« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 2 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 4 »

2013/10/18

洞爺湖サミットの地を訪ねて 3

Abc_3233

 写真は見事に晴れて洞爺湖と中島が眼下に広がって見える部屋からの雄大な景色です。

※拡大できます

Abc_3248
チェックアウトを済ませ湖畔まで下りてきた。観光船も盛んに動き回っていた。

Abc_3265
昭和新山が噴煙を上げているのを横目で見ながら昨日通ってきた道を1時間ほど戻り登別温泉に向かう。

Abc_3273

色づいた景色が眼に付く。

Abc_3279

オロフレ峠は紅葉に一寸早そう。

Abc_3294

やがて登別温泉が見える。茶色の岩肌は地獄谷のようだ。
早く着きすぎてしまい宿に車を止め昼食と観光に出かける。

Abc_3312

地獄谷です。
会社の慰安旅行で此所や熊牧場に行った事を思い出す。

Abc_3332

此所にも大挙して騒々しい観光客が押し寄せていた。

Abc_3342

やっと人が居なくなった間欠泉の前で1枚撮りました。

Abc_3373

今日の宿は「滝乃家」。JTB一押しで30室の宿です。
しかし全く同じタイプの部屋・食事内容でJTBよりネットの方が2人で1万9千円も安く、当然ネットで予約。

Abc_3379

入り口を入ると

Abc_3382

更にガラスのドアが有った。

Abc_3386

初めに案内された談話室。コーヒー紅茶など自由に飲めるように成って居た。

Abc_3390

お抹茶が運ばれてきた。庭を見ながらホット一息する。

Abc_3397

4階建ての宿泊棟の4Fに案内された。
和室にベット、冷蔵庫のものはどれも自由にどうぞとの事でビールも入って居た。

Abc_3408

洗面は二つ有って便利です。

Abc_3466

専用の展望風呂付です。温泉ですが加温してあるとの事でした。

Abc_3434

早速地下にある大風呂に行く。3種類の温泉だ。

Abc_3442

露天風呂は源泉掛け流しだそうで白濁した温泉がなんとも気持ちいい。

Abc_3419

風呂上がりの休憩室。

Abc_3472

更に別棟最上階に展望露天風呂が有る。こちらは洗い場も無い小さな風呂。展望は良かった。


食事は食事処で、部屋の名前と同じ小部屋で食べる。

Abc_3484

食前酒・先附け・前菜

Abc_3486

碗盛り(吹寄せ)

Abc_3491

向附け

Abc_3497

Abc_3499

強肴 

二種類の中から選べる。 登別牛の赤ワイン煮と毛蟹

Abc_3502

朴葉焼き

Abc_3505

合肴

Abc_3508

揚出し 煮物

Abc_3511

御飯

Abc_3513

デザート     
“神無月 秋の宵”と名付けられた料理でしたが途中でお腹いっぱい、、
Abc_3520_2

食事処前の庭でこの先が池に成って居ます。

Abc_3533

朝食です。特別記する事もない内容でしたが美味しく食べられました。

この日はサミットとはなんの関係もない1日でした。
明日は有ります 大ありです

« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 2 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 4 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

コンバンハ!!!

この日は良い日になったようですね。洞爺湖から登別までわずかな距離で一日かけた……大きなお世話ですが何ともったいないことか。でも今回は宿でゆっくりがテーマのようでしたから充分に満足されたことでしょう。JTB一押しの事だけあって部屋も食事も豪華です。
さて次回のサミットに関係ある行動とはなんでしょうね。楽しみにしています。

ごくらくとんぼ様
旅の善し悪しは天候で感じ方が違いますね。晴れてホントに良かったです。
今回の旅は妻の疲れを取る為と割り切り宿でユックリをモットーに行動しました。マッサージを受けたり温泉に何度も浸かるなどしましたから疲れも取れたと思います。


次ね・・・さて と 

地獄谷、こういった風景、大好きです。
此のころは、まだ、紅葉には早かったんですね。
急激に冷え込むようになった今、北海道の紅葉も進んだでしょうね。
滝乃家さん純和風かと思っていましたが、随分とお洒落な雰囲気ですね。
とても素敵なお部屋で落ち着けそうな雰囲気です。
お料理も上品な盛り付けで美味しそう。登別牛の赤ワイン煮、食べたいです。^^
温泉とても気持ちよさそう。白濁のお湯、温泉らしくて大好きです。

ニャン様
写真は出しませんでしたが名物の赤鬼青鬼もありました。鬼が住んでいるような雰囲気でもありました。
滝乃家はシックで落ち着いていました。それに団体客が入って居ないのがとても良いです。ステイできる時間も長いのでユックリ温泉三昧も出来ます。

料理はどれも美味しかったですが鮭だけはもっと脂の乗った所が食べたかったですね、、、

滝乃家、うぁ~、懐かしいです。
RxRで当選して2012年1月に宿泊しました。
お庭はこのようになっているのですね。
雪に覆われて庭を散策できませんでした。
ご紹介していただきありがとうございました。(*^-^*)

みやび様
返信遅くなりましたがご容赦下さい。
そんな形でお泊まりに成られたのですか?良いですね!そして宿も良かったですよね。
行きの時とはこれ又風流な景色を堪能された事と思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58395055

この記事へのトラックバック一覧です: 洞爺湖サミットの地を訪ねて 3:

« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 2 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 4 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ