« エベレスト街道を歩く 6 | トップページ | エベレスト街道を歩く 8 »

2013/12/28

エベレスト街道を歩く 7

Img_4241

 あまり良い天気では無さそうだ。モーニングティーを飲みながらボ〜ッと外の景色を見る。
今日は半日でルクラまで下りる。
トイレの事を書いておこう。初日と最終日のロッジではネパール方式でしたが他のロッジとホテルでは洋式トイレでした。洋式トイレではレバーを回せば水が流れ何の不自由もなく使えました。紙は流せません

Img_4249

Img_4255

定番のお粥にしてもらった。ツアーリーダーの持って来たお茶付けの元が掛かっている。これがなかなか美味しい。

Img_4257

外ではホーターが共同荷物を上手に纏めている。

Img_4261

朝食中に天気はスッカリ良くなっていた。

Img_4263

サア出発。サーダーのリンジさん今日も宜しくお願いします。

Img_4272

中学生が追い越していった。
こんな光景を見れば見る程彼らにとって必要不可欠な生活道路である事が伝わってくる。

Img_4275

下り 下り 又下り。良くこんな坂を登ったものと自分で感心する。

Img_4286

キッチンスタッフが早くも追い越して行く。
彼らは我々の食事が終わると皿洗いから始まり全ての後片付けをし、その間自分の食事もとり、荷物を纏めてから出発する。
見れば荷物の量も減って居る様に見える。

Img_4297

ロバが来た。荷物は穀物だろうか?階段も上手に歩く。

Img_4306

そして下る 又下る。登りの時見て感激したクスムカングルを見ながら下る。


レストランや商店等かなりの数が有る。お客さんや買い物客が入って居るのを見た事がなかった。土産物屋も含めて全く商売っ気が無く呼び込みも付きまとう事もない。売れても売れなくても客が入ろうが入るまいが良いのだろう。しかし、どうして生活していくのかと心配になってしまう。

Img_4311

可愛らしい女の子。
実は小さい子供をとても多く見かける。可愛らしい子供達を見るとつい飴やチョコレート・クッキー等を与えたくなってしまう。与えないで下さいと指示が出ている、、、辛い。
この子達はアイスクリームも かき氷の味も知らないまま大人になっていくんだろうな。フトそんな事を思う。
しかしどの子も明るくニコヤカで屈託の無い顔をしている。

Img_4325

到着〜〜〜。
初日に潜ったゲートを再び潜る。「良く歩きました皆様お疲れさん」
初日に泊まったのと同じロッジに泊まる。

Img_4331

Img_4337

Img_4340

(゜゜;)エエッ お昼は ざる蕎麦だ!!  そしてデザートは林檎だ!!

Img_4341

廊下の窓から良く見ると墜落した飛行機の残骸が見えて居る、、、
明日落ちないように頼むよ、、、
夕食まで思い出話をしたり昼寝をして過ごす。

Img_4344

Img_4357

夕飯はスープから始まって (゜゜;)エエッのり巻きだ。しかも ちゃんと酢飯になっているよ。コロッケもあった。鶏肉もあったが・・・・・・ナニナニさっきまで庭を元気でかけずり回っていたやつだって、、、可哀想に。

Img_4366

オット今度は・・・ケーキだ!!

Img_4368_2

ケーキカットだそうだ。オイオイFさん、、この種のセレモニーは女性がやらないと絵に成らないんだよぉ、、、
スタッフやロッジの皆様にも分けて食べて頂きました。

Img_4382

サア全員が揃いました。テーブルには我々からささやかですがビールを。
そして、ナニやら始まるようです。

Img_4394

音楽と共に踊り出しました。

♪♪レッサン フィリリ〜♪レッサン フィリリ♪♪(ネパールでは大変有名な民謡だそうです自分の土産にCDを買ってきましたがユーチューブでも聞く事が出来ます)

Img_4402

我々も手拍子で・・・

Img_4467

見るだけでは楽しくありません 一緒に輪の中に

Img_4471

レインボーに輝く光とリズムに合わせて・・・

ア〜楽しかった。

アレ?吐き気は・・・・何処かにいっちゃったよ。

Img_4514

そして日当とは別の金一封を全員に。


Img_4568_2

全員で記念写真。
素晴らしい同行者とサーダーやポーターそして食事スタッフ、更に素晴らしい企画と無事に我々を歩き通させてくれたツアーリーダーK君有難う御座いました。
楽しかったエベレスト街道のトレッキングもいよいよこれでお終いと思うと寂しいなぁ。。。。

サア、明日は早く起きて飛行場に行かなければならない

« エベレスト街道を歩く 6 | トップページ | エベレスト街道を歩く 8 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

『下り 下り 又下り。良くこんな坂を登ったものと自分で感心する。』

こんなに凄い坂ですがこれから待っているエベレストに魅せられて何の労苦もなかったのでしょうね。本当に良い経験をされたものだと思います。

そしてそして、こんな辺境で日本食が食べれるというのが凄いと思います。それも現地スタッフが作っているんですからね。驚きと共にありがたみさえ感じますね。

 ああ、もう終わっちゃうんですね。
 楽しい時は短い!

 吐き気が治って良かったですね。
 標高が下がったから?
 いえいえ、躍ったのが良かったんですね、きっとhappy01

ごくらくとんぼ様
そうです、良く登ったと思います。でもなんにも大変ではなかったんです。何時の間にか目的地に着いていた感じなんです。
登山用に作られたルートでなくて生活道路だったから次々現れる人々の生活の様子や山の風景がそうしたんだと思います。
良い経験をさせてもらいました。
日本料理が食べられたから元気に歩けたんだろうと思います。
ヒマラヤでは昔からチャパティーという独特の料理が食べられているのですがそればかり食べて居たら参っちゃったかも知れません。

うつきよう様
そおなんですね。思えばあっと言う間でしたが連泊して心ゆくまで見たエベレストの雄志は深く深く心に刻みましたしイヤという程沢山の写真も撮りました。
吐き気はなんだったんでしょうか、、、

夢を実現させることは大変なことですね。
エベレストを見たい!その思いで一生懸命登られたんですね。
お天気にも恵まれ素敵な時間を過ごされよかったです。
可愛い女子。お菓子をあげたくなる気持ちわかります。^^
お粥さんに お茶漬け海苔、美味しそうです。
食べ慣れた日本食、高山病などで食欲がない時には ありがたいですね。
共に登られた方々との楽しいひと時、羨ましくなるほど皆さん良い表情です ♪

ニャン様
ハイ、有難う御座います。世界一に拘って見に行ったエベレストです。念願叶いました。
そおなんですね、お粥にお茶付の元を振りかけるのが意外と美味しい事が解りました。

10人15人と成るとグループが幾つも出来て何となくぎくしゃくする一般の観光旅行と違い、同じ趣味興味を共有して居ますから話が合うし一緒にいても楽しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58813892

この記事へのトラックバック一覧です: エベレスト街道を歩く 7 :

« エベレスト街道を歩く 6 | トップページ | エベレスト街道を歩く 8 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ