書かれた建物の前に車が沢山駐まって居た。

Abc_2695

右 姫ヒラタケそば と左 きのこそば を食べた。

美味かった!!!

Abc_2720

暫く走ると「白絹の床」と書かれた案内板があり川底の白い川があった。
何時しか雨は本降りに成った。

Abc_2732

洞爺湖に到着するものの雨。中島が霞んで見える。

Abc_2765

可愛らしいレストランを見つけた。

Abc_2756

入ってみた。るるぶを持った人が何組も入って居た。

Abc_2762

ホット牛乳とココアを注文。取り立てて言う味でもなかった。

Abc_2766

ウインザー入り口です。此所から坂道を10分ほど走らないと到着しない長いアプローチ。

Abc_2907

エントランスです。ベルボーイが恭しく出迎えてくれた。

しかしショックな出来事が有った。「車は駐車場まで自分で運んで下さい、頼むと100円頂きます」(゚゚;)エエッ?沖縄サミットのブセナテラスは「お帰りなさい、お車は我々が運んでおきます」だったよ、、、

Abc_2797

ロビーは湖畔側と海側が繋がり思い切り広い。この写真は海側。
入り口の重厚さとロビーの広く豪華で絶えず生演奏が聞こえスタッフが背筋を伸ばし、静かにテキパキと動き、ユックリと時を刻む雰囲気に気分が高まる。

Abc_2801

湖畔側ロビー。

此所で更にショックな出来事が、、、皆さんウエルカムドリンクが運ばれているのに我々には無いの?

P1000006

事情を説明したら後からもらえましたが飲めれば良いと言うもんじゃない、、、

Abc_2811

さて、6Fの部屋まで案内されました。スーペリアですが狭いですね。

せっかく取ったレイクビューですが外は雨で湖が霞んでしか見えません、、、
どうやら7F以上はバルコニーが付いたグレードの高い部屋のようだ。

Abc_3032

清潔でキチット整えられている部屋に十分満足。
バスルームには・・・ブルガリ です!!スゴイ!!!
バスローブも豪華なものでした。(大風呂にはバスローブで行く事が許可されていた)

P1000013_2

先ずは風呂だ! 洞爺湖温泉を引いて居るそうで大きく見事なまで設備の整った大浴場でしたが・・・・・

隣国人がマナーは悪いし五月蠅いし、、、

※写真は写メ

Abc_2890

風呂から揚がると夕焼け。明日は天気が良いと良いな。。。

Abc_2973

サミットで振る舞われた料理も魅力だし、蕎麦屋に鮨屋等色々なレストランが有り迷う所ですが明後日はフランス料理なので今日はイタリアンにした。

「ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ」ホテルのバスに乗り店まで送ってもらう。

Abc_2937

まだ誰も居なかった。が、帰る頃には満席になった。

Abc_2945

グリーンサラダ と貝のスープ

Abc_2948

道産朝イカの窯焼き

Abc_2949

マルゲリータ 僕はピッツァは好きではない。妻が好きなので注文し少し食べたがやっぱり美味いと思わない。

Abc_2953

噴火湾産燻製ホタテとポロネギのスパゲッティ

Abc_2957

デザート

これだけでお腹いっぱいに成っちゃうんだから我が家は小食だね。

Abc_2980

シャトルバスに乗りホテルに戻るとアプローチが綺麗な電飾で輝いていた。

Abc_3004

湖畔側のロビー。シャンデリアがガラスに幾つも映り見事だ。

Abc_3020

海側も同じくガラスに映り込んで昼間と全く違う趣が広がっていた。
これを見に来るだけでも価値は有ると思った。
そして夜は静かに更けていった。

Abc_3050

しまった寝過ぎた、、、陽は既に上がっていた。

Abc_3089

朝食付プランで、洋食か和食を選ぶ事が出来る。妻の希望で和食に付き合わされた。
ウエイターはとても質が良く気持ちよく食べる事が出来た。

Abc_3091

10月10日は天候特異日で晴天の確率が高い。見事に晴れてロビーから洞爺湖と島が奇麗に見えて居る。
※拡大できます

Abc_3118

食後朝湯に行く。男女が入れ替わっていた。

Abc_3131

風呂の外には見事な羊蹄山が見える。

Abc_3196

サミットの痕跡を見て回る。記念植樹した樹(二酸化炭素の吸収率が高いクリーンラーチの樹で道立林業試験場が開発した新種)だそうですが育ちが悪い、、、

Abc_3199

この時の総理は・・・「私は貴方と違うんです」と言ったあの人で、USAはブッシュさんか

ドイツは メルケル首相か 長いですね。

Abc_3202

記念撮影したテラスには各国首相の立ち位置に白いペイントがしてありました。

昼近くになると日帰り観光客らしい団体が次々と入ってくる。どうやら昼食を食べるらしい。

チェックアウト12時ですが11時半に次の宿に向かう事にしました。

Abc_3239

振り返れば要塞か戦艦のような巨大なホテルが有りました。

※珍しくネットよりJTBの方が同じ条件で2,700円安かったのは意外でした。

« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 1 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 3 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

レンタカーは『ヴィッツ』・・・・・・・急に親しみが沸きました(^o^)
私もこのルートを走っているのに『オコタンペ湖』には気が付きませんでした。紅葉も優しい色合いで好きです。ここはいずれ行きたいです。

メルヘンなレストランは女性好みです。まだこんなにきれいに花が咲いているなんて・・・・・・・・。

ウィンザーはやはり豪華でしたね。ランチに立ち寄っただけの私でもスタッフの立ち居振る舞いにウットリしましたもの。

一度宿泊してみたいと思っていた「ザ・ウインザーホテル」
でも駐車場まで100円取るとは!なんてセコイのでしょう。(●Д●)

そして「ウエルカムドリンク」
よし坊様の言われるとおり「「飲めれば良いと言うもんじゃない」同感です。
この点だけでもここで働いている人の質が良くないですね。
まあ、気配りのできる人もいらっしゃるのでしょうが・・・。

「ブセナテラス」のホスピタリティは素晴らしく
また行きたいホテルの一つです。

機会がありましたらその点を踏まえて宿泊することにしますね。(笑)

ごくらくとんぼ様
ヴィッツは燃費とレンタル料が安いので借りました。力もあるし良かったですよ。
レストランの名前はLake-Hill Farm(レークヒルファーム)と書いてありました。

広いロビーではアーティストが外人で場所も楽器も変わり途切れることなく演奏していました。
それだけでも豪華ですね。
今回は使いませんでしたがメインダイニングで食べたらもしかすると雰囲気とギャルソンが慇懃すぎて肩が凝ってしまったかも知れませんね。

みやび様
みやび様でしたらロールスロイスをレンタルして乗り付けたらお似合いですよ。そして駐車場には100円とチップ1000円位払って・・・ビバリーヒルズホテルでドア開けてもらっただけで(勝手に開けられちゃうんですが)チップ払う世界にウンザリした事がありました。

ブセナテラスに行きましたか!!雅ですね!!
丸金丸ビ橋を渡った先の専属コンソルジュのつくお部屋にお泊まりになったのですね!!
羨ましいですぅ、、、

駐車場まで車を持って行っていただくのに100円ですか?
う~ん、何というか・・・憧れが半減しちゃいますね、、、^^;
で、あれ?我が家が宿泊したとき100円支払ったけ・・・?
いえいえ、それなら「何言ってんの!!」と思ったはず・・・
よーく思い出してみれば、ホテルの最寄りの駅でレンターカーを返却し、迎えの車でチェックインでした。^^;
雪があるときとない時では随分と風景が変わるー。と思いながら拝見しました。
よし坊様は、ピザがあまりお好きではないのでね、、、奥様同様、私もすきですよ。マルゲリータ。
美しい朝日ですね。うっとりです。
あ~北海道へ行きたい。毎回、よし坊様の北海道旅行記を拝見するたびに思う私です。^^

 わあ~eye 豪華なロビーshine
 このロビーを見るだけでいいから行ってみた~い!
 アメニティがブルガリとは、すごいですね。
 ホテルに泊まることがあまりないので、緊張しそうです。

 おや、よし坊様はピッツァがお好きでないんですね。
 私はマルゲリータが好きなので、すごく美味しそうです。

 洞爺湖サミットのときの総理大臣は?
 とクイズに出されても正解できないかも。
 我が記憶力に問題があるとしても、総理大臣は目まぐるしく変わりますものね。

 次のお宿はどちらでしょう?
 楽しみです。

ニャン様
たしかトワイライトエクスプレスで1-1が取れたと以前ブログ公開した時ですね。羨ましいと思いましたよ。そして1の1と言う言葉を知ったのもこの時でした。
確かに雪の時アノアプローチを車で登るのは一寸大変ですね。
ピッツアは好きじゃないんです、、、パサパサして。妻はチーズがネットリしてパサパサなんてしてないと言いますが。
何回行っても良い北海道ですが北海道をグルッと回るクルージングもあるらしく、今後の選択肢かなとも思いました。

よう様
ロビーは豪華でした。ゆったりと座って中島を見ながらハープの演奏を小一時間聴いていましたが何とも言えぬ幸せな時間が過ごせました。
次の日本の開催地は何所で誰が総理なんでしょうかね?

次の宿はJTB一押しの宿ですよ。

和食の朝ごはんだろうと、ピッツアだろうと
山旅行の時に お留守番をされている奥様ですから
今回は 奥様のご希望が 一番優先です、、、よね。(笑)

是非 お二人で 船旅をなさってはどうでしょうか?

生演奏を聴きながらのフルコースの夕食、
飽きたらイタリアンや バイキングもあります。
バルコニーからの美しい眺めを カメラで写されたり、
船内のどこかで 必ず行われている昼間のコンサートなど、、 
よし坊様ご夫妻には お似合いの気がします。

荷物を詰めたり 出したりもしなくて良いうえに、
上陸したら よし坊様が 添乗員をされれば 間違いないですし、、、。

孫ができたら 長期の旅行は難しくなりますので
是非 今のうちに、、、、、。

shinmama様
「一番優先です、、、よね」オット、たたみ掛けられてしまいましたぁ、、、
和食の朝ご飯にも献立表が付いて居ました。見事に北海道産ばかりでした。

そうか(と、ポンと膝を叩く)孫が出来ない内のクルージングか〜、それが良いかもしれませんね。
問題は二つ、お袋が何時お呼びが来てもおかしくない年齢と、酒が飲めないのとダンスが出来ないのは楽しみが半減するだろうと、、、

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58388632

この記事へのトラックバック一覧です: 洞爺湖サミットの地を訪ねて 2 :

« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 1 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 3 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ