« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 3 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 5 »

2013/10/20

洞爺湖サミットの地を訪ねて 4

Abc_3800_2

 今日は此所に泊まります!!
此所が何かというと・・・・
※写真は拡大できます

さて、同じ道を行ったり来たりする複雑な泊まり方ですがウインザーと滝乃湯は日付変更できないのでこんな無駄な行程になりました。
同じ道も通りたくないので高速道路を使って遠回りをしながら目的の場所に向かいます。
雨は明け方から強くなり先が見えない位激しい中を洞爺湖を右に見て更に進みます。

Abc_3539_2
やっと小雨になり何やら随分田舎に入ってきました。

Abc_3552

で、到着したのが「真狩村」。
そうです、細川たかしの生まれ育った所で、道の駅(真狩フラワーセンター)には細川たかしの舞台衣装やトロフィーを初め関連グッズが所狭しと展示されていました。
この写真の細川たかし像はレプリカです。

Abc_3569

本物はこちら。綺麗に整備された公園の一角にその像はありました。
銅像が建てられる位ですから余程村に貢献しているのでしょう。

Abc_3570

さて、雨ですがせっかく来たのだからとニセコパノラマラインのジグザグ道を登り車窓から紅葉を楽しもうと走りました。

Abc_3587

神仙沼の駐車場に到着。

Abc_3591

片道20分位らしいから傘はやめてポンチョを着て歩く事にしました。

Abc_3606

岩内方面が見えました。

Abc_3620

湿地帯に出ました。

Abc_3624

「神仙沼」到着。

赤くなる木が少ないらしのでこの色付き具合が最盛期なのだと思います。


パノラマラインを引き返し再び真狩村へ。

Abc_3662

向かうのはオーベルジュ「マッカリーナ」です。
※冒頭写真と同じでこの写真がレストラン棟

Abc_3663

こちらが宿泊棟です。
マッカリーナは洞爺湖サミットの時、各国のファーストレディーがランチを食べた所で大変有名になりました。
何時か必ず行ってみようと心密かに暖めていた場所です。妻もその話を聞いてとても満足そうでした。
売りは地元の食材をふんだんに使ったフランス料理のフルコースです。


Abc_3676

レセプションはレストラン棟にありました。

Abc_3667

宿泊棟入り口から部屋に入って荷物を置いて直ぐ向かったのは歩いて1分

Abc_3806

公営の「まっかり温泉」です。

P1000027_2

露天風呂から真っ正面に羊蹄山が見えるはずですが今日は5合目から上が見えません。※写真は写メ

P1000030

サラッとした温泉で臭いもしませんでした。※写真は写メ

Abc_3820

何時しか雨も上がり温泉施設横からマッカリーナが奇麗に見えています。

Abc_3681

宿泊棟には大きなソファー。カウンターの後ろには・・・

Abc_3687

各種お酒が置いて有りどれでも自由に飲めるそうで酒好きにはたまらないサービスですね。
飲めない人には各種ハーブティーも有りましたがこれは不公平だよぉ、、、

Abc_3694

今日泊まる部屋はツインルームです。他にデラックスツインも有ります。

Abc_3714

そろそろ食事の時間。ディナーだけのお客様は奥で既に食事が始まっているようです。

Abc_3723

野菜中心の前菜ですがさりげなくホアグラが野菜の台に成っていたりしてビックリ。

Abc_3728

地元の野菜は当然ですがこれは白菜です。

Abc_3740

スープ。トウモロコシの甘さだけでこんなに甘いのかと思いました。

Abc_3743

ホタテとインゲン

Abc_3744

僕が頼んだ メインディッシュの鴨

Abc_3747

妻の頼んだ メインディッシュの魚(カレイ)

Abc_3752

デザートのオレンジとザクロ

Abc_3756

デザートのアイスクリーム

Abc_3764

コーヒーはエスプレッソを注文。

野菜の種類がふんだんに使われ女性には喜ばれる食事内容だと思いましたし、どれを食べてもとても美味しく一品一品味わって食べる事が出来ました。

一品ずつ丁寧に説明してくれましたが献立表が無いので細かい事は殆ど忘れてしまいました。

Abc_3729

厨房にはシェフを初め4〜5人が忙しそうに動き回っておりました。

Abc_3765

ファーストレディー達は何所で食べたのでしょうか?
実は奥まった所に別の部屋があり此所が会場に成ったと言う事です。

当日出された料理内容や写真、或いは会食の様子などの写真が有るのかと思いましたが何も残っておりませんでした。


食事料金は三種類有りました。トラディション¥10,500 リュックス¥12,600 テロワール¥15,750です。

我が家は小食ですのでトラディションを頼みましたがメイン料理の頃にはお腹いっぱいでフウフウしながら食べました。ギャルソンからも「お腹いっぱいなのによく食べて頂き有難う御座います」と言われてしまいました。

Abc_3849

一夜明けて朝ご飯の時間です。レストランに行きます。

Abc_3859

今日は厨房の前の席。

Abc_3891

料理の手際が良く見えました。

Abc_3887

朝食です。素材は全て地元産ですがパンは地元のパン屋さん、ジャムはマッカリーナ製2種類のジャム。パンは一つ食べただけ。残りはジャムと共に持ち帰って下さいと入れ物を用意してくれました。

Abc_3896

デザートも勿論地元産です。

Abc_3914

チェックアウト時間は12時ですがユックリして居られず9時15分にチェックアウトし札幌に向かいます。
初めの計画では4日前に泊まっているはずですが幸い変更が出来とても助かりました。マッカリーナさん有難う御座いました。

写真白樺林の先に見えるのがまっかり温泉です。

« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 3 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 5 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

ゆっくりとした良い旅をされていて羨ましいです。
晴れていればもう少し彩の良い紅葉に出会えたのかもしれませんがチョッピリ残念でしたね。それにピークを少し過ぎていたのかも・・・・・・。
神仙沼がどんなところか気になっていたので写真を見せて頂けて良かったです。ありがとうございました。

ずっと以前 『細川たかし像』 を訪ねたときはこんなに整備されていなかったような気がします。

オーベルジュ・マッカリーナで首脳夫人たちが食事をされたんですか、存じませんでした。雄大な自然の中に建っていて、ここも晴れていれば素晴らしい羊蹄山を見ることができるんですね。私のお得意の 『ランチのみ(^o^)』 に行ってみたいなぁ~~。

素敵な場所を教えていただきました。

ここは 亡父と母の思い出の場所なので 
いつか行きたいと思いながら すっかり忘れていました。

いまでも 「細川たかしの銅像がねえ」と 真狩村のことを 口にする母。
なんとか いっしょに行けないものか、、
札幌から レンタカーという手が よさそうですね。
でも 冬になると 慣れない雪道を 車では無理だし、、、、

来年の夏か、、、、
よし本気で考えて 見ます。

ごくらくとんぼ様
あくまでも泊まる・食べる・休養する がメインでしたからその意味では雨なのが幸い。ピーカンだったら欲をかいてあっちもこっちもと成ったかも知れません。
神仙沼は他に人が居ない静かな沼が見られましたが駐車場に戻る途中から幾つもの団体がワンサと来ました。人気があるらしいです。
旅のヒントをもらって有難う御座いました。
マッカリーナは当然ランチもあります。次の機会には是非どうぞ。ランチにしては→や高いかも知れませんがそれなりの価値は有ります。

shinmama様
オヤ!そんな思いでの有る所なんですか!!其れでは是が非でも行かなくては!!
母上もきっとお喜びに成ると思いますよ!

札幌ー真狩村 間は寄り道しないで2時間です。
マッカリーナは料理も良いですが酒好きには飲み放題の・・・ネ(^_-)-☆
真狩温泉も良いですが定山渓にも泊まればW温泉でお母様もきっと満足間違いなしですね。
ア、序でに登別も泊まっちゃいますか!!

北海道らしい風景ですね。
雨に濡れた紅葉もしっとりとしています。
ゆっくりと上質の時間と食事を楽しむのにも とても良い宿ですね。
此方のオーベルジュを選ばれるあたり、さすがよし坊様です。
女性好みの料理。はい。大好きですよ~。^^
我が夫。こういったお洒落な宿をなかなかチョイスしてくれません、、、、、^^;

ニャン様
今回の旅では食事と宿は十分に堪能できました。
短縮バージョンと帰る前の晩に蔵に行けなかった事が心残りです。
ウインザーも良いのですがマッカリーナには別の良さがありました。

所で“ななつ星”は既に予約しましたか?きっとぬかりなく手配済みだろうと想像しておりますが如何でしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58403436

この記事へのトラックバック一覧です: 洞爺湖サミットの地を訪ねて 4:

« 洞爺湖サミットの地を訪ねて 3 | トップページ | 洞爺湖サミットの地を訪ねて 5 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ