« 蟹だ!! でもその次は!! | トップページ | 蟹だ!! それは昨日の心だ! »

2013/11/27

蟹だ!!いよいよ蟹だ!! 越前蟹だ!!

Img_1363

 見事な紅葉で足下から天井まで真っ赤な写真は「鶏足寺」です。

※拡大できます

Img_1320

 朝部屋から改めて駅前を見てみると電車が到着する度に人の乗り降りが有り、そうか平日なんだと妙に懐かしく感じます。

Img_1371

さて今日は名神を少し戻って米原JCTから北陸道を走り木之本で降り向かうは「鶏足寺」です。
此所は2回目ですが予想通り見事に真っ赤。

Img_1384

観光客の数もすごいですが写真を撮る人が半端じゃ有りません。
しかしこれがとても邪魔です。たいして大きくもないレンズなのに一々三脚を立て通行人の妨げになって居ます。大筒じゃないんだから手持ち撮影で良いんだよぉ、、、

Img_1432

Img_1444

ピーカンとまでは行きませんがマズマズの天気で色も良く出たと思います。

Img_1477

此所は隣の石道寺境内です。今回の旅では紅葉狩りが大成功でした。

木之本でお昼を軽く食べ越前に向かいます。

Img_1495

良かった天気も敦賀をすり抜ける頃には雨。冬の北陸独特の重苦しく暗い雰囲気が漂ってきます。
北前船主の館ですが観光は取りやめて真っ直ぐ宿に向かう事にしました。

Img_1567

宿は樽見です。去年は予約後キャンセルして魚武に鞍替えしましたが今年はなんの躊躇いもなく此所に決めました。
雨で観光も省略しましたので2時半に到着してしまいましたが部屋に入れました。

P1000002

早速向かったのは公営の温泉※写真は写メ

P1000003

平日で貸切状態でした。激しい波が打ち寄せているのを目の前に見ながらノンビリと入浴出来ました。※写真は写メ

Img_1504

頼んだコースは越前蟹 蟹刺し 焼きがにコースです。
お造りは要らないからその代わり夫婦で1杯のセイコを付けてくれと交渉。
願いを聞き入れてくれました。内心は一人1杯ずつ出せよ!セイコ1杯の卸値から考えれば出しても良いんじゃないの?です。
それはさておき、ビッシリと身が詰まって濃厚でコクのあるセイコは大好きです。

Img_1510

                      酢の物とイカ

Img_1515

蟹刺し これを食べなければわざわざ来た甲斐がないと言うものだ。
甘くて最高に美味い。

Img_1520

    焼きがに。一寸焼きすぎでミソに苦みが有ったのが残念に思う。

Img_1531

茹で立て熱々が出るはずですがもっと熱い状態で出て来る工夫をした方が良いのではないだろうか。写真は大きく見えますが魚武より小さく一寸期待外れだった。しかし魚武と違って足が1本取れているものを出すような事はなかった。
ミソは妻のは甘くて大当たりでしたが僕のはたいして甘くなかった。
身はビッシリと入って居てお腹いっぱい。妻は溜息をつきながらフウフウ言って食べて居る。
そこで考えた。来年同じ樽見に泊まるとしたら熱々コースにはしないで1杯を二人で食べ残る1杯はお土産に持って帰るのが良いと思う。

宿の風呂にも入り後は寝るだけだ〜 美味かったぁ〜〜
さて、明日は・・・・・・

 

 

« 蟹だ!! でもその次は!! | トップページ | 蟹だ!! それは昨日の心だ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

蟹三昧、羨まし~いの一言に尽きます。
温泉でゆっくり温まり、その後お食事 至福の時ですね。
なかなか行く機会のない越前ですが思い切って計画してみたくなりました。

良い情報をありがとうございました。

みやび様
何時も有難う御座います。
静岡に住んでいると北陸は遠いです。その点東京は良いですね。飛行機で金沢まで飛べばあっと言う間、羨ましいです。
是非越前蟹を召し上がって下さい。
此所樽海はニャン様推薦の店(宿)ですよ!

 蟹だけでも
 ブログに吸い込まれそうなくらい釘づけなのに、
 おいしそうなものばかりが並んでいて、 目の毒です。
 出かけていたこともあって、名古屋からの一気読み。
 垂涎の食材のオンパレードで、出るのはため息ばかり…
 名古屋は乗り換えか、通過でしか通らず、
 駅から出たことがほとんどないという、一番縁のない場所なので、
 名古屋へ行くには…? と頭を巡らせながら拝見していました。
 でもいつ何時縁ができるかわからないので、しっかり覚えておかなくちゃ!
 あと一年ちょっとで北陸新幹線が開通するので、今は開通待ちです。
 そしたら蟹がぐ~~んと近くなります。
 でもなぁ… 蟹食べたいなぁ… 
 


「蟹好き」の方は 食べるのがとてもお上手で、
どこにどんなふうに美味しい部位があるのかも よく御存じですね。

母が蟹を食べると、洗ったようにきれいに片づけますが
私が食べると 美味しい味噌汁ができそうなくらい身を残すので、叱られます。(笑)

ブログを拝見して 北陸までは無理としても、
山陰に蟹を食べに連れて行ってやりたくなりました。
調べると 山陰ではセコ蟹と呼ぶようですが、同じように濃厚な味がするのかなあ。

うつきよう様
よう様はじめ皆様のようなお金持ちの方々には是非「若ゑびす」に行って下さい。筆舌に尽くしがたい超が付く最高級の越前蟹が食べられます。ずっと以前僕のブログで出しましたが宿のホームページを見れば納得すると思います。

失礼な話なのですが名古屋人の味覚は一寸狂っているのではないのかと思います。取り合わせだとか味がずれているんですよね。
そんな中で見つけた我が家の名古屋の味です。

shinmama様
宿からはメールでセイコは食べやすく実を取っておきましょうか?と聞かれましたが自分で食べる所に意味もあり細かい所もチッチチッチと穿り出したりしゃぶったりするのも楽しいのでせっかくの好意でしたが断りました。
福井の越前周辺はセイコ(セーコ)と言い三崎辺りではセコ(と言ったかな?)山陰全体ではセコと呼ぶのが多いと思います。
コクがあり濃厚で大好きで、セイコ4杯食べれば雄蟹は要らないと思いますがその食べ方は今だ実現しません。そうそう、上海蟹やモズクガニにソックリな味です。

おはようございます

さすがのよし坊家、今年もカニ三昧の旅をされたのですね。行く所どこでも 『あちらの宿はこうでこちらの宿はこう』 と比較できるのがグルメなよし坊さんならではの 『通』 らしさだと感心しています。

鶏足寺は以前にも見せて頂いてその時初めてこの名を知りました。是非行ってみたいお寺です。北陸自動車道からなんですね。いつか行けるかなあ・・・・・・・。

ごくらくとんぼ様
何時も有難う御座います。
蟹はね〜大きさだけでなく、その日の当外れもありますから難しいです。
でも、値段に正比例する事は確かです。

二度目の鶏足寺でしたが見事予想が当たりました。良かったです。
ただし観光客も大変な数で人気の程が解ります。鮨慶が予約客で溢れているのもうなずけます。
是非行って下さい。鶏足寺→湖東三山→京都と回れば効率が良いと思いますよ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58646966

この記事へのトラックバック一覧です: 蟹だ!!いよいよ蟹だ!! 越前蟹だ!!:

« 蟹だ!! でもその次は!! | トップページ | 蟹だ!! それは昨日の心だ! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ