« 煌めきのクロアチア・スロベニア 1 | トップページ | 煌めきのクロアチア・スロベニア 3 »

2013/11/04

煌めきのクロアチア・スロベニア  2

Abc_4449

 朝食を済ませいよいよ観光が始まります。

「ブレッド湖」は小っぽけな島ですがスロベニアで唯一の島だそうで国民の島に思う気持ちと大事にしている気持ちが伝わって来ます。

Abc_4307

通常プランはバスで移動するのですがこの時季だけは列車で紅葉を見ながら移動するのだそうでJTBも臨機応変、洒落た事するじゃないか!

Abc_4358

赤色の少ない紅葉ですが車窓から楽しむ事が出来ました。

Abc_4403

小雨降る中、小さな如何にも田舎を感じる駅に到着。先回りしたバスに乗り島を目指します。

Abc_4416

小さな船に乗り込みます。

Abc_4425_2

船頭が櫓で漕ぎ静かな湖畔に櫓のきしむ音だけが響きます。

Abc_4445

そして行く手にブレッド湖。
晴天なら素晴らしい写真が撮れたはずですが残念です。

Abc_4439

左手には旧ユーゴスラビアの大統領チトーさんの別荘で今はホテルに成って居るとの事。

Abc_4472

島には「聖マリア教会」が有る。

Abc_4504

対岸の崖の上にはスロベニア最古の城「ブレッド城」が見え此所で昼食を取る予定です。

Abc_4523

下船し振り返れば落ち葉の先に島が見えます。

Abc_4549

何時しか雨も止み城に到着。今はレストランや博物館などに変わっています。

Abc_4551

この国唯一の島を見下ろしながら

Abc_4575

食事です。

Abc_4588

Abc_4590

Abc_4593

スープ・メイン・デザートと続く。 まあまあ食べられました。
さて、これから100km強を1時間半掛けて「ボストイナ」に移動します。 ボストイナ?ナニそれ?

Abc_4634

「ボストイナ鍾乳洞」だそうで左右には土産物屋が軒を連ね観光客も押し寄せています。
とても鍾乳洞が有るようには見えませんし「鍾乳洞なんて見たってしょうがね〜」と思って居ましたが・・・・・

Abc_4642

此所が入り口です。左側は出口です。

Abc_4648

ブッたまげました!!!凄いんです。
先ずはトロッコ列車に乗ります。15分位乗ったでしょうか。ガーガー音を立てて下って行きます。まるで地底か地獄の底に落ちていくような恐怖もあります。 写真撮影禁止で撮る事が出来ませんが所々に照明があり見事な景観の数々が現れ規模の大きさに驚かされます。

Abc_4672

さらにトロッコ終点から1時間ほど鍾乳洞内を歩きます。
奇奇細細大同小異様々な鍾乳石の数々。

Abc_4678

唯一撮影が許可された場所で撮った二枚です。
鍾乳洞の底に到達しているように思うのですがほんの入り口。まだまだ奥に続き未発見の部分も沢山有るのだそうです。

Abc_4723

帰りのトロッコから1枚。
すごかった凄かった!!そして綺麗でした。
観光拠点に成って居るにも関わらず綺麗な鍾乳洞がよくぞ痛めず保存されていると思いました。

Abc_4733

リュブリャナのホテルに戻りました。連泊は楽で良いです。 食事はホテル内で。

Abc_4735

Abc_4739

Abc_4740

前菜・主食・デザートで今回の旅行は泊まるホテルで食べるプランばかりで、それも楽で良いと思いました。
パック旅行だとホテルに入るのがとても遅いのですがこのツアーは余裕で到着します。これもグレードの差なんでしょうか? 良いですね(^.^)

« 煌めきのクロアチア・スロベニア 1 | トップページ | 煌めきのクロアチア・スロベニア 3 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!!!

国で唯一の島はメルヘンチックで素敵ですね。晴れていないところがこれはこれで良いように思えます。波が静かなようで水面に映る優しい紅葉が何とも言えません。

私が知らないだけかもしれませんが、日本で行ったことがある鍾乳洞は全部徒歩で廻りました。トロッコで降りていくなんて“ぶったまげ”です(^o^)
鍾乳石が1センチ伸びるのに100年かかると聞いたことがありますがこのような造形を見るたびに自然の凄さに驚かされます。


青空でなくても 充分きれいな景色を拝見させていただきました。
写されたもの同志の位置関係がよくわかる写真なので 非常に臨場感があります。

韓国の鍾乳洞が あまりに保存状態が悪くて がっかりしたのですが、
訪れる人のモラルが 保存に大きく影響している気がしました。
どこもかしこも トロッコに乗せて 触らせない方がいいかもしれませんね。(笑)

移動がなくて楽?ホテルで 食事が楽?
ますますクルーズをお勧めしたくなります。 

ごくらくとんぼ様
風もなく穏やかで水面に映る島や山陰がとても綺麗でした。
パワーボートを使わないから静かな自然の雰囲気が保たれるのだと思います。

延びている鍾乳石の先を人間が一寸触るとそれで延びる事が出来無くなると聞きました。
何人かがチョコット触ったのを見てしまいましたがご心配なく日本人ではありません、あそこの人です。

shinmama様
天気の良い時の写真だろうと思いますが、売られていた絵葉書を見てビックリするほど違って居てがっくりしました。

韓国にも有るんですか?マア行く事もないと思いますが早い話モラルですね。日本人は節度を持って行動する所が良いですね。日本人に生まれて良かったです。

クルーズね、、、ヤケにお薦めですが酒が飲めてダンスが出来ないとね。あんみつ食べてチークダンスでは誰も寄ってきてくれません、、、

お天気がイマイチ思わしくない中で、これだけの美しさ!
おっしゃるように晴れていれば陽を受けた紅葉は煌めいたことでしょうね、、、
通常バス移動を紅葉眺め列車・・・とはお洒落で嬉しいプランですね。
鍾乳洞内をトロッコで移動とは、スケールの大きさに驚きです。
海外は全く知識がないのですが、ロマンチックな風景等、ブログで楽しませていただきます。
宜しくお願いします。^^

 お帰りなさいませ~。
 よし坊様のブログがアップされる頃には、私のパソコンも戻ってきているだろうと思っていたのですが、
 部品の調達が遅れているそうで、もうしばらくかかるのだとか。
 がっかりしています。
 でも、まあ、長期保証で無料ですし、待つしかありません。

 上田在住の知り合いが、この25日からクロアチアに行くのだそうです。
 人気なんですね!
 スマホの小さな画面からも十分な魅力が伝わってきますから、人気があるのがわかります。
 早く大きな画面で拝見したいなぁ…

ニャン様
ハイ、有難う御座います。
お天気がイマイチなのはこの日だけで後は全て良かったんですよ!!お天気次第で旅の感じ方が違ってしまいますもんね。
そおなんです。まさかトロッコに乗って奥深く入って行なんて普通では考えられないですよね。凄かったです。世界遺産巡りみたいな今回の旅、順次公開します。
遊ぶのに忙しくてブログに追われてしまいますぅ、、、

うつきよう様
パソコンが故障中なのにわざわざスマホで読んで頂いているとは誠に有難う御座います。
期待外れに成らないように確り書かなくてはと思いますがなにせ遊ぶのが忙しくて正直追われております。
ところでPCの故障とは珍しいですが重大な箇所の故障でしょうか?難儀な事ですね。そしてPCが無いとさぞやご不便かと推察します。早く直ると良いですね。
クロアチアって、急に人気が出たんでしょうかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58504346

この記事へのトラックバック一覧です: 煌めきのクロアチア・スロベニア  2:

« 煌めきのクロアチア・スロベニア 1 | トップページ | 煌めきのクロアチア・スロベニア 3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ