« 煌めきのクロアチア・スロベニア 3 | トップページ | 煌めきのクロアチア・スロベニア 5 »

2013/11/08

煌めきのクロアチア・スロベニア 4

Abc_5453

 プリトビチェ湖の全容鳥瞰図で今回の旅行で唯一知っていた所。

期待に胸を膨らませザグレブを出発します。

Abc_5297

朝食です他には野菜サラダとヨーグルト、紅茶です。

Abc_5301

明るく広いダイニングです。

Abc_5318

この日は9時15分出発ですので朝食後朝の散歩をしました。トラムと後方の建物は泊まっているウェスティンです。

紅葉スポットを経由しますが途中で保存文化遺産村「ラシュトケ」に寄ります。

Abc_5335

村には関所があって妖精?の格好をした女の子がバスに入って来て何やら説明を始めました。
村が綺麗で観光客が立ち寄るのに目を付け通行料を取るように成ったとか。その代わり観光案内をしてくれるのだそうです。

Abc_5346

水車小屋で水車の説明です。日本の水車の発想とは正反対、縦軸に回るのにはビックリ。粉がひかれて出て来る所も確り見せてくれました。

Abc_5353

水車小屋の二階は住宅。この発想も日本とは大違い。

Abc_5366

葉っぱのフレディー君頑張っていますね。

Abc_5373

小さな小さな村でしたがホッとした風景に出会え十分楽しめました。

Abc_5396

バスは更に進みチロルを思わせる風景に出合い

Abc_5400

やがて昼食会場に到着。

Abc_5412

サラダです。今回の旅行は昼夜の食事の時、必ず一人1本の水が付きましたので初日の空港で1本買った以外買う必要はありませんでした。

Abc_5418

名物料理の「ペカ」だそうです。肉をかまどで蒸し焼きにしたものです。美味くて見事に完食しました。
思い返せば食べ尽くしたのはこの料理だけだったと思います。ポテトを残したりメインを半分残した事が多かったと思います。

Abc_5426

デザートはクレープ?にチョコレートが掛かって居ます。甘党にはこれが美味。辛党の人にはお気の毒な味でした。

Abc_5444

プリトビチェに着きました。1時半ですがチェックイン出来るとの事で早々とホテルに。

Abc_5454

“ホテルイゼイロ”の部屋は小さいですが観光の拠点にはもってこいの場所に有ります。

Abc_5477_2

湖群の説明をガイドから受けます。ガイドは英語→ツアコンが訳して我々に伝える。今回の旅行中は全てがこの方式でした。
それでは6,000万年の歳月を掛けて造られた景色を見て回りましょう。

Abc_5496

「プリトビチェ湖群」は大小16の湖と300(92と解説しているのも有る)の滝が有るとても美しい所だと言われています。

Abc_5501

湖には位置や高さ深さの案内が必ず有りました。

Abc_5504

歩きにくい所には木道。木々の葉が落ち始めているこの時季だからこそ良く見られる幸運にも恵まれました。

Abc_5506

陽向と日陰が極端な地形で写真がとても難しくかった。

Abc_5527

国立公園ですが1991年に勃発したユーゴスラビア紛争でクロアチアとボスニア国境近くのプリトビチェは紛争に巻き込まれ麓は戦火に包まれましたが湖群は守られたとの事。勿論世界遺産です。

Abc_5547

Abc_5566

Abc_5588

一端船に乗り対岸に移動。更に歩きます。

Abc_5608

後ろからゾロゾロ繫がってきましたが アノ大声を出す団体ですぅ、、、

Abc_5647

見飽きない景色が続きます。

Abc_5668

それにしてもどうしてこんな綺麗な色に成るのでしょうか。
実は石灰質の作用だそうです。

Abc_5677

フト目を転じるとコントラストの妙。

Abc_5691

再び船に乗りホテル直下の船着き場に到着。
見事な光景の連続でしたがとても不満が残りました。期待した風景と違うのです。 

Puritojtb001

少なくともこの写真の位置・目線から見てみなくては自分の思い描いていたプリトビチェ湖と違うのです、、、この写真はJTBホームページより拝借しましたが旅行申込者は当然この位置から見られると思うよな〜、、、

Abc_5699

部屋に戻り暫くすると夕暮れで綺麗な飛行機雲が見えました。

Abc_5718

Abc_5723

Abc_5729

スープにメインはこの地方で是非食べる事を薦めるという魚だそうですが名前は忘れました。
馬鹿でかいダイニング中央で気持ちよく食べて居ましたが・・・・・
食事中恐ろしい事が起こりました。
初めは我々と数人の西洋人、それに別のJTB旅物語グループ一組でしたがその後来るわ来るわ中国人が。気がつけばバカ広い部屋は彼らで埋め尽くされました。恐ろしい、、、
悪い夢を見なければ良いのですが・・・お休みなさい。。。プフッ(~ー~)

« 煌めきのクロアチア・スロベニア 3 | トップページ | 煌めきのクロアチア・スロベニア 5 »

外国旅行」カテゴリの記事

コメント

悪い夢にうなされませんでしたか?
時々、国内でもあるんですよね。
急に思いっきり うるさくなることが・・・・思わず退散です、、、、

確かにホームページに載っていた風景が見れるもの!と私も思ったと思います。
それにしても多くの湖と滝がある場所なんですね。
しかも、それぞれに絶景!趣が違うので見飽きることなく楽しめそうです。
紅葉も綺麗です。

ニャン様
ハハハ、夢は見ませんでしたが常識が無くこうしたら他人がどう思うか等とは一切思わない自分さえ良ければ其れで良いと思う国民なんでしょうね。
その内に世界中から鼻つまみになりますね。

旅行者のパンフレットやカタログ等はお客さんが見る位置からの写真に限定してもらいたいですよね。
今回の旅は紅葉が綺麗でした(^.^)

コンバンハ!!!
私はクロアチアについては何度も申し上げますが内戦とカズしか思い浮かびません。ブリトビチェ湖群も聞いたことがありませんでしたがなんと美しい水の色でしょう。私は誰もが好んで行くフランスやイタリアよりちょっとマイナーの国への旅行が好きです。よってこのクロアチアも興味がわきました。

パンフレットの写真に感激して出かけてもなかなかその景色に出会うことができません。そんな時は “鳥になりたい” と思います(^o^)

大きな声のあの国の人たちには本当にゾッとします。自分の国の奥地に “九寨溝” とやらがあるんだからそこら辺に居ればいいのにね・・・・・・・大きな声でガヤガヤと・・・・・・。ダイニングを埋め尽くすゾンビたちは急に小金持ちになって作法も何もついて行かないのですね。

ごくらくとんぼ様
ご心配なく、誰でもその程度しか知らないのが当たり前の国かと思います。
僕も同じです。
カルチャーショックの連続でした。

パンフの写真と言えばテカポ、初めて行った時は花が終わった時季でガッカリ。2回目にはドンピシャでしたが今では撲滅対象の花とは、、、

ゾンビとはよく言って頂きました。同感です。良く言う人が居ませんものね。
チャラチャラ着飾った女が煙草を吸いに扉を開けて出ていけば開けっ放し。誰かが閉めて、その後バカ女が戻ってくれば又開けっ放し、、、
お前の国は何所も彼処も自動ドアで閉める事を知らないのかアホと言いたくなります。


ヨーロッパに行くと 当たり前の事なのに 隣の国と道路で繋がっていることに 驚きます。
侵略した、された、一触即発で戦争が起こる可能性、兵役、軍人、、、
日本にいると 思わないのですが、国外に出て 初めて平和な日本のありがたさを実感します。

民族紛争という どうしようもない無意味な争いを繰り返すこの国に
このように美しい場所があって 本当に良かった、ちょっと救われた思いです。

shinmama様
仰るとおりですね。シェンゲン協定が締結されてからはほんとに楽になりましたね。
道が繫がる国境で啀み合っている国が未だにある事も嘆かわしいです。
日本は確かに平和ですがあまりにもノーテンキな国民にいささか疑問も感じています。
ホントにそんな事で良いのか?と。

木道を歩いていて、いつあの景色に出会うのかと期待していましたのに・・・。
あれ!もうこれで終わりなの?私も不満が残りました。

最近はどこに行っても中国人ばかり!!!
大声を出しているのですぐ分かります。
ディズニーでも韓国人はほとんど見ないと言っていました。

みやび様
やっぱりそお思いましたか、、、見られない景色の写真をJTBのカレンダーやHPで使うな と言いたいですね。
海外の山を歩いていると今の所中国人は居ませんが5年もすればボチボチ来だして10年もすれば山もアノ連中がワンサカワンサカ来るだろうな〜と皆で話しているんですよ。
困った事です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58525051

この記事へのトラックバック一覧です: 煌めきのクロアチア・スロベニア 4:

« 煌めきのクロアチア・スロベニア 3 | トップページ | 煌めきのクロアチア・スロベニア 5 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ