« エベレスト街道を歩く 7 | トップページ | エベレスト街道を歩く 9 »

2013/12/30

エベレスト街道を歩く 8

Img_4631

 さあ今日は5時半モーニングティー6時半朝食7時出発と早い。
そして世界一危険な飛行場テンジンヒラリー空港(旧ルクラ空港)からカトマンズに向かう。

Img_4574

 吐き気も取れて気分が良い。 朝食をそそくさと食べて飛行場に向かう。

Img_4577

延べ二日お世話に成ったロッジともお別れだ。もし飛行機が飛ばなければ戻ってくる事に成るが・・・

Img_4581

どうやら飛びそうですよ!!

Img_4585

右前方を見ると墜落した赤いヘリの残骸が見えます。縁起でもない、、、「皆さん笑い事じゃありませんよ!ひょっとすると順番に当たるかも知れないんだから」とみんなを茶化すものの内心穏やかではない。

Img_4590

ほったて小屋のようなDEPARTURESと書かれた建物に入る。

Img_4616

1番の8時半フライトのはずが後から来た人達がドンドン先に飛び立っていく。
3時間待たされ、雲が垂れ下がりもう飛べないなと諦めた頃やっとセキュリティーチェックの声が掛かる。お粗末なチェックで何でもOKに成りそうだ。

Img_4634

帰りは右列に席を取るとヒマラヤが見える事を重々承知の我々は要領よく順番に列ぶ。

Img_4640

帰りもキャビンアテンダントが乗っていました。とても奇麗な子だったよ。

Img_4651_2

エンジン全開でブレーキをパット放せば滑り台を下るが如く滑走を始めた。右手に管制塔がチラッと見えた。

Img_4658

次の瞬間フワッと浮いた。
失速すれば600m下のドゥードゥコシの谷底え・・・浮け、もっと浮け、浮き上がれ〜ェェェ〜〜

Img_4670

振り返ればエベレストの姿を確認する事が出来た。(写真中央)

Img_4683

カトマンズの国際飛行場が見えた。小さな飛行場だ。

Img_4687

昼食は街のレストランで食べた。モモ(ネパールの餃子)は蒸し餃子だ。美味しかった。

Img_4697

ラディソンホテルに無事戻ってきた。

Img_4693_2

この女性はホテルのガードマン。とても乗りの良い子でカメラを向けるとポーズを取ってくれた。少しでも怪しいと徹底的にボディーチェックされる。タクシー以外の車も鏡による爆発物チェックがある。それらに要すスタッフも大勢居る。

午後は全員で繁華街タメル地区に行ってみた。

Img_4703

いきなり見たのは「何だこの電線は」。聞けば電気泥棒は当たり前、突然電線が切られて停電するのは日常茶飯事だそうだ。

Img_4708

小さな商店が軒を連ねまともな物から怪しげな物まで何でもある。レストランも沢山有った。

Img_4769

夜はショーを見ながら食事と洒落た。ネパール料理だったか?なんだか良く解らなく成った。

Img_4772

Img_4775

次々と運ばれてお皿があっと言う間に一杯になる。
食事とショーで日本円にして2千円程、我々から見れば安いが現地では大変な金額になるのだろう。
ルクラからの飛行機が飛んだので予備日が有る。明日はトレッキングです。
※明日はエベレスト街道最終節をUPします。

« エベレスト街道を歩く 7 | トップページ | エベレスト街道を歩く 9 »

山とトレッキング」カテゴリの記事

コメント

スリル満点の飛行機ですね。普通の?飛行機もあまり好きではないので
絶対!この飛行機には乗りたくありません、、、、。
ご無事で良かった。^^
電線には驚きますね。何あれは?と思いますね。電気泥棒も当たり前とはさらに驚きです。
年末と元旦は自宅に居りますので、明日も拝見させていただきます。^^

最終日にまだトレッキングがあったんですね。また良い景色が見れそうでおまけみたいで嬉しいです(^o^)
飛行機からのエベレストの写真で、やはり一番高いことがわかりました。

ニャン様
冗談でなくホントに次は自分の番に成ってしまう可能性もあるような確率の飛行場ですから覚悟の上で乗らなくちゃ成りません。喜ぶのは保険が入る妻だけです。
電線・・・スゴイでしょ! いたる所にあの手の電柱が有るんですよ。そして切れてぶら下がっている線が何本も有るんです。紺本的に教育の段階でモラルを教えないとダメだと思いました。
エベレスト街道で暮らす人々はその点純粋で情報も入って来ない分悪い事を知らない人々と思いました。

ごくらくとんぼ様
そうなんです、ルクラからの飛行機が飛ばない事もあり予備日が行き帰りとも有るんです。
すんなり飛んでしまいましたからフリータイムがたっぷり有るんです。
エベレストは行きにも見て居たはずなのに気がつかなくて帰りは自分の眼で確認できたのは間近に見てきたからだと思います。

スリリングな飛行場を無事、飛び立てて良かったですね。
体調も戻られて安堵しました。
一瞬、カラスが作った巣のような電信柱!びっくりしました。
最終章、楽しみにお待ちしています。

みやび様
飛行場を初め沢山の経験を積ませてもらい感謝のトレッキングでした。
スゴイ電信柱でしょ!アレを見たらダレもがビックリしますよね。国民はアレを見てなんとも思わない事が教育と教養が低いと思われても仕方ないですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577623/58825630

この記事へのトラックバック一覧です: エベレスト街道を歩く 8:

« エベレスト街道を歩く 7 | トップページ | エベレスト街道を歩く 9 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

リンクの人々

  • 鳥さんと いつも 一緒に
    思わず眼を細めて読んでしまうソフトな語り口で書かれたブログ。 鳥の百科事典になりがちな鳥ブログとは一味も二味も違い、鳥への愛情がヒシヒシと伝わってくる。
  • ミルフォードトラック
    管理人「よし坊」に、人生観が変わるほど感動を与えてくれたミルフォードトラック。その全ての詳細な記録を序章から終章まで全6回に分けて公開。
  • ピカリのお部屋
    仲良く山歩きを楽しんでいる様子が独特な語り調で書かれている。花・風景の写真も素晴らしい。
  • 旅すれば又、旅
    旅と食に対する拘りと情熱が伝わってくる飽きないブログ。次は何所?と期待する。
  • かわせみのひとりごと
    翡翠をはじめ野鳥の姿を芸術的タッチで捕らえたブログ。
  • ごくらくとんぼの日々あれやこれや
    日常起きる様々な出来事を気取らないタッチで綴る親しみやすいブログです。
  • 季節の移ろいと旅空の雲
    眼を見張るような写真の数々。 作者の思いが伝わるブログです。

ミルフォードトラック

  • DISTINCTION HOTERU
    2010年11月、人生観まで変わってしまったミルフォードトラックを歩いたときの写真集です。

富士山

  • 富士市狩り場から
    日本を代表する富士山。 私の住む静岡はどこからでも富士山が見える幸せを感じています。

カワセミ

  • 水鏡に映る ♀
    静岡市の鳥がカワセミです。 少しずつ撮り貯めた可愛い翡翠の表情をご覧下さい。

思い出の一枚 海外編

  • スイス
    旅先で感動した思い出の一枚

思い出の一枚 国内編

  • 天王祭
    思い出に残る国内の写真を集めました。デジタルカメラに成った以後のものです。

山の思い出

  • ローツェ 8,516m
    20代前半から空白の年月が過ぎ再び登り初めた山々。

茶畑

  • 茶畑と富士山
    お茶・お茶と富士山 お茶と富士山は何故か相性が良い。
無料ブログはココログ